不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)




 今日、紹介するのはマルシン製デリンジャー。デリンジャーって言えばそう、ダブルバレル2連発の超小型拳銃。それをマルシンは8mm仕様で発売したのだ。8mm弾って結局マルシン以外は採用しなかったからマイナーな存在になってしまった。サバゲやその他の命中精度を競う用途には全く向いていないんだよね。


 ただ、8mm弾は撃ってみれば分るけど、「バスーン」「バスーン」とでっかいボールが飛んでいく快感というのがあるのだ(弾が大きいので飛んでいくのが良く見える)。ガスガンを撃つ楽しさという風に考えたら十分に価値のあるものだと思う。今日はこの8mmBB弾使用のレミントンデリンジャーを紹介してみたい。


性能
商品名 デリンジャー・バリュースペック・8mmBB
機構 ケースレスガス・/シングルアクション
使用BB弾 8mm BB
装弾数 2発
パワーソース 134aガス
全長/重量 125mm/210g
(wikipediaより転載)


 スペックは上記の通り。命中精度は期待してはいけない。この銃は楽しむためのものなのだ。ただ5m位では人間には確実に命中はするのでサバイバルゲームとかでは使い方によっては面白いゲームになるかもしれない。それはそうと、私が注目したいのはこのデリンジャーの外観の完成度の高さだ。


51AOnBTX25L

51yg4WBiKGL

51onsr0fnfL


 何度見てもマルシンのメッキ技術は美しい。本当の金属のような質感を再現できていると思う。私がメッキ技術で本物の質感を再現できていると思うメーカーはこのマルシンとタナカくらいだろうか。ちょっと厳しい目線かもしれないけど。他のメーカーのメッキはオモチャっぽさがどうしても出てしまう。まあ、全部がダメな訳ではないけどね。


 でも、前掲の写真の美しさを見ればマルシンのメッキの美しさが分るでしょ?銃に興味のない私の友人ですら見た瞬間に「重厚なメッキだねー」と言ってしまったくらいだ。このデリンジャーの価値の半分はこの重厚なメッキにあると言っても過言ではない。いや過言か。とりあえず動画を発見したのでそれを観てみよう。













 面白さが伝わるかなー。この銃は高性能とかではないんだよね。楽しいんだよね。所有する楽しさ、寝る時に枕元に置いておき、眠る前に一瞥する楽しみ。ガスガンでありながら実銃と全く同じギミックを味わえる楽しさ。こういう楽しさを味わえる銃はこのデリンジャーをおいて他にはないと思う。



マルシン デリンジャー 6mmガスガン バリュースペック Silver

商品の説明
6mmBB弾 2発装填。全長125mm。ABS樹脂製。
(amazonより転載)


 ということで今日はレミントンデリンジャーを紹介してみました。この銃は所有する楽しみというものを満喫することができると思う。外観も楽しめ、ギミックも楽しめ、所有する楽しみも満喫できる。それで4000円程度とは費用対効果で考えたら抜群だと思う。あとは自分自身で所有の楽しみをみつけよう。昔の映画の中に迷い込んだような重厚な気分を味あわせてくれるだろうね。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック