不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Submachine_gun_wz63 その昔、『N45°』という短編集があったのだ。その中に『パオさんとの復讐 (コスモノベルス)』という小峰隆生監督の作品があった。小峰氏は有名なガンマニア。アメリカでテッド新井氏に師事して実銃の腕もかなりのものらしい。もちろん銃に対する造詣も深く『拳銃王人社』という本も出版している。最近は編集者をされているようで佐藤優著『人たらしの流儀』において佐藤氏が「異能の編集者」として高く評価している。この小峰氏が監督した映画『パオさんとの復讐 (コスモノベルス)』で主人公達が使用しているのがこのWZ63なのだ。WZ63に関しては私はこの映画の印象が一番強いんだよね。(画像はwikipediaより転載)

性能
口径 9mm
銃身長 152mm
ライフリング 4条右回り、252mm/回転
使用弾薬 9×18mmマカロフ弾
装弾数 15発 / 25発
作動方式 シンプル・ブローバック式
オープンボルト
セミオート/フルオート切替射撃
全長 333 / 583mm
重量 1.6kg
発射速度 650発/分
銃口初速 320m/秒
有効射程 75~150m
(wikipediaより転載)

概要
 PM-63 RAK(ポーランド語: Pistolet maszynowy wzor. 1963 Ręczny Automat Komandosow)とは、1960年代にポーランドのラドムが設計製造した短機関銃である。

 PM-63は、グリップ内部にマガジンを収めるなど、外見上は他の短機関銃と大きな差はない。PM-63は短機関銃で一般的な本体内部にボルトを収める形式を採用せず、むしろ自動拳銃・マシンピストルで主流の銃身を覆いつつ銃外部に露出するスライドを採用しているのが最大の特徴である。撃発にはスライド解放状態から射撃を開始するオープンボルト方式を採用しているため、自動拳銃と異なりスライドは後退状態で射撃体制が整う。

 またPM-63のスライドは竹槍状に上半分が切り取られた形状をしており、突き出た下半分はスライド閉鎖時にフレームから突き出る格好になる。この突き出た部分は何かに押し付けるか手で押すことによるコッキングを容易にしているほか、射撃時にはAKMのマズルブレーキと同様に発射ガスによって銃本体を押し下げ、制御性を向上させている。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 WZ63はラドム製サブマシンガン。使用弾は東側の規格である9×18mm弾。マカロフにも使用されているやつね。因みにラドムというのは造兵廠の名前。拳銃やら何やらをいっぱい作っているよ。このWZ63、かなり実用性が高いらしい。東側の銃も侮れない。CZ75やスコーピオンもすごいしね。特徴は銃口の下にある竹槍型のやつ。オープンボルト式なのでスライドを引くと引っ込むんだけどちょっと分りにくいよね。ということで動画を観てみよう。動きがよく分る。













 このWZ63、何とかつてタナカから発売されているのだ。値段が高かったのと元々WZ63があまり人気が無かったせいで(たぶん)、売れなかった。今は凄まじいプレミアが付いているので購入は難しい。プレミア以前に中古市場にほとんど出て来ないんじゃないかと思う。持っている人は絶対手放したくないと思うしね。たぶん再生産されることもないと思う。ということでそのタナカWZ63、動画がいくつかアップされているので観てみよう。













 モデルガン化した猛者もいるようだ。それにしてもいい動きをしているね。20年前のガスガンだとは思えない。確か全金属製だったと思う。ただ、この当時はガスフルオートはガスタンクを内蔵できるまで技術が進歩してなくて外部ソースを使用したものだった。動画では快調に動いているが作動はあまり良くなかったようだ。以下、WZ63ユーザーのサイトを参考までに貼っておいた。楽しいよ。


レビューサイトのリンク
ゆも庵

玩具道楽・・・三昧

I Love Western Arms

レギュラー満タンで

GUNs & MOVIE LOVER

自己満足的今日的情報

『続・子連れ狼が撃つ!』

玩具道楽三昧リターンズ AG150 タナカ WZ63

玩具道楽三昧リターンズ AG150 タナカ WZ63 その弐

PropGuns Archives


 やはりデザインの良さは秀逸だよね。しかし何よりもガスガンとしてモデルアップしているのがすごい。さすがタナカ。M29にカウンターボアードを追加するために新規金型を作った(もしくは改良)したメーカーだけのことはある。魂を感じる。タナカはこれからも本当に頑張ってほしいね。先日、私は某ショップで店員さんと話したんだけど、やはりトイガンメーカーはどこも本当に頑張っている。日本のトイガンメーカーでダメなメーカーなんて一つも無いと思う。



↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック