不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)


 スーパー9・・・。知る人ぞ知る、いやいや、ある程度の年齢のガンファンだったら誰でも知っているトイガン界のロングセラーボルトアクションライフルだ。今はもうないかもしれないがかつてトイガン業界にはボルトアクションライフルはロングセラーになるという伝説があった。タナカのモーゼル98k等であるが、スーパー9はその筆頭といっていい。

 製造元はタカトク、マツシロ、マスダヤ、マルコシと代わり、現在はクラウンモデルが生産をしている。構造はシンプルの一言に尽きる。今日、紹介するSIIS ボルト・アクション・エア・ライフル TSR-ZEROは、このスーパー9の遺伝子を強く受け継いでいるようだ。




カスタマーレビュー
初めてのスナイパーライフルということで探していたらこれがありました。
まずセット内容ですがバイポットとスコープが付いているのでかなりお得かと
こだわっていてお金のある人は倍率の高いスコープを買ってみるのもいいと思います(個人的には付属の4倍で十分だと思いますが)

バイポットは性能とかあるのかどうかという話ですがいいものだと思います
弾の装填数は29発(中途半端じゃね?とかいう話はスルー)
スコープもしっかりと調整すればいい感じになります

さて本体の性能のほうですが
威力は10m〜20mくらいでも普通に段ボールは貫通します(当然!それ以上はまだやってないのでわかりませんがなかなかです)
サバゲーにおいて有効射程距離と呼べるものは風が無ければ30とか40くらいはいけると思います
お座敷で精密射撃をするにしても、自分は部屋でやる時は10mくらい離したところに色鉛筆(直径6mmくらいの結構細めのやつ)
を置いて撃っているのですが、たいてい一発か二発で当てられます
よく集弾性がどうのこうのとか聞きますがスコープをしっかり調節して腕がそれなりにあればかなり遠距離でも狙えると思います
音もそんなに大きくないと思います
サイレンサーをつければかなり音が小さくなるのでは?
サイレンサーの取り付けはいたって簡単で先っぽについているねじを外せば14mmの逆ねじのサイレンサーが付けられます

ボルトアクションについてですが特に何も
特に堅すぎるとかやりずらいということはありません

最後に感想ですがとてもいい!の一言です
迷っている方は是非購入してみてはいかがでしょうか
自分もとても満足しています
(出典 amazonレビュー)
もはやタイトル通りです(^^;)ゞバイポッドは鉄製でマルチマウント付きに長さ調整可能。しかもスコープは4×40のキャップ付き鉄製、その上なんとクリアカラーのBBローダー付きで東京マルイ製とほぼかわらないもので、挙げ句の果てにはならしうちでもよくあたる本体、しかも凸凹付きですべりにくく、そして銃口のネジさえはずせばサイレンサーがつくという、『非道』極まりないライフルですっq(>_<、)q←嬉し泣き

可変スピンドライブシステムはダイヤル式でちょくちょくいじりながら調整可能φ(..)今までのようにいちいちネジでやる必要が全くなく、手軽にできる超優れもの(^▽^)マガジンの出し入れはコツがあって、それさえ覚えれば大丈夫(#^.^#)あえて短所があるとすれば、説明書の書き方が必要最低限しか書いてないから、それがきついかなぁ〜(-_-;)あと、化粧箱が鮮やか過ぎて捨てがたい…( ̄▽ ̄;)

とにかく、最高の意味で期待を裏切られた一品ですo(^o^)oエスツーエスに直接ダイレクトでお礼がいいたいぐらいですm(_ _)m
あと福山通運の人にはこんなに重たいものをもっていただき、本当にすみません(;'д`)そして、ありがとうございました(〃⌒▽⌒)ゞ
(出典 amazonレビュー)



カスタマーレビュー
「往年のボルトアクションライフルの名機のスーパー9の系譜を引く、素晴らしく血統の良いボルトアクションサラブレッド」という宣伝文句も見かけますが、そのとおりスーパー9の血統を受け継ぎ良い進化をしていると思います。

まず銃自体がずっしり重く、重心位置も良いので銃を構えたときにその気にさせてくれます。
可変ホップアップも操作しやすく集弾性能も悪くありません。
スコープ、バイポッドとも高級品ではありませんが必要十分なものがセットされています。
サイレンサーが装備できるようにバレル先端にはねじが切ってあり発展性もあります。
ボルト部分の着脱はスーパー9のように銃とストックを分解する必要がなく、ワンタッチでできるようになっており、「おおっ!!」とさせてくれます。
給弾方式はカート方式を廃止し、カートレスに割り切った結果、使いやすいものになっています。

ただ、残念な部分もあります。
本体とボルト間の精度が低くボルト操作時にボルトがよじれます。
それによりボルト前端の下方のスライドガイドが本体のガイドと干渉しボルトを前方に戻すときに引っかかることがたびたびあります。
スーパー9ではこういうことは「絶対に」なかったので改善して欲しいところです。
カートレスのマガジンも本体の仕上がりから比較するとちょっとチープ感が否めません。

そういった悪い部分を差し引いてもスーパー9のファンなら十分に買う価値アリの銃だと思います
(出典 amazonレビュー)
この商品はいいですね!
送料込みで18000円程度とは安いと思います。
スコープ、バイポット、マウントリング付きと箱だしで即サバゲでつかえるパッケージです。
個人的には内部を少しカスタムしたほうが良いと思いますが、あくまでも更に命中精度をあげるためにカスタムしたほうが良いというだけで箱だしでのスペックは全然許容範囲です。
ゼロインをしっかりすれば十分に狙撃を楽しめるとおもいます。
気になる命中精度は10メートルで5センチ程度、20メートルで10センチ程度でした。
うまい人が撃てばもっと集弾性は上がるとおもいます。
私は東京マルイさんのVSR-10プロスナイパーも所持しておりますが、やはり命中精度はVSR-10のほうが上ですね。発射音に触れますとVSR-10の ポッ! と発射音に対しTSR-ZERO は ボッ!とした音がします。発射音のあとにキーンとバネの音もします。
バネの音がするだけでVSR-10とはさほど音はかわりません。
付属品である4倍固定スコープも明るくてとても見やすいです。
バイポットのほうもとても良かったです。
安物のハリスタイプを買うと足をたたんだ時にハの字になってしまうことがありますが、こちらはないのでよかったです。
惜しい点は調節が決まった長さでしかおこなえないことです。足に溝がはいっており、伸ばすとロックされる仕組みなので高さが合わないひともいるかもしれませんが、使っていると気にならなくなるとおもいます。
命中精度などを重視するならマルイさんのVSR-10を買うことをオススメしますが、スコープ、バイポット、マウントリングをすべて純正品そろえると3万円を越えてしまいます。
予算があるならオススメですが、予算が無い方や初心者の方にはオススメできます。スコープ、バイポット、マウントリングがセットになって18000円は安いです。
命中精度などはやはりVSR-10には一歩およびませんが、射程が50メートルしかないソフトエアガンではそこまで気になるものではありません。
練習すれば誰でもうまくなります!遠くのものに当てられるようになります!
届いたらすぐに撃って遊べる内容になっているので初めての方にはオススメです。
(出典 amazonレビュー)



カスタマーレビュー
10年以上ぶりのエアガン購入(笑)でもって、初めてのライフル。
正直届くまで不安がありましたが、適度な重量と質感に満足してます。スコープの調整が
なかなかうまくいきませんでしたけど、なんとか見えるようになりホッとしてます。
サイレンサーをつけると一段と見栄えがします。ボルトアクションもひっかかりもなくスムーズにできますし
購入してよかったです
(出典 amazonレビュー)
エアーガンでも威力が高く、
安い物を探していたら
このスナイパーに出会いました。
初めてだったし、エアーガンなので
あまり期待して無かったのですが
重量感がすごいです!
スコープ、バイポッド、BBローダーと
この値段でこの充実さは素晴らしい!
初めてですが買って良かった!
(出典 amazonレビュー)



カスタマーレビュー
長所:
非常に安いのが特徴のボルトアクションです。VSRのフルセット揃えようと思ったらこれが二個買えますw
精度は以外にも高く、マルイのエアガンと比べても遜色ありません。サバイバルゲームユースなら砂でも交戦距離30mほどなのでこの銃でも全然通用します。30m先のコインを狙いたかったらVSR、サバゲーで人を撃つならこの銃が絶対お得です。
レシーバやスコープなどの耐久性も十分です。レシーバ以外は大体金属製で剛性があります。
スコープものぞきやすく、付属品にしてはなかなかいいのが付いています。明度良好です。

短所:
マルイクオリティに慣れてる人はちょっと残念な外見かも知れません。見た目は中華ガンです。しかし、先に述べたとおり、中身は廉価VSRです。
ボルトはVSRより少しかたく、引っかかる感じがありますが、使用には影響ありません。グリス塗ったら気にならない程度にはなりました。
バイポッドがガタつきそうで心配です。ネジ一本でアンダーレールに装着するので少し剛性が足りないかなと思います。バイポッド自体は使いやすく、剛性は高いのですが接続面で少し心配です。
マルイのエアコキについてきそうな薄っぺらい説明書がついています。マルイみたいな凝った説明書はありません。ターゲットもついてません。

最大の欠点:
マガジン。こいつにはキレそうになりました。なかなか外れない、なかなかはいらない、つまる!の三点張り。
詰まるのは叩けばどうにかなりそうですが、マガジン交換だけは本当に大変。外すときは思いっきり引っ張らないといけないし、入れるときは先っちょを奥に差し込んだ後、後端を手でぶん殴って装着します。壊れそうだけどこうでもしないと入らない。
何でこうもしっかりはまるように設計したのか・・・意味不明です。加工の際は銃本体のマガジンが入る部分を工夫しながら削ったりしてみてください。こいつにだけはサバゲーで苦労しそうです・・・。
(出典 amazonレビュー)
長所 スコープ、バイポッド、BBローダーなどが付いてこの値段。コスパ的には最高ですね!

短所 初期のスコープ調整は結構時間がかかる。マイドラで微調整を何度も繰り返す必要有り
    弾道が一定とは言えません、と言っても微々たるズレですが

備考 『弾詰まりがおきる』と言う方もおられるようですが、コッキング動作を意識していれば詰まりません。
    入門には丁度良い代物だと思われます(勿論上級者の方でもコスパ重視ならばTSR-ZEROをお薦めします)
    調整後10m~15m以内ならコーヒー缶に100%、20mなら命中率60%というところです
(出典 amazonレビュー)

youtube動画を入れる。

カスタマーレビュー
少しレバーのひかかりが気になりましたが、引く感じはVSR10より軽いですね。おまけのBBローダー(弾込め)がうれしかったです。値段の割にいいと思います。悩んでる方は買ってもいいと思います。スコープはちょっと微妙ですがゼロインで調整すればちゃんとあたります。
(出典 amazonレビュー)
初めてのスナイパーライフルでしたが
スコープもローダーもバイポッドもついていて
とても良かったです
他の方はマガジンが硬いと書いていましたが
私が買ったのは全然良かったです
悩んでいる人は絶対買うべきです!!
(出典 amazonレビュー)

もっとたくさんレビューを見たい人はこちら!
amazonレビュー



SIIS ボルト・アクション・エア・ライフル TSR-ZERO 18歳以上用 SR-108

商品の説明
・全長 1070mm
・重量 2160g
・装弾数 29発 (BOXマガジン)
・可変スピン・ドライブ・システム搭載
・ボルトアクション・エアライフル

TSR-Xがより扱いやすくなってTSR-Zeroとして再臨!
ダイヤル式可変SDS、容量UPのBOXマガジン、クイック・リリース・ボルトなど魅力的な新機能満載!
スコープ&バイポッドつきのオールインワンで、これ一丁ですぐにシューティングが楽しめます。

・14mm逆ネジ・サイレンサー・アタッチメントが標準装備
・20mmスコープマウントベース標準装備
・状況に合わせ着脱可能な専用バイポッド装備のマルチアンダーマウント採用
・高剛性アルミ合金製アウターバレル採用で本体剛性も抜群
・スピーディなコッキング、リアルな手ごたえを実現したボルトハンドルを採用


[セット内容]4×40 ライフルスコープ、マウント、バイポッド、BBローダー、説明書、保証書付属
(amazonより転載)


 マルイを超える低価格のボルトアクションライフルということなので命中精度もそれなりだろうと思ったが、レビューを見ると結構良いようだ。結構というよりかなり良い。さらにスコープ、バイポッドが標準装備されているのでこれで十分使える。ちなみにスコープは実銃のものよりエアガン用のものの方がよい。実銃用は何百メートルという距離を撃つためのものなのでエアガン用としてはあまり使い勝手が良くないのだ。



↑良かったらクリックして下さい。






トラックバック