不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

Mitsubishi_A7M2










 「烈風200機あらば」とは海軍航空隊の名パイロット小福田租の言葉だったと思うが、日本と連合国は国力で負けていた。そして戦略もないまま戦争に突入してしまった。新型戦闘機が200機あったところで大勢は覆らない。現に新鋭戦闘機紫電改は400機生産され、「海軍が生んだ空の天才」とまで言われた源田実大佐によって集中運用されたが徐々に戦力を消耗して敗戦となった。(画像はwikipediaより転載)


性能
A7M2
全幅 14.0m
全長 11.040m
全高 4.23m
主翼面積 30.86m2
自重 3,267kg
正規全備重量 4,719kg
発動機 『ハ四三』一一型(離昇2,200馬力)
最高速度 624.1km/h(高度5,760m)
上昇力 6,000mまで5分58秒
航続距離 全力30分+1,960km(増槽あり)
武装 翼内九九式20mm二号機銃四型4挺(携行弾数各200発)
(wikipediaより転載)


概要
烈風(れっぷう)は、日本海軍が零式艦上戦闘機(以下、零戦)の後継として試作した艦上戦闘機(のち局地戦闘機)。設計生産は三菱航空機。略符号はA7M。連合国のコードネームは「Sam」。1943年8月以前の試作名は「十七試艦上戦闘機」。試作のみで未完成のまま終戦を迎えた。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 こういう情熱を削ぐような出だしで今日もスタートだ!しかし大勢が挽回できなかったことと烈風の性能は別問題だ。烈風の開発は1942年から零戦の設計で有名な堀越二郎氏によって始められた。海軍戦闘機の開発で毎回問題となるのは空戦性能を取るか速度を取るかであるが、この烈風もいつも通り喧々諤々の議論となり結論もいつも通り空戦性能第一ということになったようだ。


 軍隊とは意外に保守的なものなのだろう。零戦が空戦性能で敵を圧倒したという記憶が海軍側にあった。空戦性能を見るには機体の翼面加重をみるとわかりやすい。零戦二一型の翼面荷重は107kg。これは同時代の戦闘機の中では極端に軽い。因みに同時代の戦闘機としてはF4Fが132kg、スピッツファイアが135kgであった。



1/48 烈風一一型


商品の説明
零戦の後継機として開発された試製烈風は、発動機の出力不足から満足な結果が得られず、昭和19年夏には開発中止が危ぶまれます。ここで三菱は開発当初より主張した自社製発動機への換装を決断。2ヶ月後に飛行試験を実施すると大幅な性能向上が確認され量産化への望みをつなげました。ところが戦局の悪化によりこれら試験機の充実もかなわず、度重なる空襲によって量産体制にもほど遠く、本機は「幻の戦闘機」として終戦を迎えました。完成品全長249mm、全幅291mm部品点数約84点。コックピットに座る操縦者のフィギュア付。
(amazonより転載)

amazonレビューを見たい人はこちら!
amazonレビュー


 烈風は結局翼面荷重150kgということで決着がついたようだ。しかし自動空戦フラップのお陰で空戦性能も零戦並みに高かったようだ。さらに最高速度は624劼隼臈轍よりも高速であった。しかし完成するのが遅すぎた。航空史家の渡辺洋二氏は紫電改と烈風の比較において全体的に烈風の方が勝っていたと結論。烈風がエンジンの選択を誤らなければ紫電改は試作止まりになったかもしれないとまで書いている(『大空の戦士たち』。確かに早く完成していれば米軍にある程度の脅威を与えることはできただろう。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。






トラックバック