不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)




 今日紹介するのは、コルトキングコブラ。80年代後半に青春を送ったガンファンにとっては懐かしい銃のはずだ。私は懐かしいのだ。この銃、コルトパイソンのパチもん等と陰口を叩かれるが、実際、動画を観ると結構カッコいいのだ。まあ、コルトパイソンのクオリティーとネームバリューには遠く及ばないが。このキングコブラ、80年代後半の漫画等にたまに登場するのだ。確かシティーハンターにもあったはず。ということで今日はキングコブラについて考えてみよう。


性能

口径 .357口径(約9mm)
銃身長 102mm
使用弾薬 .357マグナム弾/.38スペシャル弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
全長 229mm
重量 1,191g
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

特徴

 同社のコルト・トルーパーの後継として登場。パイソンと同じく.357マグナム弾を使用するリボルバーである。
基本設計はMK-Vシリーズだが内部機構(メカニズム)に改良が加えられている。
強力なマグナム弾の衝撃に耐えられるように従来のリボルバーよりも強度面を意識したつくりになっており、ボディーには錆びに強いステンレス素材を採用している。そのためシルバーカラーが標準仕上げとなっているが、表面にガンブルー塗装が施されたものもある。銃身長には2.5インチ、4インチ、6インチ、8インチの4種類があり、特に8インチモデルは拳銃での狩猟が許されているアメリカの一部の州ではスコープを搭載してハンティングに使用することも可能となっている。
(wikipediaより転載)


 ということなのだが、日本版wikipediaだとちょっと情報が少ないんじゃないかと考え、英語版wikipediaの記事も掲載してみるのだ。

 1986年に登場したキングコブラはコルト社によって設計製作された6連発中型ダブルアクションリボルバーである。販売対象者は法執行者及び一般ユーザーである。ブルーモデルとステンレスモデルが存在し、銃身長には数種類のバリエーションがあり、357マグナム、38スペシャル弾を使用する。

 キングコブラは以前、コルト社から発売されたトルーパーMK垢鬟戞璽垢砲靴得什遒気譴拭主な改良点としては、ヘビーバレル、バレル先端まで延長されたバレルシュラウドを追加し、ベンチリブは廃止された。キングコブラは1986年に発売され、1992年に製造中止した。そして1994年に製造再開し、1998年に再び製造中止され、それ以降製造されていない。

特徴

 キングコブラはコルト社の中型フレームであるVフレームを採用している。1986年〜1992年の間、コルト社自慢の鏡面仕上げであるロイヤルブルーフィニッシュのブルーモデルが製造された。1987年〜1992年、1994〜1998年にマットステンレスモデルが製造され、1988〜1992年、上位モデルとして鏡面仕上げのステンレスモデルが製造された。グリップはウォールナット製ターゲットグリップかフィンガーチャンネル付コンバットラバーグリップの2種類があり、ハンマーは大型のターゲットハンマーを装備する。照準は、レッドインサート入り固定フロントサイトそしてフルアジャスタブル白線入りリアサイトである。バレル長は仕上げによって製造時期が異なる。ブルーモデルでは4、6インチバレルモデルは1986〜1992年にブルーモデルが製造中止するまで製造され、ブルーモデルの2.5インチモデルは1990〜1992年まで製造された。マットステンレスの2.5インチは1987〜1992年までカタログに掲載されていた。2インチバレルモデルは1988〜1992年に製造中止になるまで販売された。そして1994〜1998年の間再び販売された。4、6、8インチバレルのマットステンレスモデルは1990〜1992まで製造され、1994〜1998年の間再び製造された。鏡面ステンレスモデルは、4、6インチが1988〜1992年まで、2.5インチモデルが1990〜1992まで製造された。そして8インチモデルは1989〜1992年まで製造された。キングコブラは357マグナムを使用するが38スペシャルも発射可能である。
(wikipedia英語版より転載 訳ぼくちん)


 英語版のwikipediaが異常に細かくてウケた。絶対、アメリカのオタクが書いたんだろー。ちょー細かいんだけど。ただ、日本語のサイトを検索してもここまで細かく書いてあるサイトは無かったから貴重な情報になるんじゃないかと思って訳したのだ。まあ、簡単に説明すると1986年に発売されたんだな。キングコブラは。んで、一旦製造中止され、また再販された。1998にフィニッシュ!ということである。このキングコブラ。観てもらえば判るようになかなかかっちょいいのだ。まあ、じっくり堪能してくれ。基本的に射撃シーンを選んで掲載した。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)














 トイガンではモデルガンがKSCから出ているが、現在生産されているのかは不明。ブラックモデルとマットステンレスモデル、アルティメイトステンレスモデルが販売されていたと思う。全モデルあまり大量には作られていないようだが、特にアルティメイトステンレスモデルは限定品であり(製造がすごく大変らしい)、定価で販売しているのを見かけたら私に連絡してほしい。私が買う。ヤフオクとかではビックリするようなプレミアがついているはずである。ということでこのアルティメイトモデルの動画は無かったが、他のキングコブラの動画はあったので観てもらいたい。













 ガスガンではどのメーカーからも発売されていない。唯一アオシマからエアーガンが発売されているようである。その動画があったので観てみよう。













 うーむ。ここらへんの80年代後半から90年代前半に発売された銃は完全に私の好みなのだ。この時代に青春を送った私としては懐かしくて仕方ない。キングコブラを観て興奮していた(あぶねー)時代のいろんな記憶が蘇ってくる。とても懐かしい気持ちにさせてくれるのだ。
 


↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック