不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-HK_P7M8_Cortland今日、紹介する銃はいいよ。H&K P7。今のガンファンにはあまり馴染みが無いかもしれないけど、80年代、90年代には結構有名な拳銃だった。デザインは近代的でポリマーフレーム製っぽいけど使っていない。独特のスクイズコッカーという機構を使っていることから賛否が分かれるが好きな人は熱狂的なようだ。今日はこのK&K P7についてみてみよう。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 9mm・.40S&W・.45ACP(試作品のM7モデル)
銃身長 105mm
ライフリング  
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾、.40S&W弾、.45ACP弾(試作品のM7モデル)
装弾数 8発・10発・13発
作動方式 ダブルアクション、ガスディレードブローバック
全長 171mm
重量 780g
発射速度  
銃口初速 350m/s
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要

 H&K P7は、ドイツの銃器メーカーであるヘッケラー&コッホ社が開発し、2007年まで製造(販売は2009年4月現在も継続中)していた自動拳銃である。
 P7はH&K社特有の独自構造を持ち、1976年に西ドイツ警察の制式拳銃、PSP(Polizei Selbstlade-Pistole)トライアルに提出され、ワルサーP5、SIG/SAUER P6(市販名P225)と共にP7として採用された。初期にはPSPの名称だったが、トライアルの際に警察側がつけたP7が商品名として使われている。

特徴

 P7は第二次世界大戦末期にドイツで製造された国民突撃銃(Volksgewehr,国民銃という名称の省力型決戦用兵器)のガス遅延式ブローバック方式を応用したガスシステムを採用している。
 本銃より数年前に開発されたSteyr GBでは、国民突撃銃と類似した設計のガスシステムを採用していたが、P7はガスシステムを小型にして銃自体の小型化に成功。 本銃の銃身下部に銃身とは別に設置されたシリンダーがあり、遊底前部に取り付けられたピストンがこのシリンダーに嵌合する構造となっている。
 弾薬の発火直後、発射ガスの一部が薬室直近に空けられたガス導入孔を通じてシリンダーへ流れ込み、弾丸が銃口を離れ銃腔内の圧力が低下するまでの間、遊底の後退速度はガス圧によって抑えられる。 弾丸が銃口を離れ燃焼ガスの圧力が下がるとシリンダー内の圧力も下がり、遊底の後退を遅らせていたピストンへの圧力も弱まるため、薬莢と遊底は自身の慣性により後退する。
 ガス遅延式は、銃腔内に弾丸があり高圧の間のみスライドの後退速度を低下させ、圧力が低下すると同時に遊底の後退速度の制御がなくなるという構造のため、弾薬の威力の強弱に対応しやすい遅延方式であるとされている。 撃発直後に火薬ガスの一部がピストンに流れ込むが、ガスピストン部も密閉された構造でありVP70のような腔圧の低下による顕著な弾速の低下は生じない。
 発射ガスを利用するピストンは引き金の付け根にあり、初期のP7では引き金を引く指が火傷を負う場合があり、改良型のP7M8以降には引き金の付け根に火傷防止のプラスティック製ガードが付いている。

スクイズコッカー

 P7の最も特徴的な機能としてスクイズコッカーという機能が挙げられる。これは、グリップを握ると撃針(ストライカー)が撃発位置まで後退し射撃が可能となり、グリップを緩めスクイズコッカーを放せば安全状態になる機構で、射撃の開始と安全性を両立させた機能である。
スクイズコッカーは握り込む際には力を入れる必要があるが、射撃中の保持には最初の操作ほどの力は必要としない設計となっている。
 ダブルアクションの自動拳銃では通常、撃鉄を落とした状態で携行し、緊急時などに発砲の際には撃鉄を指で起さず、重い引き金を長い距離を引き射撃するため、初弾の命中率が低下する問題がある。 逆にシングルアクション自動拳銃では通常、撃鉄を起こし安全装置を掛けた状態で携行し初弾発砲時も軽い引き金を操作することができるが、撃鉄を起こしたままの携行には安全性の問題が生じる。
 これに対してスクイズコッカーは、携行時はダブルアクションと同等の安全性を確保し、初弾発砲時にはシングルアクションの軽い引き金で操作できる利点を有する。 また、スクイズコッカーはスライドストップを解除する役割も担っており、最終弾を発射後に弾倉を交換し、スクイズコッカーを握り込めばスライドは開放され初弾が薬室へと送られる。 しかし、他の銃との操作性が大きく異なり操作の習熟に時間を要し、グリップの大型化を招く等の欠点もありP7以外での採用例はない。
(wikipediaより一部転載)


 このP7、性能は抜群に良いらしい。しかし、スクイズコッカーを採用したのが原因なのか、グリップが随分平べったい。握っていみると握りにくくは無いらしいのだけど、最近の人間工学を利用したデザインの銃からしてみるとやはり使いづらいのだろうね。因みにP7はシングルカラムマガジン。ダブルカラムマガジンのM13というのも販売されているがこれはさすがに握りにくかったようだ。それとP7には40S&W弾使用モデルが存在するが、高いガス圧の40S&W弾を使用するためスライドが頑丈になっておりP7のスマートなスタイルが犠牲になってしまっている。ということで動画を観てみよう。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


銃を捨てちゃう。射撃音は後で入れたのかな?

ひたすら撃つ。

英語の解説だけど聞き取りやすい。

木製グリップ。

銃を大切にしている人。



 このP7モデルガンでは発売されていない。エアガスガンではMGC、東京マルイがそれぞれガス、エアーで販売している。一番最初にモデルアップしたのはMGCでチョイスしたモデルはM13。90年代前半に発売された(92年のようだ)。当時、ガスブロが出てきたころで未熟な機構だったけど、ガスブロがポチポチ出てきたのだ。何故ガスブロの話をするかというと何と、このMGC P7、ガスブローバックなのだ。そしてHW素材で作られているという現在のガスガンと同様設計なのだ。もちろん性能は遠く及ばない。それは当たり前、技術が進歩しているのだからねー。


 このMGCのP7、確かスライドストップがかかりにくくなるという欠陥があったと思う。これは現在のKSC製品と同じでスライドストップがスライドを削ってしまったのだろう。性能も当時としてはそれほど悪くなかったと思う。何せ当時のMGCは業界のトップだったのだ。性能も外観もぴか一だった。ということで動画を探してみた。ちょっとだけあったので観てみよう。


完成度高いなー。

まだプレシュートじゃないのかな。弾道が下がっているように見える。

射撃動画。

音がいいねぇー。

ふらーんすの方です。



 MGCが敢てM13を選んだのは当時の技術ではシングルカラムマガジンで作るのが難しかったのだろう。この時期はまたガスブロがプレシュートとレイトシュートで方式が分れていた。プレシュートというのは弾が発射されてからスライドが後退するシステムのことでこの方法だとスライドの後退が弾道に影響を与えない。しかしレイトシュートシステムだとスライドの動きが弾道に影響を与えるので狙点よりかなり下に着弾するのだ。もちろん現在は全てプレシュートだが当時はまだガスブロの過渡期だったのでMGCはレイトシュートの可能性もある。という動画を観ながらこんなこと考えておりました。懐かしいねぇー。



↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック