不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

357_Magnum 今日は懐かしのコクサイM19コンバットマグナムガスガン。これは1989年に発売されたリボルバータイプのガスガン。時期によって多少違いがある。初期のものはシリンダーが実銃と同じ構造になっており(つまりはシリンダー状になっている)、見た目が実銃に見えるという理由のようだが、後期型は自主規制でインサートのようなものが入れられている。あくまでも自主規制なので違法ではない。以上の理由から当然のように初期型は貫通シリンダーモデルと言われ人気がある。(画像はwikipediaより転載)


 実銃についてはこちらS&WM19


 リボルバーのコクサイと言われただけあって形状はリアルの一言。分解してみれば分るが内部構造まで極力実銃に似せているという凝りようだ。もちろん実銃とガスガンの構造は特にリボルバーでは全然違う。それを似せて作るというのはどれ程のこだわりなのか知れようというもの。コクサイの本領発揮の一作であった。しかし、肝心の性能の方はというと・・・。正直、良いとは言えなかった。正確に測定したことが無かったので何とも言えないが、5mで10僂療に集まるかどうか・・・という感じだったと記憶している。


 それでも私はこの銃が妙に好きで2丁も購入してしまったのだ。当時中学生だった少年が2丁買うというのは大変な出費なのだ。それでも買ってしまう程気に入っていた。とにかくリボルバーが好きだったのだ。去年ヤフオクで全部売ってしまったので、今は新しいユーザーの下で大切にされていると思う。因みにヤフオクの良いところって、落札してくれた人もファンだから絶対大切に扱ってくれるというところだろうなぁ。やっぱり何年も自分の手元にあった銃というのは愛着が湧くのだ。それはそうと動画があったので観てみよう。







 そして各レビューのサイト。基本的に初期型が多い。


各レビューサイトのリンク

三十路工廠の別の顔

ヒーローは誰だ!! 2nd stage

Mamosun's R1R
     
元中古エアガンオンライン販売 TAILGUNNER
     
disintegration
     
A Mind Beside Yourself ?
     
langeの趣味
     
れおっちゃんの平凡ブログ
     
片羽國雄の執筆室より
     
小俣光之ホームページ
     
お手軽モデファイ道
     

 以上、突然懐かしくなってコクサイM19の特集をしてしまった。みているとみんな大切にしているのが分る。私の銃は使い過ぎてボロボロになってしまった。でもその傷にも全部思い出があり、一つ一つの傷がどうしてついたのか全部覚えている・・・これは嘘。ということでまた明日。

↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック