ルガーマーク

(画像はwikipediaより転載)

 

 銃の人気にはコレクション的な人気と実用品としての人気の二種類がある。ルガー・マーク気聾綣圓諒だ。ガンファンに固定ファンが付いているような銃ではないが、1949年に発売されて以来、現在でも生産されている高性能で実銃は人気の高い製品だ。

 

マーク機兵遜董

 

性能

口径  22(5.7mm)
全長 225mm
重量 972g
装弾数 10発
作動方式 ストレートブローバック

 

概要

 スタームルガー社は1949年、銃器設計者であるビル・ルガーと友人のアレクサンダー・スタームが共同で創設したアメリカの銃器メーカーである。そのルガー社が最初に開発したのがルガー・マーク気任△襦このルガー・マーク気22口径のストレートブローバックの銃でフレーム等に大幅なプレス加工を施した銃で発売後爆発的な人気となった。

 

 

構造

 構造はシンプルなストレートブローバックである。ストレートブローバックとは自動装填システムの一つでハンドガンが自動装填をするときに通常はカートリッジの発射時ガス圧を利用する。大口径の場合、ガス圧が高すぎそのガス圧で直接スライドを後退させてしまうと危険であるため時差をつけるが、22口径のような小口径の場合はその心配がないため直接ガス圧でスライド(ボルト)を後退させる。これが最もシンプルな自動装填機構であるストレートブローバックである。

 ルガー・マーク気呂修離好肇譟璽肇屮蹇璽丱奪機構を採用、シンプルな構造をプレス加工を多用した工法により製造している。この構造は日本の南部式拳銃の影響を受けているといわれるが、コピーではなく撃鉄が南部式拳銃がストライカー方式なのに対してマーク気脇眤▲魯鵐沺縞式である。その他、マガジンキャッチ等の仕様も異なっている。

 

バリエーション

 1949年10月に最初に発売されたモデルは、当初は単に22オートマチックと呼ばれていたが、後に4 .25インチスタンダードモデルと呼ばれるようになる(のちに4インチモデルも発売される)。1950年にはターゲットモデルと呼ばれる調整可能なリアサイトを装備した6インチ、10インチモデルが発売される。1963年にはターゲットモデルに肉厚なバレルを装備した5.5インチブルバレルモデル、さらに6インチヘビーバレルモデルが発売された。

 特殊なモデルとしては精密射撃用に改造されたものがある。これはターゲットモデルにマズルブレーキを装着、さらにベンチリブを装着したものであるがあまり普及しなかったようだ。

 

特徴

 性能は平均的。装弾数10発というのはこのクラスの平均的な装弾数だ。重量はウッズマンよりも重く1垓瓩ある。さらにターゲットモデルともなると1.2kgとコルトガバメント並の重量になる。射程距離は90mと長い。これは22LRの特徴と考えた方がいいだろう。

 結局のところ、このマーク気亙振囘な拳銃なのだ。では何故爆発的な人気になったのかというとその値段だった。頑丈で高い命中精度を持つ割にプレス加工を多用したことにより値段は格安。人気が出ないわけがない。重量が重いのも高品質の表れと考えることも出来る。

 

スタームルガー マーク機淵肇ぅン)

 

 トイガンではかつてCMCから発売されていた。CMCとは正確には東京CMCであったと思う。かつてあったモデルガンメーカーだ。御徒町の現在のアンクルの近くに直営店ももっていた。とにかくリアリティを追求する優れたメーカーであった。

 エアガンでは販売されているのは私が把握している限り、マルシンとKJワークスの2社。どちらもガスガンでブローバックしない固定スライドモデル。マルシン製はマーク気肇沺璽気離汽ぅ譽鵐機璽皀妊襪存在する。

 

マルシン Mk1 ノーマルバレル ブラック ヘビーウェイト

 日本のモデルガンメーカーの老舗マルシンの製品。Mk1のノーマルモデル。材質はHWなので重量感はある。トリガーが重いものの命中精度は高い。実銃同様、スタンダードなガスガンだ。

 

スタームルガー MK1 ブルバレル ABS ブラック

 同じくマルシンの製品。こちらはブルバレルモデル。ABS製なので若干軽いが多少リーズナブル。性能は高い。Mk1は海外製モデルも発売されているが、ガスガンの場合はまだ日本製を選んだ方がいいと思う。やはり海外製は細かいパーツの精度や耐久性に問題ありな場合が多い。

 

まとめ

 

 ルガー・マーク気魯好拭璽爛襯ー社の第一作であり、現在でも生産されてる安定した人気のモデルだ。スタームルガー社の製品は安価で頑丈、無骨だが高品質というのが一般の印象だろう。ルガー・マーク気呂修瞭団Г料瓦討鯣えている完成度の高い銃だ。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング