ミニマム情報戦記

軍事レポートは軍事ニュースだけ。に移転しました。興味のある人は見てみてくださいね!

450px-DA-ST-85-12848(画像は面白いトイガンを探しに駆け出す兵士達 wikipediaより転載)


 やはりトイガンに良いモデルが出ないと思う。今日、今月の月刊GUNを立ち読みしたが、新製品も今ひとつな気がする。私にはとても手の出ないエラン等の超高級モデルではいいのは出しているが、さすがに15万とか20万円とかは出せない。リーズナブルな普通のトイガンでは今月も特に面白いモデルはなかった。


 何か、最近のトイガン業界って技術革新がないよね。かつてはガスブローバックが発売されたり、そのブローバックも最初はスライドが動くだけだったけど、実銃さながらの構造を再現できるようになったり、電動ガンも次世代モデルが登場したり、リボルバーでもペガサスとか画期的なモデルがたくさん登場していた。


 最近は、ガスブロも外観、作動、命中精度とどれをとっても究極のところまで行きついてしまっているし、電動ガンも改良はされているが、今ひとつインパクトがない。ペガサスも安定してしまっている。同じ構造でモデルアップしている銃を変えているだけのようになってしまった。


 かといってカシオペアのように面白いモデルを発売したとしても怪奇現象によって突然市場から消えてしまうということもある。それはそうと電動ガン、ガスライフルはいろいろな種類のものがモデルアップされていると思うが、問題はハンドガンなのだ。何というか、今流行りのポリマーフレームモデルやガバ、ベレッタという鉄板モデルのバリエーションがやたら増えていくけど、それ以外のガスハンドガンってあまり出てない気がする。


 例えば、S&Wのオートとか、戦後のヨーロッパオートも90年代くらいまでのモデルがほとんどモデルアップされていないのではないだろうか。このブログで何度も書いているように私は80年代後半から90年代に多感な時期を送ったのでここら辺の時代のモデルがあまりモデルアップされないのはなんか寂しい。


 M645なんてガスブロで発売したら人気がでると思う。今でも一部のコアなファンには人気があるし、ブレンテン等も面白い。ただブレンテンはあまり人気が出ないかなー。今のトレンドがポリマーフレームなのはよくわかっているが、40代以降の人達の方が金を持っているその財布の紐を緩める努力はして損はないと思う。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック