不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

1280px-1977_CZ-75


 ガバメントが妙にしっくりこないのだ。そういうことで新しい銃をと私は考えた。まずは条件。まず命中精度が良いこと。もちろんこれは絶対。それもトップクラスであることが望ましい。というのは、当たらなかった場合、銃のせいにしないで済むから。(画像はwikipediaより転載)


 そして外観。ここが重要。トイガンというのは模造品。趣味、アソビなのだ。実射性能だけを追求してはつまらない。リアルな外観の銃を持ち、各種装備を装着することで「状況」に入る訳だ。モナカの銃はさすがに今はないがおもちゃっぽい外観では白けてしまう。状況にも入りにくいのだ。


 ということで性能、外観ともに抜群の銃が欲しいということになる。そうそう、ひと昔前はそんな甘ったれた希望は通らなかったのだが、今は21世紀、人は皆サイボーグにはなっていないけど、トイガンの品質は性能、外観共に飛躍的な進歩を遂げた。リアルな外観で高性能なトイガン等掃いて捨てる程あるのだ。


 そこで私の好み。私は鋼鉄銃が好きなのだ。鋼鉄、もしくはステンレスのどっちか。私の子供の頃はポリマーフレームなんていうステキなものは存在しなかった。銃といえば鋼鉄かステンレスのどちらかだったのだ。性能、外観だけでいうなら選択肢はいくらでもあるのだが、そこにこの「鋼鉄銃」という要素を入れると結構難しくなってしまうのだ。


 何で難しいのかというと、私の要望する「性能」とは命中精度だけではないのだ。グリップフィーリングやグリップアングル、サイトの高さや重量バランスにまでこだわってしまっているのだ。そうなると21世紀といってもあまり選択肢は無くなってしまう。


 まずはメーカー。これは簡単。外観の精巧さと性能の高さが両立しているのは東京マルイとKSCしかない。他にもあるかもしれないが、ことハンドガンに関してはこの二社しかないと私は勝手に考えている。まあ、マルゼン等もいいかもしれないがさすがにP38はねぇ・・・。マルゼンってP38だけしか売っていないような印象があるのだが・・・・。


 それはそうと、東京マルイの銃となると、まずはグロック22。東京マルイの最新型グロックなのだが、鋼鉄銃じゃないのでダメ。MP9も性能、外観的には問題ないのだが、これも同様の理由でダメ。無論MEUピストル等ガバ系は全部ダメ。こうやって消去法で消していくとせいぜいベレッタ位しか残らない。


 ではKSCはどうかというと・・・。そもそもKSCは新製品を出してよ〜!と言いたくなってしまうくらい新製品を出さないメーカーになってしまった。寂しいなぁー。そのKSCも今度SIGP226を再生産するようだ。さらにCZ75ファーストモデルをHWで再生産するという。これはちょっと楽しみ。


 P226は東京マルイでも出しているが同じ銃だったらKSC製を買ってしまうのが私。やはり外観のリアリティはKSCが圧倒している。これは購入してみれば分かるよ。細かいところの作りの精巧さが全然違う。その無数の細かさの積み重ねで全体としては東京マルイ製の銃を圧倒してしまっている。残念だけど、外観の精巧さではKSCと東京マルイではKSCに軍配が上がってしまう。


 因みに銃の性能はどうかというと命中精度は東京マルイが圧倒していた!そう、数年前までは・・・。数年前にKSCが「新型チャンバー」を開発してからは互角だ。どちらも同じくらいよく当たる。全くそん色がない。そうなると私はどうしても外観のリアルなKSCに行ってしまうのだが、KSCはいかんせん新製品があまり出ない。


 やはりKSCかなぁ・・・。WAデルタフォースカスタムを買う前の愛銃はKSCのG23FだったのでKSC製品には慣れているのだ。そうなるとベレッタM92FかSIGP226またはCZ75のどれかになるかなぁ。ただ、SIGP226はサイトが高いのでちょっと撃ち辛そう。ここら辺は銃を持ってみて判断するしかないかな。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。



トラックバック