杉野計雄
(画像はwikipediaより転載)

 

 杉野計雄飛曹長は山口県生まれで、丙飛3期を卒業、基本的に母艦戦闘機隊員として活躍した戦闘機搭乗員である。495回の戦闘で32機を撃墜したといわれる。

 

杉野計雄飛曹長の経歴

 

 杉野飛曹長は大正10年山口県に生まれる。昭和14年海軍に入隊。昭和15年駆逐艦黒潮艤装員、完成後乗組、昭和16年丙種予科練3期生となる。昭和17年3月、6空に配属される。ミッドウェー海戦に参加したのち7月空母大鷹乗組。10月大村空教員配置。11月佐伯空。昭和18年4月空母翔鶴乗組。8月トラック進出。10月ラバウル進出。12月253空編入。昭和19年2月大分空教員。4月筑波空。8月634空所属にて台湾沖航空戦、比島航空戦に参加する。その後は本土にて教員配置兼特攻隊員として終戦を迎える。

 杉野飛曹長は1997年に自伝『撃墜王の素顔』を上梓する。その時の私はちょうど撃墜王の記録を読み漁っていたころでどストライクだった。この本を店頭で見かけた時の感激は今でも忘れない。何が感激だったかというと杉野飛曹長がまだご健在であったということだ。当時はまだインターネットも今ほどの情報量もなく、撃墜王の名前などはほとんど出て来なかった。岩本徹三ですら2~3件ヒットという時代であった。

 そんな時代だったので戦争を生き抜いた撃墜王の生死については書物からの情報しかなかった。当時の私はまだエース列伝が付されている『日本海軍戦闘機隊』を入手していなかったが、『日本海軍戦闘機隊』を元にした他の本の撃墜王ランキングによって32機撃墜の杉野飛曹長の存在は知っていた。そこに自伝が登場したのである。この感激、恐らく誰も分らないと思う。

 因みに『日本海軍戦闘機隊』は、後に神保町の文華堂で入手した。1984年当時2500円の本がプレミアが付き、何と2800円となっていた。物価を考えると値段は下がっている。感激も何も要するに世間で撃墜王で盛り上がっているのは私だけだった。

 今回、記事を書くということで『撃墜王の素顔』を読み直してみたが、私の印象ではラバウルの撃墜王であったが、杉野飛曹長は意外にも母艦経験が多かった。

 ろ号作戦でラバウルに進出したのち昭和18年12月に253空に転属になる。岩本徹三、小町定、福本繁夫等、この時期には様々な部隊から253空に搭乗員が配属されていたようである。昭和19年2月に杉野飛曹長は岩本、小町等253空の主力と共にラバウルを後にしトラック防空に活躍する。因みに72機撃墜と言われるエース福本繁夫はラバウルに残留した。その後、寄せ集め零戦を指揮し戦ったようである。

 この時に初めて同期の谷水竹雄飛曹長と別々の部隊に異動になる。実は、杉野飛曹長は予科練で初めて飛行機に登場した時、谷水飛曹長と同じ教員のペアになって以来、この時までずっと同じ部隊に配属され続けたのだ。

 海軍航空隊とは非常に転属が多いところだった。この中で予科練から同じ部隊に居続けたというのは滅多にないことであった。お互いに気も合ったようで、著書の中でも「私達はピーナッツのようだ」(二人で一つという意か)と語り合ったという。

 その親友であり戦友であり同じ部隊に異動し続けた谷水飛曹長とも内地到着後は別々の任地に行くことになった。谷水飛曹長は台南空での教員であった。杉野飛曹長は、大分で教員配置に就くが、その後、またもや艦隊戦闘機隊隊員として実戦に参加、本土で教員配置で終戦を迎える。総飛行時間1994時間。

 

杉野計雄関連書籍

 

杉野計雄『撃墜王の素顔』

 総撃墜数32機といわれている杉野計雄氏の著書。当初はミッドウェー島航空隊になる予定だった6空隊員としてミッドウェー海戦に参加。乗艦が撃沈され内地帰還後は、母艦戦闘機隊隊員として活躍する。この時期のパイロットとしては幸運にも十分な訓練期間を与えられたようだ。ラバウル航空戦、比島、本土防空戦に参加する。

 予科練で初めて飛行機に乗った時以来のペアである谷水竹雄飛曹長と奇跡的にほとんどの部隊を一緒に異動する珍しい経験を持つ。谷水氏とは気も合ったようで二人のやりとりにちょっとほっこりする。二人とも戦争を生き抜けて良かったと思える。

 

坂井三郎ほか『零戦搭乗員空戦記』

 本書は月刊『丸』紙上に発表された零戦パイロットの手記を集めたもの。執筆者は小八重幸太郎氏、谷水竹雄氏、河島透徹氏、今井清富氏、塩野三平氏、坂井三郎氏の6名。坂井氏以外は本書以外に著作はなかったはずだ。貴重な記録である。

 本書執筆者の谷水竹雄氏は模型ファンならご存知の方もいるかもしれないが、米軍の識別マークに矢が刺さった撃墜マークを描いた零戦の横に立っている写真で有名なパイロットだ。杉野計雄氏と多くの期間同じ部隊で過ごした稀有な体験をしている。谷水氏は自著はないので、本手記が一番詳しく自身の戦争体験を書いているはずである。同じ事象をそれぞれどう捉えていたのか、また、杉野氏と谷水氏がそれぞれ相手をどう見ていたかなど見ると面白い。

 

秋本実『伝承零戦』1巻

 月刊『丸』紙上に掲載された海軍戦闘機隊搭乗員の手記を集めたもの。編者の秋本実氏は航空史家。第1巻は零戦の誕生から太平洋戦争中盤までの手記を収録。杉野氏は「奇計”零戦爆撃隊”八人のサムライ」という手記を寄稿している。これはのちに零戦隊の対艦爆撃の先蹤となる母艦搭乗員時代の零戦での爆撃訓練について書いたもの。零戦の対艦爆撃は決死の爆撃であったことが書かれている。

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。

 

まとめ

 

 海軍航空隊のエリートと言われる空母戦闘機隊出身の杉野氏。母艦戦闘機隊、ラバウル航空戦、比島と激戦をくぐり抜けてきた。戦後も海上自衛隊で定年まで勤務する。海自時代の教え子が1985年の時の機長で、その墜落した付近の上野村の村長で救助活動に尽力したのが海軍時代の上官の黒澤丈夫氏であったという奇縁もあったそうだ。1999年8月鬼籍に入る。