ワルサーP5
(画像はwikipediaより転載)

 


 ワルサーP5は今ひとつ影の薄い銃である。しかしこのP5は、あの有名な拳銃ワルサーP38の直系の後継銃である。P38のメカニズムを継承した上に近代化したモデルで1976年に西ドイツ警察に制式採用された口径9mmのシングルカラム銃である。

 


P5(実銃)



性能


口径 9mm
銃身長 90mm(P5)、79mm(P5コンパクト)
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8+1発
作動方式 ダブルアクション、ショートリコイル
全長 180mm(P5)、170mm(P5コンパクト)
重量 795g(P5)、750g(P5コンパクト)
(wikipediaより転載)

概要


 1976年の西ドイツ警察の制式拳銃採用トライアル用に製作された自動拳銃であり往年の名銃ワルサーP38のコマーシャルモデル、P1を元に開発されている。内部機構はP38/P1とほぼ変わらないが、ドイツ警察の要求から手動セフティを廃止して、その代わりにグリップ側面のトリガー直後の位置にデコッキング・レバーを装備した。そのためチャンバー内に弾丸があっても十分に安全に持ち歩け、ひとたびトリガーを引けば確実に発射されるようにした。
(wikipediaより一部転載)

 


 ワルサーP5は西ドイツ警察のトライアルのために製作された大型拳銃だ。当時、西ドイツ警察はワルサーPPKを装備していたが、1968年に結成されたドイツ赤軍のテロ活動に対して威力不足を痛感していた。

 


 ここで、ワルサー社はワルサーPPKをベースにより強力な9mmポリス弾を使用するワルサーPPスーパーを西ドイツ警察のトライアルに提出するが、西ドイツ警察が9mm弾を正式採用したために採用は見送られた。

 


 これに対し、ワルサー社はP38メカニズムを踏襲して9mm弾を使用する大型拳銃を開発、トライアルに提出した。これがワルサーP5である。このP5は西ドイツ警察に制式採用された。

 


バリエーション


 P5にはいくつかのバリエーションが存在する。まずは、ドイツ警察の訓練用として開発されたP5プラクティス。これは警察官の練習用に実弾ではなくプラスチック弾を発射するモデルである。

 


 低威力のプラスチック弾を発射するために内部が改造されている。このために実弾を発射することは出来ない。

 


 さらに銃身を長くし命中精度を高めたロングバレルモデルやP38設計50年記念モデルとして全体に彫刻を施したデラックスモデル、コンパクトモデルも存在する。

 


P5(トイガン)


 トイガンではほとんど発売されていない。マツシロがモデルガンとして発売していたのと、マルコシ(スーパー9を作っていたメーカー)がガスガンで発売していたくらいだろう。

 


↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング