不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

220px-Starr_Revスタール、またはスター、M1858リボルバーとは何?スタールとは会社の名前で要するにスタール社 モデル1858ということだね。そう、番号から見ても分るようにこの銃は1858年に発売された特殊な機構を持つリボルバー過渡期の名銃である。映画、『許されざる者』のポスターでクリントイーストウッドが持っていたのがこのスタールM1858だ。(画像はwikipediaより転載)

性能
重量 1.3 kg 1858 Army DA
全長 320mm 1858 Army DA
弾薬 ボールパーカッションケープ
口径 .44口径、36口径
機構 パーカッション式
装弾数 6発
(wikipediaより転載)

概要
 スタール社M1858は1858年開発(たぶん)、1859から生産がはじまり、当初は36口径だったが1862年製造のモデルから44口径に変更された。1861年から始まった南北戦争ではほとんどが北軍により使用された(ダブルアクションモデル23000挺中21000挺)。機構は1856年に特許を取得したもので独特のメカニズムである。日本にも持ち込まれたようで現在でも古式銃として売買されている。

M1858の特徴であるメカニズムとは当時としては画期的なダブルアクションを採用したことにある。しかしシングルアクションの必要性もあり(恐らく精密射撃用)、両方の機能を兼ね備えた銃を目的として特殊なメカニズムになった。

 簡単にそのメカニズムを説明すると、基本的にはダブルアクションであるが、トリガー後部のスイッチを下げ引き金を引くとハンマーコック状態になる。次にトリガー後方にあるもう一つのシングルアクション用トリガーを引くとハンマーが落ちる。ハンマーに現在のリボルバーと同じような指掛けが付いているがこれはシングルアクション用のものではない。

 詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)

 
 という感じで、久しぶりに私が概要を書いたんだけど、分るかなぁ・・・。このM1858の構造って複雑なんだよね。因みにこれ実銃も日本で購入可能です。ハイ。この構造がよく分るのが次の動画。





 二挺のM1858が出てくるけど、上の重心が長いのが1863〜1864年まで製造されたM1863というM1858のシングルアクションモデル。下がダブルアクションモデル。44口径ということなので1862〜1863年までに製造されたものだ。この動画を観るとアクションがよく分ると思う。





 この動画でもアクションが分ると思う。説明もしてくれているんだけど全部英語なんだよねぇ・・・。んで、次の動画がかなり面白いので観て。





 パーカッション銃の装填を動画で見られるというのはいいね。射撃もしているから面白いよね。25mでも結構当るんだねー。次の動画も同じ人のものかな。





 射撃がメインの動画。パーカッション銃の射撃は迫力があるね。次のは射撃は無いけど、リブルーされた美しいM1858が見られる。





 このメカニズムとメカニカルな外観はたまらないよねぇ。何言っているのか全然わからないけど、この人いい趣味してるねー。ここでまた面白い動画を発見したのだ。これは『許されざる者』の銃撃シーン。M1858も使用されている。いい映画だから観てみるといいかも。






許されざる者 [Blu-ray]


 観てくれる人がいるかもしれないからリンク貼っておいた。これは名作だと思う。結局、救われない人達、許されざる者であるという虚しさが最後に残るんだよね。映画にあまり興味の無い私が押すのだから信じていい!(なんじゃそりゃ?)


 閑話休題。トイガンではまだ発売されていないんだけどHWSから今年末に発売が予定されている。私も試作品を触らせてもらったけど、かなり出来がいいんだなこれが。さすがはHWSという感じのHWSのクラフトマンシップがあふれているものだ。下の動画はHWSの紹介動画。





 これって実際に手に取ってみないと魅力が伝わらないんだよね。私が見せてもらったのは試作品だったんだけど、HW製なのでさっきの動画みたいに綺麗にブルー処理することもできる。これは実物を見るとホントいいから。私は現代銃にしか興味が無いのにわざわざ記事を書いて紹介するくらいだからホントだよ。


 ブルー処理して木製ケースに火薬入れと弾丸袋を机の上に無造作に置いておくとかいいよね。旧式のホルスターとか木製ケースとかは絶対の必需品!といいつつまだ予約も始まっていないのでリンクは貼れないんだ。ゴメンなさい!amazonで販売が始まったらすぐにリンクを貼ります。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集