不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-I400_2 潜水空母伊400。当時世界最強であり最高技術が投入された太平洋戦争時の最新鋭潜水艦である。排水量は軽巡洋艦並で潜水艦でありながら航空機3機を搭載するという世界初の戦略潜水艦だったのだ。当初の目的は山本五十六の発案と言われるパナマ運河爆破作戦用潜水艦であった。今日はこの当時最大の潜水空母伊400についてみてみよう。(画像はwikipediaより転載)

性能
排水量 基準:3,530トン 常備:5,223トン
水中:6,560トン
全長 122m
全幅 12.0m
吃水 7.02m
機関 艦本式22号10型ディーゼル4基2軸
水上:7,700馬力
1,200馬力モーター2基
水中:2,400馬力
速力 水上:18.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:14ktで37,500海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油:1,750トン
乗員 157名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃3基
同単装1挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
魚雷20本
航空機 特殊攻撃機『晴嵐』 3機
(四式一号一〇型射出機 1基)
備考 22号電探1基、13号1基
安全潜航深度:100m
連続行動時間:約4ヶ月
(wikipediaより転載)

概要
 3機の特殊攻撃機『晴嵐』が搭載可能であり、潜水空母(せんすいくうぼ)とも俗称される。第二次世界大戦中に就航した潜水艦の中で最大であり、通常動力型潜水艦としては、2012年に竣工した中国海軍の032型潜水艦(水上排水量3,797t、水中排水量6,628t)に抜かれるまでは世界最大であった。全長はアメリカ海軍のガトー級を27メートル上回る。理論的には、地球を一周半航行可能という長大な航続距離を誇り、日本の内地から地球上のどこへでも任意に攻撃を行い、そのまま日本へ帰投可能であった。大柄な船体(排水量3,350tは軽巡洋艦夕張と比較してなお大きい)を持つが水中性能は良好であった。急速潜航に要する時間は1分である。

 同型艦3隻が就航したが、いずれも具体的な戦果をあげる前に終戦を迎え、連合国は日本の降伏までその存在さえ知らなかった。終戦直後にアメリカ軍が接収する際、その大きさにアメリカ軍士官が驚愕したという逸話が残っている。アメリカ軍による調査の後、冷戦による当時のソ連への情報漏洩を恐れたため海没処分となった。処分の後、その詳しい位置は記録されていなかったが、2005年3月に伊四〇一が、2013年8月に伊四〇〇が海底から発見された。

 米海洋大気局の専門家によれば、伊四〇〇型潜水艦はそれまで対艦兵器としかみなされていなかった潜水艦の用途を一変させ、第二次大戦後の潜水艦の設計・運用姿勢に大きな影響を与えた結果、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いたという。実際、戦後に米軍が浮上後の潜水艦からパルスジェットミサイルの発射実験を行った潜水艦が酷似した形をしていた。
(wikipediaより一部転載)
 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


 この伊400。前述のように山本五十六のパナマ運河爆破作戦用に考えらえた潜水艦であった。なぜパナマ運河を爆破する必要があるのかというと、アメリカの地理的な要因があるのだ。アメリカはパナマ運河によって太平洋と大西洋をつないでいる。開戦時ハワイで太平洋艦隊を殲滅させ、同時にパナマ運河を爆破し使用不能にすることで大西洋艦隊は遠く南米を周って太平洋に来なければならない。そのために必要だったのが潜水空母なのだ。

 この潜水空母18隻の建造計画が決定されたのは1942年であり、完成したのは1944年だった。結局はパナマ運河破壊には使用されずトラック島への物資輸送をして終戦となってしまった。しかし建造計画が決定した1942年にはすでにパナマ運河を破壊するメリットは無かったような気がするが・・・。あくまでも真珠湾攻撃とセットで意味のある戦略だったと思うのだけどねぇ。一説には開戦時の連合艦隊先任参謀黒島亀人大佐がごり押ししたとも。それはそうと動画をみてみよう。













 上記の動画、時間はかかるがかなり良い内容なので是非観てみよう。ということで今度は模型の動画。













 撃沈は免れたもののほとんど活躍することがなかった伊400型潜水艦。まあ、彩雲をトラック島に運んだのは大手柄だったのだがそれが唯一の成果となってしまった。戦後は米軍に接収され海底に埋もれ歴史の中にも埋もれてしまったのだ。下記をクリックして潜水空母をあなたの部屋へ浮上させてあげよう。



スケール限定商品 1/350 日本海軍 特型潜水艦 伊-400 スペシャルエディション 89776


商品の説明
 伊-400の1/350スケール、プラスチックモデル組立てキットです。全長348.5mm、大型の格納筒など世界最大を誇った威容を迫力たっぷりにモデル化。格納筒まわりは透明パーツを用意して、3機の晴嵐が格納された状態を完成後も鑑賞できます。クレーンアームや後部アンテナ支柱、晴嵐のプロペラなどのエッチングパーツに加え、エッチング製の手すりもプラス。しかも手すりの取り付けガイド用シールも付いています。金属削り出しの魚雷4本もセット。晴嵐は風防をリアルに表現できる透明パーツとしました。リアリティを演出する乗組員の人形48体と展示用の台座付き。
(amazonより転載)



製作サイトのリンク
タミヤ 1/350 日本特型潜水艦 伊−400 製作記
おいさまのプラモブログ
k-dock
go4pro
横須賀模型造船所
HIGH-GEARedの模型作品展
プラモ野郎K-TEAM
ケロノリンのプラモモロモロ
VIGILANTEのまったりプラモ製作記
月宇佐城
軍艦堂
船舶プラモを作ろう タミヤ1/350伊−400を製作してみました



↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック