不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

250px-Beretta_951 なんだこの銃は。という声が聞こえてきそうな銃なんだけど、この銃、ベレッタM92Fの母体となった銃だったはず。ちょっと正確じゃないかもしれない・・・ごめんなさい。それはそうと、シンプルな拳銃でベレッタ社としてはそこそこの傑作銃といっていいんじゃないかな。そこそこの傑作銃ってどういう意味か分からないが・・・。ということで今日はこのM1951をみてみよう。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 9mm×19
銃身長 114mm
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8発+1
作動方式 ショート・リコイル
シングル・アクション
全長 194mm
重量 1300g
銃口初速 349m/s
(wikipediaより転載)

概要

 ベレッタM1951 (Beretta M1951) はイタリアの銃器メーカーであるピエトロ・ベレッタ社が開発した自動拳銃である。1953年から1980年まで生産され、ベレッタM92が制式採用されるまでイタリア軍の制式拳銃であった。
M1951はM951とも呼ばれ、またバリエーションとしてフルオート射撃が可能なM1951R(M951R)も存在する。M1951Rの装弾数は10+1発。M1951の口径は9mm×19、使用弾は9mmパラベラム弾、装弾数はシングル・カラム・マガジンによる8+1発である。

特徴

 ベレッタ社ではM1915以来、スライド上部を切り取ってバレルを露出させるという形式を続けており、それはM1951でも継続されている。この大きく切り取られたスライドはバレルの放熱という点でも有利だが、スライド自体が軽いことで反動の軽減にも役立っている。
 作動方式はワルサーP38を参考にしたショートリコイルで、ベレッタ社が初めてショートリコイル形式を導入したモデルとなったが、ダブルアクションの搭載には至らなかった。またスライド上部の切り取りによって、ジョン・M・ブローニング方式のショートリコイルメカニズムは搭載出来なかった。
 当時のベレッタ社の基幹拳銃であり、イスラエル、エジプト、シリア、イラク、パキスタン、リビアなどでも制式採用されており、イスラエル、エジプト、イラクではライセンス生産もなされていた。
全体的な操作性に難があったといわれているが、当時としては標準的な形式だった。
(wikipediaより一部転載)


 シングルアクションであるのものの、バランスの良いシンプルな拳銃だったのだろう。世界各国で正式採用された上にライセンス生産までされていたのだから。ただこのスペックのなかで驚いちゃうのは、重量が1.3圓S&WM29、6.5インチ並の重量がある。口径は9mmでしょ?重量ありすぎなんじゃないの?と思ってしまうのだが。このM1951はフルオートモデルも存在していたということだが、フルオートモデルとしてはこの重量は歓迎すべきものなのかもしれない。ということで動画をみてみよう。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)

古き良き製品。

おじさん嬉しそう。

マガジンの構造が良くわかる。

寒そう・・・。



 ちなみにトイガンでは発売されていない。まあ、当然と言えば当然だが。この銃はなんたって重量が気になる。どうしたらこんな重量になったのだろうか。まあ、鋼鉄製で分厚く作ったのだろう。そう考えると頑丈で長持ちしそうだけど。そういえば私の友人で海自で武器を管理していた奴が銃は戦前の物の方が品質が高いと言っていた。私もそう思う。ポリマーとかはモリブデン鋼に比べて劣化が早いだろうしね。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック