ダブルイーグル
(画像はwikipediaより転載)

 


 ダブルイーグルとは1989年にコルト社が発表した同社初のダブルアクションオートである。コルトデザインは「1911」の影響を受け、マガジンの互換性もある。各種口径のバージョンが発売されたが1997年に生産が終了している。

 


ダブルイーグル(実銃)



性能


重量 1205g
全長 216mm
銃身長 127mm
口径 45ACP、10mmAuto、40S&W、9mm、38スーパー
作動 ダブルアクション/シングルアクション
装弾数 8発

 


概要


 ダブルイーグルは、1989年にコルト社が発表したコルト初のダブルアクション45オートである。フルサイズモデルの他にコンパクトモデル、オフィサーズモデルが存在する。製造は1997年まで続けられた。

 


 口径は45口径の他に10mm、40S&W、9mm、38スーパーの各種口径が存在する。さらにはトリガーメカニズムを再設計したダブルイーグルマーク兇存在する。

 


 材質はほとんどがステンレス製であるが、ライトウェイトオフィサーズモデルは合金製のフレームにスチール製のスライドをを装備している。

 


 このダブルイーグルはシリーズ90と呼ばれる。マガジンは、シングルアクションの所謂「ガバメント」のマガジンと同じである。

 


ダブルイーグル(トイガン)


 マイナーな銃であるためトイガンではほとんど発売されていない。唯一発売しているのは東京マルイでエアコッキング式のエアガンである。モデルガンは皆無。将来的にも皆無であろう。

 


まとめ


 今回はダブルイーグルを取り上げてみた。デザイン的にもパッとせず、人気も無く、故に知名度も低いという歴史に埋もれてしまった銃だ。商業的には失敗といっていいかもしれないが、このダブルイーグルによってコルト社は伝統的なシングルアクションオートからダブルアクションオートに進化した記念碑的な銃である。

 




↑良かったらクリックして下さい。