不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Walther_P99_9x19mm 今日紹介するのは、ワルサーP99。9mm拳銃。どうも007がPPKから機種変したらしい。しかしジェームズボンドが9mm拳銃を持つというのはどうなのか・・・。それはそうとこの銃、ワルサー社初のポリマーフレーム採用拳銃だそうでユーザーによると結構便利な拳銃のようである。このP99をみてみよう。(画像はwikipediaより転載)




性能

口径 9mm
銃身長 102mm
ライフリング  
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 16発(初期)、10発(米国弾数規制対応)、15発、20発
作動方式 ダブルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 180mm
重量 750g
発射速度  
銃口初速 408m/s
有効射程 60m
(wikipediaより転載)

概要

 ワルサーP99(Walther P99)は、ドイツの銃器メーカーであるワルサー社(Walther GmbH : 創始者カール・ヴァルター)が1996年に開発した自動拳銃。ワルサーP38の後継モデル開発に失敗し続けたワルサー社が、ウマレックス(Umarex)社に買収されて以降にリリースされた。

特徴

 P99は、ワルサー社初のポリマーフレームを採用した。グロック17やH&K USP等、先行する他社のポリマーフレーム拳銃を参考にし、独自の改良を施している。フレームが一体成型されている他のポリマーフレーム拳銃と異なり、グリップ後部のバックストラップと呼ばれる部品が交換式となり、使用者の手に合うよう形状を3段階に変更できる。
 露出した撃鉄を持たないハンマーレス型となっており、目視や指による触感で撃発可能な状態か確認できるよう、スライド後端からストライカーの一部が突き出す構造になっている。装填についても、薬室内に弾薬が装填されるとスライド側面のエキストラクターが動き、後端に赤い印が現れることで目視と接触による確認が可能になっている。
 バリエーション展開として、S&Wによるライセンス生産モデル「SW99」、炭酸ガス式の空気銃(日本では実銃扱い)「CP99」、そして日本向けモデルとしてマルゼンと契約したエアソフトガンなどが存在する。007の主人公ジェームズ・ボンドが愛銃をワルサーPPKからP99に換えたのを記念した特注モデルもある。
初期に生産されたものの中には各部品の耐久性に問題があるものが混入していたため、当時を知る銃砲店員からは評判が悪い。
 ドイツが警察用ピストルとして認定しているが採用した州は少なく、民間販売も振るわないとされているが、2006年度の初頭には、ヘッケラー&コッホを破り、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州警察とドイツ税関本部の実行部隊が、ダブルアクションオンリーモデルである「P99DAO」を制式採用した。ポーランドでは、軍や国家警察の次期制式拳銃に、国産ではなく、現行型の本銃を選定したと公式発表した。
 ドイツ以外にもポーランドのラドム社でも生産されており、ポーランド製のものはスライド部分にFBの刻印がある。
(wikipediaより一部転載)

 
 しかしジェームズボンドは何故ワルサー社製の製品を使い続けるのだろうか。最初期はベレッタを使用していたなあ。こう考えると旧枢軸国の銃ばかりだ。確かにイギリス製の銃にはあまり名作は無かったような気がする。となると次は日本の銃にするのかな。でもジェームズボンドがニューナンブとか使っていてもイメージがなぁ・・・。こういう話はどうでもいいのだ。このワルサーP99、当初の評判は芳しくなかったようだが、結局、ドイツでは警察と税関が正式採用したのだから性能は良かったのだろう。つーか、H&Kに勝ったというのがすごい。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)













 トイガンではマルゼンが発売しているのみだなあ。外国のメーカーが販売しているかもしれないけど、私は外国のメーカーってあまり興味ないんだよね。このマルゼン製ガスブロだけど、マルゼン製は評判がいいよね。昔から結構性能は良かった気がする。ただ外観のリアリティが今一つだったんだけど(80年代の話ね)、90年代初頭位から突然完成度が高くなった。結構マルゼン製品っていいんだよね。ということで動画を観てみる。













 ということで今日はワルサーP99をみてみた。私はどうしてもポリマーフレームの銃には愛着が持てないのだが、私が実際戦場に行くとか使用するとなれば迷わずポリマーフレームの銃を手に取るだろうね。ただ、ポリマーフレームは経年劣化が心配だよね。やはり30〜40年位で使えなくなるものなのだろうか。まだ問題になっていないから分らないねー。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック