ミニマム情報戦記

軍事レポートは軍事ニュースだけ。に移転しました。興味のある人は見てみてくださいね!

F-35B


 現在、在日米軍の海兵隊はF-35の性能を極限まで利用した特殊な戦術を作り出しつつあるようだ。大規模な戦争(長距離ミサイルを装備した国等)と戦闘になった場合、後方の基地や空中給油機が攻撃対象になるのは当然のことだ。


 これらの脅威に対して、米海兵隊は二つの新しい戦術を考案している。一つはホットローディングと言われる、F-35が着陸した際に通常であればエンジンを停止させて弾薬やミサイルの装着を行うが、ホットローディングはエンジンを回したままこれらの作業を行う戦術である。


 もう一つはADGRと言われるあらゆる場所でF-35の給油を可能にする方法だ。これは空母だけでなく、強襲揚陸艦や公園、駐車場や究極にはただの荒れ地でも給油を可能とする戦術だ。これによりF-35Bは燃料補給を安定的に受けることが可能になる。


 もちろんこの二つの戦術は連繋している。補給地点に着陸してそのまま武器弾薬を補給して再度攻撃をかけるという戦術となるのだろう。もちろんこれは垂直離着陸可能なF-35Bならではの戦術だ。


 垂直離着陸は燃料を大量に消費するので航続距離が短くなるのが欠点だ。この戦術はその欠点を補うための一つの試金石となるだろう。因みに海自の最新鋭護衛艦いずももこの戦術の補給地点の一つになることは可能だ。いずもの甲板はF-35Bの高圧ガスに耐えられる設計になっているという噂だ。


 有効な戦術ではあるが、意地悪な見方をすればF-35の基地や補給地点を守ることを放棄した戦術ということもできる。戦時中の日本海軍航空隊の空地分離方式と近い考え方だといえる。


 この戦術の弱点としては搭乗員の疲労というのがある。もちろん、各補給地点に交代要員を待機させておくことも想定されているだろうが、将来的にはF-35Bを無人戦闘機としてこの戦術を行うのではないかと想定される。 



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック