不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)




 この銃は面白いと思うなー。マルシンのモーゼルM712ショートバレル。この銃、私の調査によると(ネットでチャラく調べただけ)、どうも実在しない銃のようだ。最近のトイガン業界は自信が付いてきたのだろうか。ちょいちょい実在しない銃をモデルアップすることがある。今回紹介するこのモーゼルM712ショートバレルも実在しない銃の一つのようだ。その架空の銃?を今日は見てみよう。


性能
商品名 モーゼルM712・6mmBBブローバック・ショートバレル
機構 ケースレスガスブローバック/シングルアクション・セミ&フルオート切替式
使用BB弾 6mm BB
装弾数 25発(ロングマガジン時) 9発(ショートマガジン時)
全長/重量 254.5mm/1120g(ABS) 1270g(HW)
価格 24,800(税抜)(ABS) 29,500(税抜)(HW)
(マルシン工業HPより転載)


 スペックで何より目を引くのがフルオートでありながら装弾数9発という潔さ。実銃よりも装弾数が少ないという何ともマルシンらしい特徴を持った、まさにマルシンイズムを受け継いだガスガンだというところだ。フルオートの銃で装弾数9発というのはそうそうできるものではない。さすがマルシンだ。


 しかし他のスペックをみてもらいたい。重量、何と1.27圈ずっしりとくる重量はリアリティを通り越してすでに実銃より重くなってしまった。ABSでも実銃より重いというすごさ。まあ、実銃に弾を込めれば同じくらいになるのかな。マルシン製の銃はいろいろと面白い。



マルシンM712ガスブローバック・ショートバレル HW

商品の説明
●その独特な形状で高い人気を誇る、モーゼルM712をブローバックガスガンで再現。 ●本体左側面のセレクターを操作することにより、トリガーを引く毎に発射する単発のセミオートと、マシンガンの如く、トリガーを引いている間発射し続けるフルオートに切替える事ができます。 ●発射の度に、今までに無い、強烈なリコイルショックをご堪能頂けます。 ●ショートバレルとなった外観はノーマルバレルと印象がかなり違います。
(amazonより転載)


 フルオートモーゼルといえば昔、フジミが発売していた。フジミとはあの模型のフジミだったはずである。80年代後半から90年代前半にかけては様々なメーカーがトイガン業界に参入してきた。なぜかは知らないが素敵なパンツを作ることで有名なあのグンゼ産業もエアガンを販売していた時期があったのだ。パンツと同様に結構良い出来だったことは覚えている。


 それはともかく、このモーゼル。ショートバレルという外観上のアンバランスなカッコよさとでも言おうか。何とも癖があって飽きない。このショートバレルのモーゼルでフルオートでボルトが後退する姿は何とも快感であろう。実銃のモーゼルと同じくコントロールが難しそうだ。値段が値段だけに躊躇するが手元に置いておきたい一丁ではある。



↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック