ミニマム情報戦記

ブログタイトルは思い付きでちょいちょい変わります。 そろそろタイトルを変えたい。。。き・ぶ・ん!

そうりゅう型(画像はそうりゅう型 wikipediaより転載)


 海上自衛隊では2017年現在、他国の止まらぬ軍拡、海洋進出に対処すべく、潜水艦隊の増強が進んでいます。しかしその増強とは裏腹に、潜水艦隊は最悪、戦わずして総崩れになりかねないという致命的弱点がそのまま放置されているという、大きな矛盾を抱えています。
(yahoo!ニュースより引用)


 海上自衛隊の誇る最新鋭潜水艦も含めて多くの潜水艦が戦わずして撃破されてしまう可能性があるというもの。どういうことかというと、日本の潜水艦基地は公園に面した場所にあるものも多い。


 有事の際、公園から潜水艦を対戦車ミサイルで撃破することも可能だという。私も以前、横須賀に行った際、最新鋭のそうりゅう型潜水艦が普通に係留されていてちょっと驚いた経験がある。


 もちろん、公園からはっきり見えるので写真も撮り放題だし、一日中観察していればどういう勤務体系なのかも分かる。あまりにも無防備であった。


 世間では防衛省のプロパガンダが成功し、「精強自衛隊」「ハイテク装備で武装された精鋭」という捉え方をされているが、実際は「戦争を放棄した国の軍隊」なのがこのような危機意識の欠如からも分かる。


 この危機意識の欠如はちょっと残念だ。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL