BerettaM1951
(画像はwikipediaより転載)

 


 なんだこの銃は。という声が聞こえてきそうな銃なんだけど、M1951は、ベレッタM92Fの母体となった銃でベレッタ社初の大型オートである。構造はいたってシンプルだが当時としては画期的なもので現在のベレッタM92、クーガーのベースとなったハンドガンだ。

 


M1951(実銃)


 


性能



口径 9mm×19
銃身長 114mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8発+1
作動方式 ショート・リコイル
シングル・アクション
全長 194mm
重量 935g
(wikipediaより転載)

概要



 ベレッタM1951 (Beretta M1951) はイタリアの銃器メーカーであるピエトロ・ベレッタ社が開発した自動拳銃である。1953年から1980年まで生産され、ベレッタM92が制式採用されるまでイタリア軍の制式拳銃であった。ベレッタ社ではM1915以来、スライド上部を切り取ってバレルを露出させるという形式を続けており、それはM1951でも継続されている。この大きく切り取られたスライドはバレルの放熱という点でも有利だが、スライド自体が軽いことで反動の軽減にも役立っている。
(wikipediaより一部転載)

 


 ベレッタ社初の大型拳銃であり高威力の9mm弾を使用する。マガジンはシングルカラムで装弾数は8発、セイフティはグリップ側面上部に設置されている押しボタンタイプのものだ。

 


 シングルアクションであるのものの、バランスの良いシンプルな拳銃だったのだろう。世界各国で正式採用された上にライセンス生産までされていた。

 


 このM1951は画期的な銃としてイタリア軍に制式採用され、さらに警察、イスラエルやエジプト、イラク軍にも制式作用された。

 


M1951A(またはR)


 ベレッタM1951のバリエーションとしては、フルオート機能搭載のM1951A(Rとする資料もあり)がある。これはM1951にフルオート機能を搭載し、さらに銃身下部にフォアグリップを付けたものだ。

 


 フォアグリップは太い木製で前面部にはフィンガーチャンネルが付いている。装弾数は10発に増加され、さらに15連マガジンも開発された。無論8連マガジンも使用可能である。

 


M1951エジプト・タイプ


 1957年にエジプトからの発注で、銃身を長めにしリアサイトが角型に変更された。さらにグリップ側面にあったマガジンキャッチをグリップ下部に変更。さらにランヤードリングが付けられた。グリップ後部はストレート仕様となり、グリップパネルはチェッカリングに変更された。

 


M52スペシャル


 7.62mm口径の射撃競技専用に開発されたモデル。装弾数は8発で全長は4センチほど延長されている。

 


M51/57ベルハマ


 銃身を長めに変更しアジャスタブルリアサイトを装着した。グリップはサムレスト付きのもので口径は9mm、装弾数8発。

 


M1949オリンピック


 ベレッタ社初のターゲットピストルである。22LR弾仕様で銃身長は201mm、マズルコンペンセイターとバレル下部にバランサーが装着されている。

 


M92


 M1951をダブルアクション化し、ダブルカラムマガジンを採用したモデル。これがさらに改良されてM92Fとなる。

 


M1951(トイガン)


 トイガンでは発売されていない。

 


まとめ


 この銃はなんたって重量が気になる。どうしたらこんな重量になったのだろうか。まあ、鋼鉄製で分厚く作ったのだろう。そう考えると頑丈で長持ちしそうだけど。そういえば私の友人で海自で武器を管理していた奴が銃は戦前の物の方が品質が高いと言っていた。私もそう思う。ポリマーとかはモリブデン鋼に比べて劣化が早いだろうし。

 



↑良かったらクリックして下さい。