伊400
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本海軍の潜水艦にはいろいろなものが搭載できる。これは前回ブログを書いていて気付いたことである。では日本軍の潜水艦には具体的にどのようなものが搭載された、若しくは搭載予定だったのだろうか。今回は趣向を変えて日本軍の潜水艦搭載兵器を特集してみよう。

 

潜水艦に偵察機を積む

 

02_零式小型水偵
(画像はwikipediaより転載)

 

 まず最初にあげられるのは零式小型水偵。これは潜水艦搭載用に設計された小型水上偵察機である。機体は木と金属で成っており、翼はは羽布であった。開発したのはのちに震電を開発して有名になる九州飛行機で、最高速度246km/h、航続距離882km/h、7.7mm機銃1挺に小型爆弾を搭載することもできる。

 

 ↓詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

 

 この零式小型水偵は世界で唯一アメリカ本土を爆撃した航空機なのだ。この任務を遂行したのは有名な藤田信雄飛曹長。1942年に2回空襲をしている。因みにこの潜水艦伊25はタンカーを撃沈するついでにソビエトの潜水艦も撃沈している。なぜこんなところにソビエトの潜水艦がいたのかはよく分らないけど、この攻撃、ソビエトにバレちゃったようだ。結局、大人の事情で表沙汰にはならなかった。

 

潜水艦に潜水艦を積む

 

03_甲標的
(画像はwikipediaより転載)

 

 潜水艦に潜水艦を積む。。。マトリョーシカ人形のような良く分からない状態だが、日本の潜水艦は甲板上に「潜水艦」を搭載することもあった。潜水艦といってももちろん二人乗りの小型潜水艦でその名は甲標的。太平洋戦争開戦前、仮想敵国が激リッチな米国である日本海軍の悩みの種は、その圧倒的な戦力差であった。何とかその差を埋めようと考案されたのが「漸撃戦術」という戦術であった。

 まさか航空機が海戦の主力となるとは露ほども考えなかった日本海軍では、海戦は戦艦で決着を着けるものと当然のように考えていた。しかし残念ながら非常に貧乏な日本は戦艦の数では米国に太刀打ちできない。おまけにワシントン軍縮条約で戦艦の数も制限されてしまっていた。そうなると戦艦以外の攻撃で相手の戦艦の数を減らそうと当然のように考える。それが「漸撃戦術」なのである。

 中部太平洋から何も知らずにのんきに突き進んでくる米国戦艦部隊に対して、潜水艦、陸上攻撃機、母艦攻撃機、甲標的による攻撃で滅多打ちにして残った艦隊を日本の戦艦部隊が攻撃して大勝利を収める。。。というのが構想である。まあ、当然、米国も同じことをするだろうことは容易に想像できるのであるが、そこはそこ、大和魂や精神力で何とかするつもりだったのだろう。

 ともかく、そのために開発されたのが、小型潜水艦甲標的である。名称が甲標的とヘンテコな名前なのはもちろん外国を騙すために「標的ですよ〜」という意味を込めた名前である。最高速度は23ノット、潜航時は19ノットと意外と速い。武装は魚雷2本を艦首に装備しているのみである。太平洋戦争開戦劈頭の真珠湾攻撃から戦争末期まで使用された。舵がスクリューの前に付いているため旋回性能が悪かったことと、なにぶん潜水しているため潜望鏡以外では外が全く見えないのが欠点であった。

 真珠湾攻撃では潜水艦に搭載された5隻の甲標的が発進、戦艦オクラホマに魚雷を命中させている。潜水艦から発進する場合が多かったが、甲標的母艦、陸上基地からも運用された。地味に戦果を挙げてはいるものの生還率が非常に低いため決死の出撃をすることになる。ともあれ、潜水艦に潜水艦を搭載するというのも日本以外無いんじゃないだろうか。

 

潜水艦に爆撃機を積む

 

04_晴嵐02
(画像はwikipediaより転載)

 

 そして晴嵐。偵察機からさらにグレードアップして、潜水艦に攻撃機を搭載することにした。晴嵐とは太平洋戦争開戦後に開発が開始された超高性能水上攻撃機である。最高速度は474km/hでフロートを投棄すると560km/hと零戦52型並みの高速を発揮することができる。航続距離は2,000kmで終戦までに28機が生産された。超高性能仕様だったため生産コストは零戦50機分にも相当すると言われている。

 

 ↓詳しくはこちらをどうぞ

 

 この晴嵐は伊号400型潜水艦に3機、伊号13型に2機搭載することが可能であった。本来の目的は海戦初期の段階で、パナマ運河を破壊して米大西洋艦隊を足止めすることだった。晴嵐が完成したのは1943年、海軍が受領したのは1944年。。。これって開戦当初に必要だった戦力な訳で・・・。ともかくこの晴嵐、世界初の潜水艦搭載攻撃機という意義は大きい。それまで戦術兵器でしかなかった潜水艦が世界中のあらゆる地点を攻撃できるようになったのである。世界初の戦略潜水艦の誕生とまで言われている。まあ、実際の攻撃力は攻撃機3機のみなので微々たるものであるが。。。

 

潜水艦に戦車を積む

 

05_特二式内火艇カミ車
(画像はwikipediaより転載)

 

 日本の潜水艦は戦車も積んでしまう。その潜水艦搭載戦車とは、水陸両用戦車「特二式内火艇」。もう名称からして戦車なのか船なのか分からない。「カミ車」ともいう。これは海軍の頭文字「カ」と出処不明の「ミ」を合わせた名称。「ネ申」ではないので注意。陸軍の九五式戦車をベースに水上航行可能に改造した車両?、艇?である。

 全長7.42m、最高速度が37km/h、水上では9.5km/h、主砲は37mm戦車砲である。上陸後にフロートを外すことになっているが、本体の装甲があまりにも貧弱であるためフロートを装着したまま使用されることも多かった。本来、強襲揚陸艦に搭載されて運用されるものであるが、潜水艦に搭載して運用することを想定していた。

 実は日本軍にはその強襲揚陸艦の元祖ともいえる特種船あきつ丸が存在していたのであるが、これは海軍とあまり仲がよろしくない陸軍が建造した空母であったため、陸軍とあまり仲がよろしくない海軍が作った戦車を運用することは難しかったのである。陸軍が造った空母に海軍が作った戦車を載せられない。。。もう何だか分からない。因みに後継の特三式内火艇も潜水艦に搭載することができる。

 

人間魚雷回天

 

回天01
(画像はwikipediaより転載)

 

 甲標的は極めて危険度の高い決死の兵器であったが、回天は必ず死ぬ必死の兵器である。これも潜水艦に搭載されていた。初期のものは回天と潜水艦に交通筒が無く、回天を発進さるためには一旦浮上して乗員を回天に登場させる必要があった。つまりは敵の近くで一旦浮上するということでかなり危険が伴った。

 一見、人間が操縦するので命中率が高いのではないかと思われるかもしれないが、当然、窓もない。あったとしても海中は真っ暗で何も見えない。位置の測定は潜望鏡とジャイロスコープで行う。要するに「目が見えない」状態での送還を余儀なくされる。

 潜望鏡を上げれば発見されてしまうので、搭乗員はジャイロスコープとストップウォッチで自艦の位置と目標を計算しながら、同時に操艦もする。強い意志と高い練度、知性、勇気が必要だ。つまりはどの世界においても必要とされる優秀な人材が求められる。回天は一度乗ったら成功、不成功に関わらず脱出することはできない。

 

運貨筒

 

 潜水艇が積めるのであればもちろん同じ潜水艇である運貨筒も積める。この運貨筒というのは物資輸送用の潜水艇だ。潜水艦によって曳航され目的地で切り離される。それを大発等で回収するのだ。南方で使用されたようだ。

 

海軍特殊部隊

 

 正式には呉鎮守府第101特別陸戦隊という。これは潜水艦等で隠密裏に上陸を行い各種の特殊任務を行うという現在のアメリカのSEALチームと同様の発想で1944年に養成が始められた海軍特殊部隊だ。剣道や柔道の有段者を集め信じられないくらい過酷な訓練を行ったようである。もし日本海軍が存続していればSEALのような部隊が独自に日本でも編成されていたかもしれない。

 

まとめ

 

 以上のように日本海軍の潜水艦にはさまざまなものが搭載された。または搭載されるところだった。発想自体は革新的なものも多かったが、水陸両用戦車を搭載するという基本的に意味がないものもあった。この潜水艦を戦略の拠点にするという発想が出てくる背景には日本が海洋国家であったことと、同時に日本の国力が欧米、特に同じ海洋国家であるアメリカに対して劣っていたことが挙げられるだろう。正面切って戦うには国力の違いがありすぎる。そのための「搦め手」としての潜水艦運用であったのだろう。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング