不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Smith-et-Wesson-1917-p1030108今日紹介するのはS&WM1917。この銃はオールドファンなら知っているが新しいガンファンでは知らない人も多いだろう。かく言う私もM10ミリタリー&ポリスと明確に区別がついていなかった。なんか、M10の45ACPバージョンがM1917なのかなーなんてね。それはともかく、このM1917は実は2タイプ存在する。どういうことかというとM1917モデルとはコルトとS&Wが両方、全然違う構造で同名で製作していたのだー!(画像はwikipediaより転載)

性能

重量 1.1 kg(コルト)
    1.0 kg (S&W)
全長 270 mm
銃身長 5.5インチ
弾丸 .45ACP弾, .45オートリム弾(英語版)
作動方式 ダブルアクション, ソリッドフレーム, スイングアウトシリンダー
初速 231.7 m/s
装填方式 6発回転式。装填は単発ずつ、または3発クリップ(ハーフムーンクリップ)を使用
(wikipediaより転載)

概要

 M1917リボルバー(M1917 Revolver)は、アメリカで設計された2種類の.45口径6連発回転式拳銃である。制式名称はUnited States Revolver, Caliber .45, M1917(合衆国.45口径回転式拳銃M1917)。第一次世界大戦の最中、アメリカ陸軍はM1911拳銃の不足を補うため、M1911と同じ.45ACP弾を使用する回転式拳銃の調達を行った。1917年に採用されたM1917リボルバーは、主に二線級部隊や非展開部隊で配備された。M1917リボルバーの名称で採用された拳銃は2種類あり、片方はコルトが、もう片方はS&Wが設計を担った。これらは軍部の要請に基づき装填数や口径こそ統一されていたものの、全く異なる製品である。

 当時、コルトやレミントンUMCを始めとする様々な民間企業が軍との契約に基づきM1911の生産を行なっていたが、それでも供給は滞っていた。この問題への暫定的な対応として、軍部は銃器最大手の2社、すなわちコルトとS&Wに対し、「民生向けに生産している大型回転式拳銃を標準官給拳銃弾.45ACP弾へ対応させよ」との要請を行った。両社とも、.45ACP弾の薬莢抽出の為にハーフムーンクリップ(half-moon clips)という補助具を使用した。このハーフムーンクリップを開発したのはS&Wであり、特許も同社が取得していたが、軍部の要請によってコルトも自社製M1917向けに自由に使うことができた。
(wikipediaより転載)


 どういうことかというのはこの記事で大体分って貰えたと思う。要するにアメリカ軍は1911年にコルトM1911を正式採用した訳なんだけど、生産が間に合わなかったのだよね。んで、それを補うためにM1917モデルを製作したのだ。特徴はどちらのM1917も45ACP弾を使用すること、45ACPのリムレス弾を発射するためにハーフムーンクリップという独特のクリップを使用していたということだろう。このリムレス弾のリムとはカートリッジの底にあるでっぱりのこと。リボルバーに弾丸を装填するときに棒のようになっていては弾丸が落ちてしまう。ここで底に出っ張りを作り、弾丸がシリンダーで引っ掛かるようにしたのだ。しかしオートではその必要はないのでリムを持たないカートリッジが使用された。これがリムレス弾だ。


 しかし、このリムレス弾をリボルバーで使用するには、また上記のような問題が起こってしまう。そこで弾丸を3発ずつシリンダーの形に固定し2個のハーフムーンクリップを使用するとちょうど6連発のシリンダーが満タンになるようにしたのだ。文章で説明すると分りにくいが、詳しくはネットで検索してみてくれ。ということで動画を観てみよう。


[[ウィキペディアの引用の内容を踏まえての独自情報。簡単な銃の紹介。その後youtubeの実銃動画に移行。]]

 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)


フルムーンクリップ? 射手視点での動画がいい。


ハーフムーンクリップ。パーカーライズド処理。


シングルアクションで狙い撃ち〜。


いつものおじさん。コルトモデル。


使い古した感が良い。クリップを使用しない。


タイトルがないと何を撃っているのか分らない。



 このM1917のトイガン、モデルガンではタナカが販売しており、ガスガンではタナカが販売している。・・・要するにタナカしか販売していないのだ。いや待てよ、こんな有名な銃、タナカ以外でモデルガンがモデルアップしていないなんていうことがあり得るのか、いや無い。絶対に過去にどこかのメーカーがモデルアップしているはずである。しかし私が知っている限り、これをモデルアップしているのはタナカのみなのだ。そしてS&Wモデルね。ということで動画はあまりなかったのでモデルガン、ガスガン併せてご覧ください。


ハーフムーンクリップ使用。


俺はインディジョーンズが大好きだー。


テレビを撃ってるのかと思った・・・。


室内射撃。


ガンプレイ。


カスタムモデル。



 M1917、地味ーな銃であった。しかし私が一番驚いたのは、実銃はハーフムーンクリップを使用しなくても発射することができたということだろう。ただ不発が多かったようだが、むしろ当たり前だろう。発射できる方がおかしい。私がもし実戦にM1917を持って行って、クリップなしと言われたらマジギレすると思います。ハイ。


世界銃器図鑑リンク集


↑良かったらクリックして下さい。




トラックバック