赤松貞明
(画像はwikipediaより転載)

 

 赤松貞明中尉は、太平洋戦争で活躍した主要なエース達が10代後半から20代前半で開戦を迎えていたのに対して、31歳であり、彼らの教官クラスの搭乗員である。そして豪放磊落で多彩なエピソードを持っている海軍航空隊の中でも有名な男だった。総撃墜数は27機前後と推定される。内11機が日中戦争での戦果である。総飛行時間6000時間。武道の達人でもあった。

 

赤松貞明の経歴

 

概要

 1910年7月高知県生まれ。1928年6月佐世保海兵団入団。1931年3月第17期操練を卒業。赤城、龍驤、加賀乗組、横須賀、大村各航空隊に配属。1937年12月13空に配属。中支戦線に出動。1938年9月に蒼竜乗組。3空所属。蘭印航空撃滅戦に参加。1942年5月本土に帰還する。1943年7月331空に異動。302空で終戦を迎えた。 赤松貞明は戦闘機隊の古豪という言葉ばぴったりだ。明治生まれで操練17期出身。太平洋戦争で名を馳せた著名なパイロットでは、岩本徹三が操練34期、坂井三郎が38期、原田要が35期、操練は操縦練習生の略で基本的に水兵から選抜された隊員が航空機搭乗員として訓練を受けるコースだ。

 赤松貞明が操練を修了したのは1931年、岩本徹三などが操練を終了したのは1936年から1937年なので4年以上の経験の差がある。4年というと大したことが無いように感じるかもしれないが、異常に体力と精神力を使うパイロットの4年というのは通常の人とは異なる。

 

貴重な赤松貞明中尉の映像。声も入っている。

 

赤松貞明の撃墜数

 赤松中尉は日中戦争で11機を撃墜。日中戦争ではトップクラスの撃墜数だ。一番は岩本徹三の14機であるが、赤松自身は自身の手記では撃墜数を242〜243機と主張している。これは記録に残っていると書いてあるが無論記録には残っていない。さらに太平洋戦争まで含めると赤松自身の主張する撃墜数は何と350機である。これは世界最高記録であるドイツ空軍のエース、エーリッヒハルトマンの352機撃墜を意識したものだと思うが、もちろん事実であるはずもない。

 因みにこの赤松貞明の手記は太平洋戦争ドキュメンタリー1『トラ・トラ・トラ』に収録されているが、本書には、他にも世界でただ一人アメリカを爆撃した男、藤田信雄中尉が手記を寄稿しているなどかなり貴重な本だ。アマゾンでリンクを貼ろうと思ったらやはり売ってなかった。もう絶版だし、内容が内容なだけに人気があるようだ。もしもどこかで見つけたら絶対に購入した方がいい。

 それはそうとこの赤松中尉、太平洋戦争では撃墜スコアを伸ばすのが困難だったようだ。理由は初戦は味方が多すぎ、後半は味方があまりにも少なすぎたからだという。結果、赤松中尉の太平洋戦争での撃墜数は百数十機程度しか撃墜できなかったようだ。

 

大言壮語実行型

 この話だけをみると赤松貞明とはただのインチキ野郎じゃねーのか?という話になるがそうではない。赤松中尉は大言壮語であるが実績も十分にある超エースなのだ。坂井三郎によると、撃墜王になるタイプの多くは、有言実行型であり、時として大言壮語実行型ですらあるという。

 撃墜216機を主張する搭乗員、岩本徹三は腕も立ったが口も達者だったと小町定に言われるほど大言壮語だっし、坂井三郎自身も自身の撃墜数64機を主張している(厳密には、坂井自身は否定も肯定もしていない。記録に残っているのは28機)。撃墜数はともかく、彼らは多くの戦場に立ったベテラン搭乗員であったことは間違いない。大言壮語している人が必ず実力が無いとは限らないのだ。

 この赤松貞明中尉、太平洋戦争では3空に所属、比島、蘭印航空撃滅戦に参加した後、331空に配属、その後302空に配属された。赤松中尉の経歴の中で一番有名なのはこの302空時代であろう。不評だった局地戦闘機雷電を自在に操った。元々局地戦闘機とは対大型機用であり、戦闘機との空中戦は不向きでな機種であった。

 赤松中尉は、その雷電で当時、世界最高の万能戦闘機と言われたP51マスタング75機に単機で空中戦を挑み1機を撃墜したという、凄すぎて笑ってしまう位の驚異的な戦果を挙げた。この戦闘は、アメリカの戦死研究者ヘンリーサカイダ氏によって調査され撃墜が事実であることが確認されている。

 

プロフェッショナルの戦後

 戦後はアルコール依存症となり、戦友たちが資金を出し合って贈った軽飛行機も酒代捻出のため手放した。戦友たちにも見放され、高知県の小さな喫茶店の店主となったのち、1980年肺炎で死去した。70歳という死ぬには少し若すぎる年齢であったが、専門家、プロフェッショナルとは人生を全てその道に賭けた人であり、全て賭けたのだからその道から外れれば何もない。真のプロフェッショナルであったともいえる。

 

 

まとめ

 

 自称350機撃墜のグレートエース赤松貞明。大言壮語の見本のような人間であったが、格闘戦に不向きと言われた雷電を駆って第二次世界大戦最強の戦闘機と言われるP51ムスタングの75機編隊に単機突入、1機を撃墜して帰還するという尋常ではない腕のさえを見せた。口だけではない真のプロフェッショナルといっていい。それだけに戦闘機を取り上げられた戦後は悲惨であった。1980年に70歳でなくなってしまうが、この生き様こそが正にプロフェッショナルであったともいえるだろう。