ミニマム情報戦記

軍事レポートは軍事ニュースだけ。に移転しました。興味のある人は見てみてくださいね!




 前回のNHKの連ドラ『あさが来た』は相当な高視聴率だったようだ。何でも連ドラの今世紀最高視聴率だったとか。昔の連ドラは戦中戦後の苦労が鉄板ネタで『おしん』のようにひたすら苦労をし続けて最後に幸せになるというものだった。しかし時代は平成、時は21世紀。スペーシーな服こそ着ていないがもう戦中戦後の苦労を知る世代は少数となってきた。それに合わせて連ドラの内容も変わってくる。


 最近の連ドラは元気いっぱいの超前向きな主人公が夢を目指すというのが定番だ。『あさが来た』はその典型的なパターンで、主人公あさは天真爛漫に育ち、持前の行動力、胆力、理想によって夢を実現させていく。確かに面白かったが、「女性の地位向上」といったような社会的な内容になってしまったので途中から見るのを止めた。


 確かに大切な問題だけど、朝からそんなの見てーか?朝はやっぱり非現実的な世界でも大笑いしてすっきりして出勤したいものだ。その方が精神衛生上よいし、周りも楽しい。ということで私が今まで一番面白かった連ドラはあまちゃんなのだ。


 いやいや、そういう連ドラは他にもあったはずだ。何故にあまちゃん?と思うかもしれない。そう、確かに笑える連ドラは今までにもあった。しかし、あまちゃんは連ドラに革命を起こした画期的なドラマだったのだ。何が画期的かって?


 元気で明るい前向きな主人公が「何すんだこのクソババア」と第一話でいきなり言ってしまったり、「俺はおしゃべり豚野郎だ」等、今まで連ドラでは許されなかった暴言が平気で主人公たちの口から出てくる。内容はスカシの連続、一話に一回は笑いをとる。連ドラ史上なかったものだ。


 さらにアイドルを目指す主人公に「ドラマを作る時にアイドルを主役にするのは演技が下手でも周りのベテランがフォローするから」というセリフを小泉今日子に言わせてしまう等々、意外にハチャメチャな内容なのだ。


 それでもストーリーは基本的には連ドラの鉄板パターンからははずれない。主人公は明るく前向き、苦労をして最後はハッピーエンド。本当にストーリーがうまいし笑える。だからあまちゃんがダントツで面白いのだ。まだ観たことのない人は人生の半分損している絶対に観た方がいい。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック