不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

武藤金義
(画像はwikipediaより転載)


 武藤金義少尉は、撃墜王の坂井三郎をして「日本海軍で最も強靭な戦闘機乗りだった」と言わしめた男である。横須賀航空隊にいた当時、F6Fヘルキャット12機編隊に単機で突入し、みんなの観ている前で4機を撃墜したという逸話を持つ。この光景を地上で見ていた隊員達は、彼を「空の宮本武蔵」と呼び称賛した。武藤少尉の総撃墜数は28機に上るといわれている。


日本海軍戦闘機隊のエースとは


概要
大正5年愛知県に生まれる。昭和10年呉海兵団に機関兵として入団。短期間駆逐艦浦波に乗艦する。
昭和11年1月32期操練生として訓練を受ける。昭和11年7月第32期操縦練習生修了後、大村空で延長教育を受ける。昭和12年7月13空に配属。日中戦争に参加する。昭和12年12月12空に配属される。昭和13年10月大分空配属、さらに鈴鹿空、元山空に配属される。昭和16年9月3空に配属。太平洋戦争開戦を迎える。昭和17年4月内地に帰還、同時に元山空戦闘機隊(252空)配属される。11月元山空隊員としてラバウルに進出、ラバウル航空戦に参加する。昭和18年11月横須賀航空隊配属。飛曹長に昇進する。昭和19年6〜7月硫黄島に進出、昭和20年5月少尉に昇進。6月末、343空に異動、7月24日豊後水道上空の空戦で戦死した。


 武藤は、運動神経抜群、明朗快活な人柄で誰からも好かれたという。出身期は操練32期で同期には14機撃墜の尾関行治、9機撃墜の末田利行がいる。因みにこの操練32期で戦闘機に進んだ9名は全員が戦死している。死亡率は100%である。32期の中で最後まで生き残っていたのは武藤であったが、武藤も昭和20年7月24日に戦死してしまった。





 武藤は大正5年愛知県に生まれた。大正5年生まれといえば、坂井三郎(64機撃墜)、岩本徹三(216機撃墜)、原田要(15機撃墜)、重松康弘(10機以上撃墜)、岡本重造(9機撃墜)、安井孝三郎(11機撃墜)、小泉藤一(13機撃墜)、大森茂高(11機撃墜)、大木芳男(17機撃墜)、菊池哲生(20機以上撃墜)、白根斐夫(9機撃墜)など撃墜王のオンパレードである。年齢的にも開戦時に25歳と搭乗員としては脂の乗り切った時期である。29歳で終戦となるので20代を空の戦いに費やしたことになる。


 武藤は中国戦線で13空に配属され、日中戦争の初期から1空兵として航空戦に参加する。その後、12空へ転属し、太平洋戦争開戦時は台湾の3空に所属し、あの有名な航空撃滅戦に参加する。昭和17年4月、内地に戻った武藤は、元山航空隊のちの252空に転属、252空は、11月にはラバウルに進出、武藤も激烈なラバウル航空戦に参加する。昭和18年11月、海軍航空の殿堂、横須賀航空隊に転属になり本土へ帰還。横空の隊員として活躍する。


 横須賀航空隊は実戦部隊であると同時に、新型機のテスト飛行を担当した航空技術廠実験部を引き継いだ横須賀航空隊審査部を持つなど、研究、訓練を行う特殊な航空隊であり、太平洋戦争が始まってからも根拠地以外に展開することはなかった。しかし戦局はそれを許さずついに横空は八幡空襲部隊として硫黄島進出が命じられた。


 武藤は、ここで特攻を命ぜられたが途中で空中戦となり特攻することなく無事帰還した。その後、横須賀航空隊員として本土防空戦を戦った。特に2月17日の厚木上空での空戦は、飛行場で日中戦争以来の超ベテラン搭乗員赤松貞明中尉以下が見ている上空でF6F12機編隊に単機で突入、4機を撃墜した。これを見ていた隊員達は武藤を「空の宮本武蔵」と称賛した。


 昭和20年6月、病気療養明けの操練24期のベテラン野口穀次郎少尉と片目の視力を失った操練38期のベテラン坂井三郎との2対1の交換トレードにより343空へ転属する。そして翌7月に豊後水道上空で戦死する。


 人格に優れ、上下から慕われた人物だったようだ。特に愛妻家として有名であり、戦場からもこまめに手紙を出していた。この詳細は碇義朗『紫電改の六機』に詳しい。近年、NHKで『撃墜 3人のパイロット〜命を奪い合った若者たち〜』(2014年12月10、11日放送)というドラマが放送された。


 ドラマの最後に武藤のお孫さんが登場し、武藤の奥さん(お孫さんからしてみればおばあちゃん)が、再婚しなかったのは、「おばあちゃんはおじいちゃんのことが好きだったから帰ってくるのをずっと待っていたんじゃないか」と語っていた。両想いの夫婦だったようだ。



紫電改の六機―若き撃墜王と列機の生涯 (光人社NF文庫)


 武藤少尉の記録については上記の本以外にも『エース列伝』『日本陸海軍航空英雄列伝』等に詳しく記載されている。最後に武藤少尉と同い年で親しかった撃墜王の坂井氏は武藤少尉が撃墜されたことに話が及ぶと「流れ弾だ!」と激怒したという。武藤少尉の人柄が偲ばれる。

2015年1月9日初稿。
2019年6月10日加筆修正。


↑良かったらクリックして下さい。