不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

Kawanishi_N1K_Shiden 今日、紹介するのは日本海軍の最高傑作戦闘機、紫電改こと紫電二一型だ。最高速度594kmと雷電二一型とほぼ同じ。翼面荷重は雷電より低く、さらに当時最新鋭技術だった自動空戦フラップも装備しているので空戦性能も抜群に良かった。完成したのが戦争末期だったため400機程度が生産されただけだった。『原色航空機百科』(英国の本)では「太平洋戦線に出現した日本機中、最もすばらしいもののひとつであった」と称賛され、アメリカで紫電改のテストをしたパイロットも「ライトフィールドで紫電改に乗って、米空軍の戦闘機と空戦演習をやってみた。どの米戦闘機も紫電改に勝てなかった。」という程の高性能戦闘機だったのだ。(画像はwikipediaより転載)

性能
制式名称 紫電二一型
機体略号 N1K2-J
全幅 11.99m
全長 9.376m
全高 3.96m
翼面積 23.5m2
翼面荷重 161.70 kg/m2
自重 2,657kg
正規全備重量 3,800kg
発動機 誉二一型(離昇1,990馬力)
最高速度 594km/h(高度5,600m)
実用上昇限度 10,760m
航続距離 1,715km(正規)/2,392km(過荷)
武装 翼内20mm機銃4挺(携行弾数内側各200発、外側各250発)計900発 250kg爆弾2発
生産機数 415機
(wikipediaより転載)

概要
局地戦闘機紫電は、水上戦闘機「強風」を陸上戦闘機化したもので、紫電二一型は従来の紫電を低翼に再設計した機体であり、紫電改は新機軸の設計(自動空戦フラップ、層流翼)が特徴であった。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 紫電改の最高速度は594kmとされているが、これは日本のオクタン価が低いガソリンを使用した時のものでアメリカでテストした紫電改はムスタングと同じ速度だったと言われる。この紫電改は完成すると343航空隊によって集中運用された。紫電改は最初から局地戦闘機として開発された機体ではない。紫電改正式名称紫電二一型、元は紫電一一型であり、その元になったのは水上戦闘機強風なのだ。


 んん、どういうことかというと、最初に川西飛行機が水上戦闘機として強風を開発したのだ。そしてその性能の高さに「これ、陸上機になるんじゃね?」という話になり、強風のフロートをはずし、車輪を付けた。付けたのはいいけど強風、紫電は中翼なんだよね。中翼というのは正面から見て胴体の真ん中に翼が団子の串のようになっている形態のこと。













 中翼だと当然脚は長くしないとプロペラが地面をこすってしまう。この長い脚がかなり調子が悪かったのだ。だったら中翼を普通の低翼にしちゃえばいいじゃん。ということで強引に低翼にした訳だ。そうしたら意外にも異常に高性能な戦闘機が完成したのだ。航続距離こそ短いが当時の日本海軍に長い航続距離は必要無い。ある意味いいタイミングで登場したともいえる。そして上述のように紫電改部隊として集中運用されたことによって伝説が生まれたのだ。













 紫電改、零戦に次いで人気が高いこの機体。零戦に次いで人気が高いというのは私が勝手に思っているだけだが。それはそうと圧倒的な物量で迫るアメリカ軍に最後に一発ケツに蹴りを入れたのがこの紫電改なのだ。この伝説の戦闘機紫電改。プラモデルでも400機揃えようではないか。

プラッツ/ベゴ  1/144 ≪PD-11≫ 局地戦闘機 紫電改(初期型)

商品の説明
シャープな彫刻とボリュームあるフォルムで大好評の1/144紫電改に、初期型が加わります。 後期型に比べ尾翼の面積が大きいのが特徴です。新規金型追加で尾翼パーツを再現しました。 菅野大尉機など有名搭乗員機のデカールも多数収録。 マーキングはカルトグラフ印刷のシルクスクリーンデカールで再現しました。
(amazonより転載)



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック