不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Beretta_Model_1934_Pistol今日、紹介するのは懐かしの名銃ベレッタM1934だ。この銃は、映画、ドラマ、アニメに特徴的に登場したというわけではないが、ずーと有名なのである。たぶん、イタリア軍に採用されたことで知名度を上げたことと、古い映画で頻繁に使われたことが理由なのではないだろうか。古い世代のガンファンだと、中型オートといえば、ワルサーPPKかこのベレッタM1934である。(画像はwikipediaより転載)


性能

口径 9mm
銃身長 87mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .380ACP弾(9mm×17弾)
装弾数 7+1発
作動方式 ストレートブローバック
全長 149mm
重量 660g
銃口初速 240m/s
有効射程 25m
(wikipediaより転載)

概要

第一次世界大戦以前、イタリア軍は制式拳銃として生産性の良くないグリセンティM1910を採用していた。しかし急激に増大する兵器の需要に、当時のイタリアの産業界は対処しきれず、生産された各種の銃器類は全て前線に投入されることとなった。それでも武器の供給が追いつかず、拳銃に関しても例外ではなかった。
拳銃の配備の少なさに頭を悩ませたイタリア軍は、老舗の銃メーカーピエトロ・ベレッタ社に大量生産向けの拳銃の設計を依頼する。そこでピエトロ・ベレッタ社の技師ギアンドーソは、グリセンティ用9mm弾を発射できる、ストレートブローバック方式を用いた自動式拳銃を設計、イタリア陸軍に提示。拳銃の不足に悩んだイタリア陸軍はこの安く大量に生産できる拳銃をすぐに採用。ベレッタM1915と命名され、量産発注した。のちにベレッタM1915は第一次世界大戦中、イタリアで最も生産された拳銃となった。
ベレッタM1915の大量生産でピエトロ・ベレッタ社は一躍イタリア最大の銃メーカーとなった。その後ベレッタ社はM1915の技術を踏まえて中型・小型のブローバック式自動拳銃を市場に送り出して成功する。主力の軍用拳銃としては、1930年代初頭にM1915の直系と言える発展型のベレッタM1931とベレッタM1932を開発した。両銃とも小型.32ACP弾(7.65mm×17弾)を使用し、小型軽量で使いやすかった。
ベレッタ社はこれを改良してさらに部品数を減少、強度を上げたベレッタM1934を開発した。外見はグリップカバーから木製パーツを廃し、金属製に変更していることで区別できる。また弾丸はこの方式で使える拳銃弾の中では強力な.380ACP弾を採用し、一定の威力を確保した。小型でシンプルな作りによって故障の少ないこの拳銃は1934年、イタリア軍にベレッタM1934という名で制式採用され、第二次世界大戦全般に渡ってイタリア陸軍に使用されることとなった。
また派生型として、外見はほとんど同型で7.65mm×17弾を使用するのM1935も開発され、こちらも商業的成功を収めた。
近代的な軍用拳銃の必要条件を満たし、自衛用としては充分な性能を備えた拳銃となっている(第二次世界大戦の北アフリカでイギリス軍がイタリア兵から鹵獲したベレッタM1934を自分の装備に使用していたという話もある)。
ピエトロ・ベレッタ社は1945年、イタリア敗戦まで拳銃や機関銃を作り続けた。しかし大戦末期になると会社はイタリアに進駐していたドイツ軍に接収、ドイツ軍及びそれに協力する組織用に生産を行なうことになった。しかし、この時期になるとM1934は製作精度・仕上げが次第に雑になり、粗悪な品質になった。
大戦後、ベレッタ社は残った部品をかき集めることから、ベレッタM1934・M1935の再生産を始めた。再編されたイタリア軍や警察でもベレッタM1934は制式採用された。外装デザインの一部変更(グリップデザイン等)を加えられながら生産された。アメリカ販売版は「M934・M935」の名称で販売されたが、後継モデルのM70系が1950年代以降に登場したことで生産終了した。
(wikipediaより転載)


 wikipediaの記事にはかなり細かく書いてあるが、簡単に説明すると拳銃が足りなくなったイタリア軍はベレッタ社に新型拳銃の製作を依頼した。そして登場したのがベレッタM1915であり、それを小型化したのがM1931、M1932だった。これをさらに改良して強度を上げ、部品点数を減らしたのがM1934だ。長所としては、部品点数が少なく故障も少ない。短所としてはセイフティの使い勝手が悪かったということだ。まあ、成功作と呼んでいいだろう。ここで動画を観てみる。


 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)
















 ベレッタのモデルガンは、MGC、ハドソンからも出していたようだ。さらにWAからもABS製のモデルが発売されていた。どれも現在は発売されていないのでかなりのプレミアになるだろう。エアガスガンでは、昔タナカがブローバックモデルを発売していた。これはそれなりに性能、外観ともに良かった記憶がある。しかし最高傑作はやはりWAのM1934であろう。WAはかつてモデルガンでも販売しており、そのモデルもかなり評判が良かった。そこにマグナブローバックを搭載したのだから外観、性能共に最高のM1934が完成したのだ。ここで動画を観てみたい。















 因みにモデルガンの動画であるが、探したけどなかった。youtubeも万能ではないということだろうか。それはそうとガスブロのベレッタM1934のスライドがシャカシャカ動く姿にぐっと来てしまう。サバゲにはあまり使えそうもないが(イタリア陸軍は実戦で使用している)、持っていて楽しそうな銃だ。実際、買った人は相当楽しいということだ。


↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック