H&KMk23
(画像はwikipediaより転載)

 


 謎の銃、ソーコムマーク23なのだ。まあ、もちろん謎というのはあくまでも私にとっては謎ということなので別に銃自体が謎な訳ではない。私が謎だと思うのはこの銃、妙にデカくね?ということなのである。45口径オートにしては重量1.6圓辰討匹Δ茵全長24.5僂辰討匹Δ茵という謎だらけのこの銃(私にとっては)、いったい何なの?ということで今日はソーコムマーク23をみてみたい。

 


MK23 MOD0(実銃)


 


性能



口径 45口径
銃身長 149mm
ライフリング 6条ポリゴナル・プロフィール
使用弾薬 .45ACP弾
装弾数 12発
作動方式 ダブルアクション
ティルトバレル式ショートリコイル
全長 245mm
重量 1210g
銃口初速 270m/s
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

 


概要


 MK23の特徴は、特殊な改造無しでサプレッサーが装着出来るように銃口がネジ式になっていることである(民間用モデルにもネジが切られている)。ただ、MK22ハッシュパピーのようにスライドロックが出来無いため、消音効果は限られている。プロトタイプモデルPhase1にはスライドロックが存在していたが、Phase3にて不必要と判断されオミットされている。また、銃口下部にはAN/PEQ-6と呼ばれる可視レーザーもしくは暗視装置装着時の照準に使用する赤外線レーザーを照射できるLAM(レーザー・エイミング・モジュール)を装備するためのレールが付いているのも特徴である。。
(wikipediaより一部転載)

 


 MK23は命中精度は高いもののその巨体故特殊部隊員達には好かれてはいないようだ。現場の声を聴いていないのかな。実際使用する立場になったらこの巨大な銃は本当に困ると思うのだが。

 


 いろいろなオプションがつけられていいかもしれないけどねぇ・・・。それはそうとベースモデルは私が最近お気に入りのUSPピストルではないですか。

 


 まあ、似ているよね。でもUSPピストルの方がスタイルが洗練されているような気がする。この銃、何用なんだろうか・・・。でもちょっとだけかっこいい。

 


MK23 MOD0(モデルガン)


 トイガンでは東京マルイ、KSCを始め多くのメーカーがモデルアップしている。KSC製なので性能は良いだろうが、発売年が恐らく2002年前後なので少し古いかもしれない。

 


 最新モデルでも05ハードキックなので現在の07ハードキックより一世代(たぶん)古い。スライドが大きい上、現在のエンジンより性能が劣るエンジンを搭載しているため若干スライドの動きが遅いようだ。

 


 東京マルイは固定スライドガスガン、エアーガンが発売されており、SS、umarexが発売している。umarexは恐らくKSC系列の製品だろう。

 


 東京マルイの固定スライドガスガンは割と評判が良い。命中精度は高い上に固定スライドガスガンで発射音が小さいという。

 


まとめ


 ソーコム。意外とカッコいいのだが、実銃についていえば、さすがにこれだけの大きさと重量で口径が45口径というのは少しアンバランスだね。命中精度はすごくいいらしいがもう少し小型化する必要があったのだろう。結局、あまり使用されていないようだ。しかしこれって採用前に分るよーな気がする・・・。でもガスブロのソーコムはかっこいいのだ。

 


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング