隼況
(画像はwikipediaより転載)

 

 最近、私は陸軍戦闘機隊の記録を読むのが楽しみだ。記録といっても梅本弘氏の著作なのだけど、この梅本氏の著作は、日本と連合国の記録を照合して空戦をリアルに再現しているのが特徴だ。私は外国語は「からっきし」なので、どうしても日本の記録に偏ってしまう。ここで私が昔から気になっていた問題がある。

 

撃墜王ってホントは何機落としているの?

 

 「撃墜王」やら「エース」と言われている人の記録、特に岩本徹三氏等の著作を読むと、日本軍は来襲する敵機をバッタバッタと端から撃墜しているような印象を受ける。しかし、『日本海軍戦闘機隊』巻末の彼我の戦果報告と損害報告を見ると実はかなりの誤認戦果があったことが分る。当然といえば当然だが、ほとんどの場合、実数よりも戦果は大きくなる。これは空戦という極限状態での戦果確認となるので仕方が無いことだ。ラバウル航空戦を例にとれば部隊に報告された戦果と実数の差は大きい時で10倍にまで膨れ上がったりする。

 「撃墜王オタク」だった私としては、憧れの撃墜王が「本当は何機撃墜しているのだろうか」というのがとても気になるところ。そこを出来る限り資料を突き合わせて調べたのが梅本氏の著書だ。梅本氏の著作は値段は割高に感じてしまうが調べる手間を考えるとむしろ割安といってもいいと思う。興味のある人は是非購入してほしい。それはともかく、梅本氏の著作を読んでいて気になったことがあったのでちょっと書いてみたい。

 

ブラックドラゴン飛行隊と零戦ナゴヤタイプ

 

 みなさんは「ブラックドラゴン飛行隊」というのをご存じだろうか。これは日本軍がビルマ方面の航空戦に投入したエース部隊だ。隊長機は黒塗りのメッサーシュミットBf-109で、6機の零戦を従えている。この部隊はガダルカナルの戦場からビルマに展開した部隊でとんでもなく練度の高い部隊だ。このように書くと、よくある架空戦記物かと思われがちだが、実際に米軍の公式記録に記載されているもののようだ。

 さらにその「ブラックドラゴン飛行隊」が活躍したガダルカナルでは、昭和17年にしばしば新型の零戦「ナゴヤタイプ」が目撃されている。この「ナゴヤタイプ」は零戦の徹底的な軽量化を行い、他の零戦に比べて信じられないような機動性を発揮する。さらに速度はグラマン(F4Fか?)に比して111kmは速いという。要するにナゴヤタイプは650kmくらいは出せるということだ。しかし、軽量化のために防弾性能や自動消火装置を排除してしまったので機体としての性能はグラマンの方がいいというのが対戦したパイロットの報告であった。

 

結局は、航空戦も人間同士の戦い。

 

 もちろん、これらの情報は全て誤認だ。Bf-109がビルマ戦線で活躍したという事実はないし、確かその当時、零戦隊はビルマ方面には展開していなかったはずだ。そもそも隊長機だけが機種が違うというのはアニメの世界だけの話だ。実際は補給やらメンテナンスの関係で飛行隊は基本的には同一機種となる。「ナゴヤタイプ」に関しては周知のようにそのような機体は存在しない。そもそもただでさえ強度の弱い零戦をさらに軽量化してしまったらあっという間に空中分解してしまう。

 面白いのはこれらの情報が出た時は日米の戦力が日本優勢、若しくは拮抗していたということだ。「ブラックドラゴン飛行隊」も零戦「ナゴヤタイプ」も人の恐怖心が見せた幻想だったようだ。逆に日本空軍の搭乗員からこのような怪情報が出たというのをあまり聞かない。日本の搭乗員の間でもこのような伝説はあったのだろうか。誰か知っている人がいれば教えて欲しい。ともかくも、近代戦というと機械と機械のぶつかり合いという印象が強くなってしまうが、このような事例を知るにつけ、戦争とは人間同士が戦っているということを実感する。

 

関係書籍

 

 「ブラックドラゴン飛行隊」について書いてあるのはこれ。
  ↓↓↓

第二次大戦の隼のエース

 航空史家梅本弘氏の著作。第二次世界大戦時の陸軍戦闘機隊の活躍を描く。特に本書では隼に登場した「エースパイロット」について詳しく描いている。彼我の戦果報告書を丹念に読み解くという精緻な研究で知られている梅本氏であるが、本書では連合軍パイロットや陸軍戦闘機隊員の人柄までもがわかる。戦闘といってもどちらも同じ人と人なのだ。

 

 「ナゴヤタイプ」について書いているのはこれ。
  ↓↓↓

梅本弘『ガ島航空戦』上

 本書は私にとっての名著『海軍零戦隊撃墜戦記』を上梓した梅本氏の新刊である。本書の特徴は著者が日米豪英等のあらゆる史料から航空戦の実態を再現していることだ。これは想像通りかなりのハードな作業だ。相当な時間がかかったと推測される。

 『海軍零戦隊撃墜戦記』は宮崎駿氏おススメの本で、有名なラバウル航空戦の後半部分を史料を元にして再現したものだ。後半部分というのは私の憧れ、岩本徹三飛曹長が活躍した時期の前後だ。本書はそのラバウル航空戦の初期の戦いについて記している。

 興味があれば読んでみると面白いですよ。撃墜数云々という話はともかく、彼我の記録を辿ることでどちらの搭乗員も苦しんだり悩んだりする普通の人であることが分る。梅本氏の著作はこういう面も分かることがよい。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング