不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Ithaca_37 今回は、私が前から狙っている銃、KTW M37イサカライアットのまとめ記事を作ってみた。まとめ記事といっても、実銃のデータ、動画も含んでいるためいつもの世界銃器図鑑とまとめ記事の中間のような構成になってしまった。まあ、それはともかくこのKTW M37ライアット。もう欲しくて仕方ないのだ。そのM37どのような銃なのかまずは実銃を見てみたい。(画像はwikipediaより転載)


性能
全長 1017mm
重量 2.3kg
使用弾薬 12ゲージ 16ゲージ 20ゲージ 28ゲージ
装弾数 4+1発、7+1発(チューブ型弾倉延長タイプ)
作動方式 ポンプアクション方式
(wikipediaより転載)

概要

1937年に完成。弾薬を装填するローディングゲートと空薬莢を排出するエジェクションポートを共通にすることでフレーム開口部を下部だけとした分、肉厚を薄くすることで軽量化に成功。当時では最も軽い散弾銃だったため、「フェザーライト」と呼ばれた。これは当時、ショットシェルが厚紙製であったことから横殴りの雨の中でも銃の内部に水が入り込んでシェルが濡れ、火薬の吸湿による不発や紙の膨張による弾詰まりが起きることを阻止する狙いがあった。それゆえの信頼性の高さが買われ、その後は長きに渡って警察の車載用ショットガンとして使われ続けた。また、ベトナム戦争では南ベトナム解放民族戦線のトーチカや地下トンネル内の戦闘に重宝されたことでも有名である。
軍用はもちろん、狩猟やスポーツ射撃、自宅警備用など、民間用としてもベストセラーとなった。
1990年までに製造されたモデルは、ウィンチェスター社のM1897やM1912のようにトリガーを引いたままハンドグリップをコッキングすることによる連続射撃(スラムファイア)が可能で、ベトナム戦争など戦場で投入された際はウィンチェスターM1897と同様に近接戦闘における大きな強みとなり、兵士には好まれた。しかし、初心者には危険なため、その後のモデルでは省かれた。
(wikipediaより一部転載)


 ふむふむ。要するにイサカのショットガンの特徴はローディングゲートとエジェクションポートが同じで銃下部についているということだろう。これにより信頼性が増す(故障しにくい)のだ。非常にオーソドックスな銃でその意味でも信頼性は高いだろう。それにしてもショットガンはアツいね。因みにスラムファイアだけど、KTWのイサカでは出来ないらしい。というか出来るエアガンは無いようだ。ガスガンでは東京マルイのM870タクティカルがスラムファイア機能を搭載している。しかしガスはねぇ・・・。そもそもポンプ式を敢てガスで作るっていうのもどうよ?って感じな訳だ。ガス代はかかるし冬場は弱いし。まあ、ポンプを軽くすることが出来るからスラムファイアも可能だろうが、私はあまりぐっと来ないねー。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)














 KTWのM37私が欲しいのはライアットなんだよね。んで、動画でライアットのものを集めたんだけど、さすがに決め打ちし過ぎてあまり出て来なかった。そこでその他のKTW M37の動画も入れてみた。しかしカッコいい。













 さらに今回はまとめ記事ということでKTW M37ライアットのみであるがレビューを集めてみた。


KTW M37イサカライアットレビュー
KTW
Combatdoll BLOG
幻影回帰線
サバゲチーム PLATOON Blog
戦民思想
Every day?


 KTW M37の長所は
〔臣羸催戮異常に高い。これはスナイパーライフルレベルである。オプションで売っているマウントベースは是非購入しておきたいところだ。
表面処理とライアットに関しては銃身がアルミ削り出し、本体が亜鉛合金製と剛性が高い。

 同短所
.泪ジンの装填方法に問題がある。スペアマガジンが持てないのは当然としてもマガジンを装填する時にもこぼれることがある。

 ここらへんが私がネットで調べた長短なのだ。短所であるマガジンの装填に関してはまほうの杖forITHACA -RIOT-を購入すると良さそうだ。まあ、実際、M37を購入してみてマガジンの装填が不便でなければ不要だけど。こういうアイテムがあるというのはありがたいね。これ以外には特に短所は無いようだ。あとはショットシェルが良かった、6発同時発射がいい・・・等々はあるがこれは各人の好みだね。私はショットシェルであって欲しかったが散弾機能はいらない。


KTW イサカM37 ライアット ショットガン コッキングエアーガン・エアガン



商品の説明
 今回、ドンサン製のイサカM37にこのモデルが加わったわけですが、 これは、単なるバリエーションの展開ではありません。 ABS樹脂製のレシーバーが新規金型で亜鉛合金製に替わり、アウターバレルはアルミ棒の1本削りで仕上げています。 ストックが木製になり、従来のイサカとは全く別の作品となりました。 ■全長:1020mm ■重量:2600g ■口径:6BB ■装弾数:72+6 ■機構:ポンプアクション・エアーコッキング ■ストック:ブナ材オイル仕上げ ■付属:スペアマガジン ※18才以上用エアガン




↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック