不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Beretta_93R 今日紹介するのは、対テロ部隊用特殊装備。ベレッタM93R。この銃は実銃ではかなり特殊で一般人はまず手に入らない。拳銃でありながら3点射が出来るという特殊拳銃なのだ。外国ではマイナーな銃なのだが、日本では伝説の名銃なのである。今日はこのベレッタM93Rについてみてみよう。(画像はwikipediaより転載)



性能

口径 9mm
銃身長 156mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 20発
作動方式 シングルアクション
プロップアップ式ショートリコイル
全長 240mm
重量 1,170g
銃口初速 372m/s
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要

 ベレッタ93R(Beretta 93R)は、イタリアの銃器メーカーであるピエトロ・ベレッタ社が1977年に開発した対テロ用マシンピストルである。
 当時のイタリアでは、年々凶悪化するテロや誘拐犯に対抗するため、要人警護では高い制圧力を持つアサルトライフルや短機関銃などの重火器が必要とされていた。しかし、実際に警護の対象となる要人は、社会的なイメージの問題から重装備による警護を忌避する場合が多く、そのため、拳銃サイズでありながら高い制圧力を兼ね備えた銃が必要となり、この93Rが開発された。
 M1951Rの後継機種であり、ベレッタM92をベースとしてロングバレル化・ロングマガジン化され、フォールディングストック(折り畳み式の姿勢支持用ストック)も装着でき、セミオート(単射)・3点バースト(3点射)が切り替え可能なモデルとなっている。
 口径は9mm(9x19mmパラベラム弾)、装弾数はダブルカラムマガジンによる20+1発である(通常の15発マガジンも使用可能)。

特徴

 ベースがベレッタM92であるため、ショートリコイルの形式、上面が切り取られたスライドなど、類似点は多い。
M1951Rの後継機種として開発された93Rには、M1951Rと同じ特徴がいくつか見受けられる。

対テロ用マシンピストルとしての開発。
ベースモデルのロングバレル・ロングマガジン化。
フォアグリップの装備。

 などがそうであるが、M1951Rと93Rで決定的に違うのは「フルオート機構の廃止・それに代わる3点バースト機構の組み込み」である。
 拳銃におけるフルオートというのはストックがあっても制御がしづらく、また、マガジン自体が短機関銃に比べて小さい(装弾数が少ない)ため、使いこなすには非常に高度な訓練を必要とした。それに対し3点バーストは「バースト時の制御が比較的易しくなり、弾の消費も節約できてセミオート(単射)よりも高火力」という利点があった。このため、93Rではフルオートが3点バーストへ変更になり、また、初弾射撃時の衝撃によって次弾の狙いがずれることを考慮し、連射サイクルが非常に速くなっている。
 バレルの先端には特徴的なガスポートが開いており、ここから噴出するガスの圧力によって銃口の跳ね上がりを抑える効果がある。また、このガスポートの形状は、初期型(長方形6つ)と後期型(菱形3つ)の2種類が存在する。
 93Rは3点バースト機能付きのため民間用に販売はされておらず、公的機関からの需要があった時のみ生産・供給されている。
(wikipediaより一部転載)


 実際、フルオートよりも3点射の方が実戦的なのだ。実戦でもフルオートで射撃することはあまりないらしい。単射か単連射(2〜3発)で撃つのが国際スタンダードらしい。そう考えるとこのベレッタM93R、非常に有効な銃だと言える。重量も1團ーバーという重量やガスポート等、コントロールしやすいし、G18よりも使い勝手がいいのではないのかな。フォアグリップが装備されているのも良い。少し大型なのが難点ではあるが。ということでいつものようにyoutubeの動画を観てみたい。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


すごいよく出来ている動画。

ベレッタM93R二丁とは豪気な。

ストック付。

ロングマガジン。



 トイガンではモデルガン、ガスガン共に発売されている。ベレッタM93Rが一番有名なのは日本じゃないのかな。モデルガンではKSCが発売している。KSCの製品なので完成度は問題がないだろう。ということでKSCの動画を観てみる。


気持ちいい作動。

ロングマガジン自作。この動画、観ていると快感♪

コンペンセイター自作。

分解〜。



 ガスガンでは伝説のMGC製モデルが日本で最初に発売されたM93Rだろう。これはMGC初のガスガンだそうだ。性能もかなり良かったようで大ヒットしたのだった。これ以降、日本ではベレッタM93Rは超メジャーな銃となったのだ。次に発売したのはマルゼンだったはず。これはフルオートが可能でガスは外部タンクから取ることも出来たはず。それと近年、東京マルイが電動フルオートで発売している。あとオート9だったらWAも発売していた。それとKSCが発売している。現在手に入るのはこのKSC製とWA製のオート9だけじゃないのかな。ということで動画を観てみたい。


3バーストいいねー。

箱出し。楽しそう。

マルイ製電動ガン。すごい破壊力。

懐かしの名銃。MGCベレッタM93R。

この人は本場のシューティングマッチでも優勝できそうだ!



 今日はベレッタM93Rをみてみた。はやり子供の頃夢中になった時のトイガンがテーマの時は書いていて楽しい。ブログの記事人気ランキングでも楽しく書いている記事が軒並み上位に入っているのは関係があるのかな。それはそうとベレッタM93R、動画を観ていると無性に欲しくなる。あのカクカクしたデザインとホールドオープンした時の姿がたまらない。むふふ。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック