26式拳銃
(画像はwikipediaより転載)

 

 二十六年式拳銃とは明治26年(1893年)に完成した日本製リボルバーで翌年制式採用された銃だ。戦前戦後共に日本製拳銃の評価は今ひとつ高くはないが、この二十六年式拳銃に関してはその評価は当てはまらない。当時としては世界に伍する拳銃であった。

 

二十六年式拳銃(実銃)概要

 

性能

口径 9mm
全長 230mm
銃身長 120mm
重量 927g
使用弾薬 二十六年式拳銃実包
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション

 

概要

 日本軍に最初に制式採用されたのは日本名「一番型拳銃」と呼ばれるS&W製No.3であった。6連発の44口径リボルバーで当時としては威力もあり頑丈であったが、シングルアクションのみで、全長30cm以上で重量1.3kgと携行性が低く、特に片手での射撃に難があった。

 次期拳銃を選定するにあたって、それまで輸入に頼っていた日本軍の拳銃を国産化しようという話になり1893年に開発されたのが二十六年式拳銃で、翌年制式採用された(1893年制式採用説あり)。口径は9mmで中折れ式、機構はダブルアクションのみであったが、工具無しでサイドプレートを外せる等、当時のハンドガンの水準からすると比較的高い水準の拳銃であった。

 

メカニズム

 二十六年式拳銃はシリンダーの回転を固定するシリンダーストップが付いておらず、引き金を引くと引き金の一部がシリンダーを固定するという特殊な構造となっていた。銃身内のライフリングは意図的に深く掘られ、そこから高圧ガスを逃がす構造になっていた。そのためカートリッジの威力を十分に発揮させることができなかった。

 後年、二二六事件の際、当時の侍従長であった鈴木貫太郎が二十六年式拳銃によって狙撃され3発が命中したが、鈴木の命に別状が無かったことからもその低威力振りが良く分かる。

 

その後

 その後、1902年には南部式大型拳銃が開発され海軍に採用された。1924年、この南部式大型拳銃に改良を加えた南部14年式拳銃が二十六年式拳銃に代わり陸軍に採用された。その後も二十六年式拳銃の生産は続けられたが、1930年代には生産が終了したが太平洋戦争終了まで使用され続けたようだ。

 この二十六年式拳銃、性能は今一つだったが表面仕上げは相当美しかった。そのため敗戦後日本に来た米兵のお土産として随分アメリカに渡ったようである。記事冒頭の写真はwikipediaに掲載されていたもの。実際、この写真の個体は丁寧な表面仕上げが施された相当綺麗なものだ。

 

二十六年式拳銃(トイガン)

HWS 日本軍 二十六年式拳銃 エイジドカスタム HW ヘビーウエイト エアガン

 二十六年式拳銃を唯一モデルアップしているのはHWSである。HWSは非常にマイナーな銃をモデルアップするメーカーだ。このHWSからモデルガン、ガスガン両方でモデルアップされている。完成度の高さで定評のHWSの名に恥じない高品質モデルだ。

 ガスガンはタナカとのコラボでペガサスシステムを採用している。このため、二十六年式拳銃の特徴であるサイドプレートを開けるギミックはガスガンでも再現されている。

 

まとめ

 恐らく日本初の拳銃である二十六年式拳銃は、完成当初は意外にも世界水準に達した高性能拳銃であった。独特のバレル形状により威力は弱かったが軽量なダブルアクション拳銃はそれまでの一番型拳銃に比べ大きなアドバンテージであった。時代の流れは自動拳銃に移り、二十六年式拳銃は歴史の影に消えていったが、少数が太平洋戦争終盤まで使用され続けた。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング