不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

41xrxSJQk-L
 サイズ的にはかつてのコマンダーサイズであろう。東京マルイのデザートウォーリア4.3。5.1よりも1インチ短いだけだが、実際に使ってみるとかなり違う。相当取回しが良くなる。カラーは今流行りのデザートカラーだが、森林戦でも塗装をすれば十分な迷彩効果が発揮される。地のカラーがカーキというのはかなり良いのだ。20mmレイルも装備されていることや東京マルイ製ということもありカスタムベースとしての購入というのもありだ。


性能
全長 203 mm
銃身長 95 mm
重量 820 g(空のマガジンを装着した場合)
弾丸 6mm BB(0.2〜0.25g)
動力源 HFC134aガス
装弾数 28 + 1 発(1発は本体に装填した場合)
(東京マルイHPより転載)


概要
 砂漠での戦闘を想定したボディ色:デザートカラーのスライドとフレームとダークオフグレーのグリップが、砂漠という特殊な地域での戦闘でこれ以上ない迷彩効果を発揮します。アンダーレイル:フレームには同色のアンダーレイルを装備。ピカティニー規格 (20mm幅)対応のフラッシュライトなどが装着可能です。

細長いディンプル状加工を施したグリップは、グローブをした手でも抜群のグリッピングを可能とします。
メタルノッチ・スペーサー:スライド内側の金属製パーツがスライドオープン時の負担を受け止め、スライドストップとノッチ部の削れや破損を防ぎます。

迫力のブローバック:発射と同時にスライドが勢いよく後退し、見た目の迫力と発射時の強烈な反動をリアルに再現したモデルです。MEU用スペアマガジン:ニッケルメッキが施された、装弾数28発のマガジンが付属
(amazonより一部転載)



タンカラーのABSの表面の艶消処理がリアル効果をだしていて、ルックスはかなり好印象。見た目以上に重量感もありますし、撃った印象も鋭くガツンとくるリコイルがとても心地よいです。勿論射撃精度は◎。私のお気に入りです
(出典amazonレビュー)
ハイキャパの5.1を 使っていたけど やっぱり4.3の方が 取り回しが良かったです。見た目もデザートでカッコ良いと思う
(出典楽天市場レビュー)



前からデザートウォーリアが欲しいと思っていたので届くのが待ち遠しかったです。

手に取ってみると、この重量感がたまりません!
なんといってもこのブローバックのキレはクセになります!
フォルムもスマートで絶妙なバランスです。

ただ、付属のレールにマルイのCQ-FLASHをつけてみようとしたのですがきつくて入りません。
それでも入れてみたところ、今度は抜けなくなってしまいました。
焦って無理やり外したのですがレールに黒い筋ができてしまいました。
CQ-FLASHの対応機種一覧にはちゃんとウォーリアシリーズと載っているのですがフラッシュをつけたことがないため
これが普通なのか自分のだけなのかよくわからないため今はつけていません。

まあそれはさておき、このデザートウォーリアは形だけでなく性能もいいので、オススメです!
迷ったら一丁買ってみては?
(出典amazonレビュー)
初ガスガンです!
思っていた以上にずっしりとしていて、色もハイランダーのBDUとバッチリ合っていて格好いいです。
サバゲーで使用しましたがガツンガツンとブローバックして気持ちいい!
電ハンと迷いましたが、こちらにしてよかったと思います(^3^)/
(出典楽天市場レビュー)



発売日に入手しました。通常のガバメントよりもショートバレルで、更に、このタンカラーとマッチしていて、そこがかっこいいと思います。東京マルイのMEUのマガジンがそのまま流用可能です。MEU譲りの強力なリコイルを発生。ショートバレルにしては、M92Fなどより重量が思いように感じます。20mmレールがついているので、私は、他社のタンカラーのライトを同時購入しました。ガバメント好きでなくても、手に入れたい一挺だと思います。
(出典amazonレビュー)
非常に良く出来ているハンドガンだと思います。色は塗ってあるわけではないのでキズがついても剥がれることはありません。
言葉では言い表せないほど良くできています。またグリップの作りが・・・笑
(出典楽天市場レビュー)



初めてのガスガンです。ナイトとデザートどちらを買うか迷いましたがデザートを購入させていただきました。
質感や重さもよく、まるで本物みたいです(本物を見た事も触ったこともないw)
セーフティーがアンビになっているのでどちらの手でも操作できて利き手を選びません。僕は左で撃つのでありがたいシステムです。サイトの白いドットも見にくいかと思っていたがすごく見やすかった。素早く狙えます。
リコイルはハイキャパ5.1よりは重くないですがそれでもガンガンくる。レスポンスがとても良い。ポップは元からいい具合に調整してあった。ガスブローバックは撃っていて楽しい。
(出典amazonレビュー)
色は、思っていたよりくすんだ感じでしたが、反動などは思っていた以上にあってよいです。マガジンが薄いのはちょっと残念。
(出典楽天市場レビュー)



Kimberという主にM1911のカスタムモデルを製造するアメリカのガンメーカーで、FBIやLAPDといったプロフェッショナル御用達です。
やはり"Kimber DESERT WARRIOR"という名で、軍用、民間用モデルとしても多く出回っています。
COLT社が販売しているデザートウオリヤーは実際にアメリカ海兵隊特殊部隊に正式採用されており、M45A1(海兵隊 .45口径自動拳銃)と呼ばれています。1艇の値段が日本円で20万円以上と拳銃にしては少し高価ですが、愛用者はたくさんいます。
東京マルイさんのデザートウオリヤーはフレームが実銃よりショートでコマンダーモデル(4.3インチ)ですが、
FDEカラーの塗装やNOVAKのリアサイト、握り心地がとてもいいガナーグリップ、そして20mmピカテイニーレールなど、重量を除いて実銃にかなり忠実に仕上がっています。
命中精度もM1911A1やMEUのように抜群で、フレームが短いのでリコイルを直で体感できます。
私はこの銃にレーザーポインターを搭載してステンレスロングマガジンでシューティングを楽しんでいます。
ゼロインしたライフルスコープ付の自動小銃のように長距離で精密射撃はできないものの、10〜15mの射程内にあるターゲットならばまず外しません。週末などはコーラを飲みながらよく空き缶を撃ち抜いています。
特に夕暮れから夜間時の野外シューティングは迫力満点でとても楽しいですよ!
(出典amazonレビュー)


 やはりレビューは好評価なものが多い。ショートバレルバージョンということでスライドが短い分、ブローバックが早いというのは撃っていて面白いと思う。ショートバレルとなると命中精度を心配する方もいるかもしれないが、基本的にあまり変わらないと思っていい。パッキンがしっかりしていればバレルの長短はあまり関係が無い。



↑良かったらクリックして下さい。






トラックバック