不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)




 相変わらずマニアックな製品を発売するHWS。今回発売した新製品はモーゼルHSCだ。モーゼルHSCは今ではマニアックな銃だが、かつては大藪春彦の小説に頻繁に登場する割と有名な銃だった。HSCは、とんでもなくマニアックな銃を発売するHWSの製品にしては結構メジャーな銃といえる。


 この銃は1937年に開発され、3年後の1940年に生産開始された。開発から生産まで3年もかかっているというのは何か理由があったのだろうか。第二次世界大戦が始まったので生産の優先度が低く後回しにされたのかもしれない。


性能

口径.32口径(7.65mm) .38口径(9mm)
銃身長86mm
使用弾薬.32ACP弾(7.65mm×17).380ACP弾(9mm×17)
装弾数8+1発(.32ACP弾) 7+1発(.380ACP弾)
作動方式ダブルアクション ストレートブローバック
全長160mm
重量596g
銃口初速290m/s
有効射程40m
(wikipediaより転載)

概要
 3種類の口径があり、小さい順に22口径 (5.6mm)、32口径 (7.65mm)、38口径 (9mm) となる。HSは"Hahn-Selbstspanner"の略(ドイツ語で「ダブルアクション」)で、cは3番目に開発された事を表している。

警察用に開発されたワルサーPP(PPKも含む)と比べるとHSc独特の直線を基準にしたデザインは、軍用拳銃の条件の一つである「製作が容易で、戦時下で需要が増した場合でも大量生産できる事」を計算にいれて設計されたと思われる。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 HSCの実銃について調べていて意外だったのは、ワルサーPPよりもだいぶ後に開発された銃だったということだ。同じサイズで同じドイツ製だったので特に考えもなく同時期だと思ってしまっていた。まあ、大きなスパンで見れば同時期と言えないこともない。


 生産終了がいつだったのかは分からないが1945年にモーゼル社は解散させられたのでそれ以前である。戦後、1968年〜1977年まで再生産された。ここでモーゼル社が生産したHSCの歴史は幕を下ろすのだが、その後も別の会社が生産を続けているようだ。詳しくは分からない。


 グリップアングルがあまり良く無かったこともあり、命中精度はあまり良く無いようだ。モデルガンでは、この独特のデザインはガンマニアの興味を惹いたようで、MGCがモデルアップしている。どうもコクサイも出していたようだが、私は知らない。


 1980年代の後半、マルシンが固定スライドガスガンとしてモデルアップしている。このシリーズは私が子供の頃だったので覚えているが、全体的にあまり完成度の高いモデルではなかったと記憶している。


 古いファンにとっては知名度のある銃なので、かなりモデルアップされている印象があったのだが、実際は、数社がモデルアップしているだけだったようだ。今回、HWSが発売したHSCは間違いなく、今まで発売されたHSCの中では最高の出来であることは間違いない。


 内部構造についてはHWSのことだ忠実に再現しているだろう。素材は黒染めや塗装はしていないナチュラル仕様だそうだ。これは購入したユーザーが表面仕上げをすることが前提となっていると考えていい。


 無論、このままでもリアルなのだが、せっかくなのでブルーイングに挑戦するのが楽しみ方としてはいい。というのは、このHSC、画像を見ていただければ分かるが、デザインがシンプルであり、ブルーイング初心者にとってはうってつけの素材だからだ。


 唯一面倒だと思うのはスライドのセレーションを磨き上げることくらいだろう。あとは磨いてブルー液に浸けるだけで「それなりの」ブルーイングが完成する。「それなりの」とわざわざ書いたのはブルーイングの世界は奥深いからだ。



ダミーカートリッジ式 HWモデルガン モーゼルHSc

商品の説明
 ドイツの貴婦人とも呼ばれる優雅なデザインを再現!・シリアル185500番以降の3行ライン入り刻印スライド・技術立国ドイツならではの独自メカを完全再現・軍用銃らしくHWナチュラルでリリース・木製グリップ標準装備
(amazonより転載)


 今日は、HWSのモーゼルHSCについて書いてみた。実銃の画像を観ると、あまり綺麗なブルーイングはされていなかったようだ。まあ、戦中モデルなので当然かもしれない。ブルーイングはわざと雑に仕上げた方が実物に近くなる気がする。ただ、デザインが美しいので深いブルーも似合うと思う。楽しみ方はいろいろある。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






トラックバック