不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)



 今日紹介するのはコルトローマン。アメリカでは超マイナーな銃らしい。逆に日本では一時期は超メジャーな銃だった。私もMGC製のモデルガンを一丁所有していた(2000年頃に捨ててしまった。もったいない。)。口径は38口径。357マグナムを使用することもできる。見た目からして頑丈な銃なのだ。2インチモデルが日本では一番馴染みが深いのではないだろうか。今日はこのコルトローマンを特集してみた。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 .357口径(約9mm)
使用弾薬 .357マグナム弾/.38スペシャル弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
全長 190mm
重量 992g
(wikipediaより転載)

概要

 コルト社の高級リボルバーとして知られるパイソンとは違い低価格であるが、暴発を防ぐ機構「セフティコネクター」や新型のトリガーメカニズムを導入するなど、内部に関しては改良が加えられている。
 「ローマン」(法執行人)の名が示す通り警察向けの拳銃として設計されており、従来のコルトリボルバーと比較すると銃身の肉厚が増やされている。弾薬として.357マグナム弾も使用でき、特に2インチモデルは小型でありながらもマグナム弾の発射が可能な拳銃となっている。
 バリエーションとしてはエジェクターロッドシュラウドを持たない前期型とシュラウドを持つ後期型がある。その他に、.38スペシャル弾専用モデルの「オフィシャルポリス」や可変リアサイトを装備した「トルーパー」(下記で詳述)などが製造された。1980年代には「ローマンMk掘廚蓮基本設計はそのままでメカニズムに改良を加えた「MkVシリーズ」に更新され、「ローマンMkV」となった。
 現在のアメリカにおいては非常にマイナーな機種となっているが、日本においては1970年代~1980年代の刑事ドラマに多く登場する拳銃なため知る人ぞ知るという存在だが、実際に日本の警察に使用された記録はないとされている。
(wikipediaより一部転載)


 コルト社が開発した357マグナムの低価格モデルであるが、スタームルガーのリボルバー等に比べると当然高かっただろう。この中途半端さがマイナーになった理由なのであろう。しかし構造はコルトの最新のリボルバーの機構に近く、パイソンのようにリーフスプリングを使用せず、コイルスプリングを使用している。全体のスタイルははっきりいって野暮ったい。しかし頑丈であることは理解できる。そもそも2インチの銃で357マグナムを発射するというのはかなり無謀なことなのではないのかな。それはそうと動画を観てみよう。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


喋りながらひたすら撃つ。撃つ。撃つ。

レビュー。

ニッケルメッキモデル。

2インチモデル。後期型。

ゲームのような視界。



 ところでほとんどの動画がシングルアクションで発射しているのはどうしてなんだろう。やっぱり撃ちやすいのかな。4インチの動画が多かったが、2インチはやはりローマンの中では一番スタイルが良い気がする。これは私がローマン2インチに見慣れているだけなのかもしれない。トイガンでは各社が発売していた。MGC、コクサイ、ハドソンが主な会社だろう。他にもありそうだがたぶんこのくらい。


何と5秒。

動画が凝っている。

いろいろなローマンを撃っている。



 ローマンの動画は3本しか見つからなかった。あまり人気がないのかもしれない。昔はやったからもっといっぱいあると思ったんだけどねぇ。それはそうとローマン。なんか懐かしい銃だった。私が憧れている70年代後半のトイガンの世界からやってきた銃だもんね。時間が経つと何でも良かったような気がするのは私が年を取ったせいなのか。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック