不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

 母艦戦闘機隊のエースとして著名である。大正6年生まれ。操練44期を修了した。初陣は中国戦線であった。その後1940年1月赤城乗組、1942年11月瑞鶴乗組、い号作戦、ろ号作戦共に参加する。さらに瑞鶴戦闘機隊としてラバウル航空戦に参加する。その後、各航空隊を転々としたのち252空に配属され、比島に進出。撃墜され不時着、救助されたのち本土に帰還した。


日本海軍戦闘機隊のエースとは


概要
大正6年山形県に生まれ、昭和9年海軍に入団、艦隊勤務についたが、14年1月44期操練を卒業して大分空、大村空で錬成教育を受けたのち、10月12空に配属され、漢口に進出したが、まもなく南支の圍州島基地に移り、相生大尉の分隊に属して12月30日および翌年1月10日の桂林攻撃に参加したのが初空戦であった。

 15年1月赤城乗組に転じ、ついで大分空、徳島空、築城空を経て、17年11月上飛曹進級と同時に瑞鶴乗組となり、18年1月末ガダルカナル島撤収作戦のためラバウルに進出した。2月1日瑞鶴戦闘機隊は、基地戦闘機隊と共に艦爆隊を直衛してツラギ沖の敵艦船を攻撃したが、この時の空戦でF4Fを共同撃墜して初戦果を飾った。

2月4日、7日も撤退船団の直衛に出撃して、それぞれ2機を撃墜した。ついで4月の「い」号作戦にも出動し、ガ島沖、オロ湾、モレスビー、ミルン湾攻撃に参加した。その後瑞鶴は本土へ一時帰投したが、7月トラック島に前進し、「ロ」号作戦のため11月1日飛行機隊をラバウルに派遣した。

 斎藤飛曹長は小隊長として2日、4日、8日、11日の迎撃戦および2日、3日のトロキナ岬攻撃に加わり、この間にP−38、F4U、B−25など8機(うち共同1)を撃墜した。こうして1週間の激戦で瑞鶴艦戦隊は7割以上の搭乗員を失い、13日トラックへ帰還したが、26日7機でルオット島に転進、12月3日タロア島に移動して防空任務につき、5日ルオットに帰投時、来襲した米艦載機と空戦、4機を撃墜したが、指揮官大山少尉以下4機を喪失した。

 翌日、中攻でトラックに引きあげ、徳島空に転任したが、7月戦闘317飛行隊付に転じ、茂原の252空に編入されたが、10月13日捷号作戦参加のため、笠ノ原、沖縄、台湾経由で比島に進出、24日の総攻撃に出撃したが、ルソン東方洋上で、米戦闘機と空戦、1機撃墜後被弾してラモン湾岸に不時着負傷した。

 そして陸軍警備隊に救助され、本土へ帰還したが、再起できないままに終戦を迎えた。飛行時間2118時間、撃墜機数は航空記録に確実18、共同および不確実6が記録されている。
(日本海軍戦闘機隊〈2〉エース列伝より一部転載)



 斎藤三朗が修了した操練44期には吉田綱素(14機撃墜)、金丸健男(12機撃墜)、山中忠男(9機撃墜)、矢野 茂(8機撃墜)等がいる。戦闘機専修者は17名でその内13名が戦死した。


 戦後は自身の経験を雑誌に度々寄稿している。「零戦白刃録」『太平洋戦争ドキュメンタリー 零戦虎徹』4巻がもっとも有名である。その他では「瑞鶴戦闘機隊」「台湾・比島沖」『艦隊航空隊』況稙編、「南溟の空に消えた瑞鶴零戦隊」『伝承零戦』第1巻等がある。



1/32 エアークラフト No.17 1/32 三菱 零式艦上戦闘機 二一型 60317


 総撃墜数は単独18機、共同6機である。艦隊戦闘機隊での経験が長いベテラン搭乗員であった。



↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック