ミニマム情報戦記

ブログタイトルは思い付きでちょいちょい変わります。 そろそろタイトルを変えたい。。。き・ぶ・ん!

B-2(画像はwikipediaより転載)


(CNN) 米軍のB2爆撃機がリビアで過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の拠点2カ所を空爆し、これまでの推定で戦闘員80人以上を殺害した。米当局者が19日、CNNに明らかにした。
(cnn.co.jpより引用)


 イスラム国に対する空爆が行われた。参加したのはB2爆撃機2機。B2爆撃機というのは米軍の最新鋭ステルス爆撃機であり、1機20億ドル以上すると言われている。さらに維持費も信じられない額がかかる。


性能
全長:21.03m
全幅:52.43m
全高:5.18m
最高速度:約1,000km/h
巡航速度:M0.8
空虚重量:約71.7t
最大離陸重量:約170t
ペイロード:約18t
エンジン:GE F118-GE-100 ターボファン×4基
エンジン推力: 7,850kg×4
航続距離:約12,000km
乗員:2名


武装
2,000lb爆弾またはJDAM×16発
500lb爆弾×80発
AGM-154 JSOW空対地ミサイル
B61核爆弾またはB83核爆弾×16発
などから最大18tまで選択可能
(wikipediaより転載)


概要
 B-2は、アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機である。開発はノースロップ・グラマン社が担当した。水平尾翼および垂直尾翼がない全翼機と言う特徴的な形をしており、愛称はスピリット(Spirit、魂、精神の意)。
この機は同重量の金と同価値といわれるほど非常に高価で、少数しか生産されていない。B-2は1機ごとに「Spirit of 〜(大半は米国の州の名)」のパーソナルネームが与えられている。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)



 あまりにも高価な飛行機のために米軍ですらも21機しか配備していない。B2は湿気、温度等を厳格に管理するためにミズーリ州のホワイトマン基地に集中配備されているようだ。


 作戦行動を行うときはほとんどの場合、直接ホワイトマン基地から出撃し、遠距離の場合は途中で空中給油を行いながら作戦を遂行する。


 今回の場合もホワイトマン基地から出撃したようだ。さらに無人機も攻撃に加わり、100発以上の爆弾を投下したという。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL