IMG_20150911_193823


 最近、ミリタリーの話題じゃなくてゴメンナサイ。どうも最近、私の気持ちはトイガンやミリタリー関係から離れてしまっている。まあ、戦記物は相変わらず読んでいるのでそのうちまだ書くと思う。


 今日は全く訳の分からない話題。結構前からパワースポット巡りとか流行っている。私も実は結構、そういうの好きなのよ。信じるというよりあって欲しいというのが正しい。何でも解明されているものばかりではつまらなく無い?


 私が以前掛かっていた整体師が手相を観れる人だった。まあ、その人は専門家というものではなく、一回、西谷泰人という有名な人に手相を観てもらってそれがあまりに当たっていたので自分も勉強するようになったという人。


 本で勉強しただけのようだけど、せっかくなので「ちょっと観て下さいよ〜」程度のノリで観てもらったのだが、非常に当たっていて驚いた。そしてその人は吉方位旅行も効果があると言っていたのだった。


 手相が当たっている人が言うのであれば吉方位旅行も行ってみようと思い、すぐに出かけた。効果はあったようななかったような。。。んで、ネットで調べてみると、宿泊日数が一日足りなかった。


 さらに検証してみようと思い、2年後にまた吉方位旅行に出かけた。旅行に出かけたその日から私の持っている株の銘柄が上がってきたので「もしかして?」と思ったがその後は特に何もなし。


 まあ、すぐに効果が出るというものでもないらしいので、数か月後、数年後の効果を待つ。そして時は経ちさらに3年後、特に効果が確認できないまま、第三の吉方位旅行に出かける。


 吉方位旅行を何回かやってみたが。。。


ハイ、効果は実感できませんでした!


 前述のように私はこういう神秘的なものはあって欲しい人なので出来る限り好意的に捉えたがやはり因果関係がありそうな吉事はなかった。


 んで、考えた訳ですよ。そもそも暦が違くね?そう、現在の暦はグレゴリオ暦、太陽暦などともいう。それ以前は中国では旧暦、太陰暦だ。太陰暦とは一ヶ月が29日の陰の月と30日の陽の月が交互にあり、一年間は354日、誤差を修正するために閏日や閏年ならぬ閏月がある。


 要するに12月が二回あったりする訳だ。太陰暦は時代や場所によってカスタムされているので方位学が成立した時の暦というのは分からないと思う。


 そこで、方位学の本を読んでみると「方位学は旧暦なので一年の開始が2月3日になりまーす」というようなことが書いてある。もっともらしいがよーく考えると、いや考えなくても2月3日から始まって365日後の2月2日で一年が終わる。もちろん閏年も4年に一回ある。


これってただのグレゴリオ暦ですよねぇ?


 いやいや、グレゴリオ暦のただの2月3日ではないですか。方位学云々よりもそもそも基本になっている暦が違うじゃないか。旧暦を使っていますって書いているということはグレゴリオ暦用に作り直している訳ではない訳だよね。んで、結論。


当然のように当たらない。


 まあ、世間的には考えるまでもないのだが、理論と実験で当たらないことを確認いたしました。でも、占いとか不思議なことってあって欲しいんだよなー。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。