以前、私が零戦搭乗員に興味を持ったいきさつを書いたが、私が零戦搭乗員に興味を持ち、夢中になって著書や研究家の著作を集めていた最も旬な時期は1995年前後であった。その当時は、終戦50年ということもあり、坂井三郎氏を始め、宮崎勇氏、杉野計雄氏、川戸正次郎氏等が相次いで自伝的な記録を出版していた。

 今考えるとファンとしてはかなり恵まれた時代だったといえるが、それでも著名な零戦搭乗員でありながら一切表に出てこない人達も多かった。そこに登場したのが神立尚紀『零戦の20世紀』だった。著者は今まで取材に応じなかった(だろう)零戦搭乗員の貴重な記録を上梓したのだ。

 その著者が近年新たに上梓したのが、この『ゼロファイター列伝』だ。本書は零戦搭乗員7名に焦点を当て、彼らの戦中戦後の生きざまについて書いている。7名の搭乗員とは三上一禧氏、羽切松雄氏、原田要氏、日高盛康氏、小町定氏、志賀淑雄氏、山田良市氏である。

 本書が興味深いのは著者が零戦搭乗員に関心を持ち、搭乗員の世界に入り信頼を得ていくまでの経過が良く記されていることだろう。まさに信頼と人と人のつながりによって今まで取材を拒んできた人達にもインタビューをすることができたというのが分かる。

 特に今まで頑なに取材を拒んでいた日高盛康氏の話を記録として残したのは貴重である。そして零戦初空戦に参加した現在ではたった一人の生存者(2016年7月現在)、三上一禧氏のインタビュー等記録として貴重なものが多い。

 内容はそれぞれの零戦搭乗員の人となりが分かってかなり読み応えのあるものだ。空中戦は才能が必要であり、三上氏は著名な搭乗員、樫村寛一氏、羽切松雄という先輩と空中戦をしても負けなかったが、後輩の奥村武雄氏には勝てなかったという。さらに小町氏が照れ隠しに著者に悪態をつきつつも著者の来訪を喜んでいるくだり等、読んでいてつい微笑んでしまうようなエピソードもある。

 零戦に興味のある人にとって本書はまさに必携の書であると思う。これからは戦争経験者が減少していく。今後はこういう生の声を記した記録類が貴重な史料となっていくだろう。そういう意味でも価値のある本であると思う。

↓良かったらクリックして下さい。

人気ブログランキング