不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

200px-Sakai_Cockpit_A5M 零戦搭乗員で最も有名なのは坂井三郎ということに関しては誰もが納得するところだろう。著書は大ベストセラーで戦記ファンでなくともその名は知っているという人も多い。(画像はwikipediaより転載)


 坂井氏は大正5年佐賀県生まれ、第38期操縦練習生課程を首席で卒業、その後日中戦争、太平洋戦争に戦闘機搭乗員として従軍する。1942年8月7日にガダルカナル上空で右目を負傷、瀕死の状態で帰還する。


 以後、負傷が回復してからも視力は低下しており、内地での教員配置が多かった。戦争後半に横須賀航空隊が硫黄島に進出した際に坂井氏も戦闘に参加する。


 坂井氏の参加した攻撃は特攻であったが、坂井氏と数名の搭乗員は司令の命令を無視して反撃、硫黄島に帰還した。以後、343空や横須賀航空隊勤務を経て終戦。


 戦後は自身の体験を書いた『大空のサムライ』が大ヒットしたが、天下一家の会という今でいうねずみ講に参加して仲間の搭乗員を勧誘したり、大言壮語する癖があったようで搭乗員仲間からは敬遠されていたようだ。


 搭乗員以外の人でも日本人が嫌う自己宣伝がうまかったりするので、現在でも結構嫌っている人が多いようだ。


 アマゾンの本のレビューには「本物の勇者は寡黙なものだ」などとのレビューも目にするが、坂井氏は日中戦争、太平洋戦争を戦い抜いた「本物の勇者」だ。


 海軍時代には練習生を首席で卒業して恩賜の銀時計も拝領している。戦争前半が主だが実戦経験も豊富にあり、さらに戦争末期には表彰もされている。


 ねずみ講に入っていたから、自己宣伝がうまいからというのはあまり関係がない。そもそも零戦の搭乗員は坂井氏以外にも自己宣伝をする人は多い。トップエースの岩本徹三は小町定氏から大風呂敷だったと指摘されているし(川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』)、小高登貫氏も戦史家ヘンリーサカイダ氏に誇大であると指摘されている(ヘンリーサカイダ『源田の剣 改訂増補版』)。


 だからといって腕が悪かった訳ではない。岩本氏は著名なエースであるし、小高氏は戦中派搭乗員でありながら、当時小隊長であった本田稔氏をして「腕は良かった」と言わしめている(井上和彦『最後のゼロファイター』)。


 因みにアメリカ軍史上最多の狙撃記録を持つクリス・カイル氏も著書を読めば分かるがかなりの自己アピールぶりだ(クリスカイル『アメリカン・スナイパー』)。


 坂井氏を批判する零戦搭乗員達も勇者であれば坂井氏もまた勇者だ。坂井氏の本を読むとところどころに記憶違いがあったり、事実誤認(悪く言えば嘘)があったりするが、私はこれも勝負師の性質なのだろうと思う。


 勇者といってもいろんなタイプの人がいていいと思う。この件に関しては神立尚紀『祖父たちの零戦』と『父、坂井三郎-「大空のサムライ」が娘に遺した生き方-』を読むと両方の主張が分っていい。


 人がする評価とは多面的であるし、人というのはいろいろな面があり、決まった枠にはめて分類できるものではないことが分る。どちらも良書だ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。



トラックバック