不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Sig_Sauer_P230_SL_Right結構人気がある銃であり、日本の警察にも採用された銃、それが今日紹介するシグ・ザウエルP230である。私はテレビはあまり見ないので知らないが、ドラマに大活躍のようだ。私の勝手なイメージとしてはPPKよりかなり大型な銃であったが、実際は1僂靴違わないようだ。この現在大人気の銃について今日は書いてみたい。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 .32口径(7.65mm)、.38口径(9mm)
銃身長 91mm
使用弾薬 .32ACP弾(7.65mm×17)
.380ACP弾(9mm×17)
9mmポリス弾(9mm×18)
装弾数 8+1発(.32ACP弾)
7+1発(.380ACP弾、9mmポリス弾)
作動方式 シングルアクション/ダブルアクション
ストレートブローバック
全長 169mm
重量 500g
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要

P230は警察用拳銃として1977年に開発された。西ドイツ各州警察では第二次世界大戦後、当時の9mmパラベラム弾を使用する拳銃が携帯性に優れていなかったために採用せず、主に.32ACP仕様のワルサーPPやPPKを採用していたが、1970年代に活発化したドイツ赤軍等の極左組織に対抗するためにより強力な新型拳銃を求めており、新型拳銃のトライアルにP230も候補の一つとして提出された。
結果的に西ドイツ各州の警察は、9mmパラベラム弾の使用に踏み切り、P230は選定から外れている。このトライアルではSIG SAUER P225(P6)、ワルサーP5、H&K P7が選定され、各州の判断で選択する事になった。

P230JP

日本警察が正式採用している。.380ACP弾ではなく、.32ACP弾仕様であり、装弾数は8+1発。
引き金と撃鉄をロックするマニュアルセフティや、紛失盗難防止用のランヤードを装着する為のランヤードリングが追加されている。このマニュアルセーフティは撃鉄が下りた状態でのみ作動し、手動でセーフティーを解除するか、撃鉄を起こすことによって解除される。
自衛隊の9mm拳銃のようなライセンス生産ではなく、SIG社が製造、日本に輸出している。
基本はSP、機動捜査隊、銃器対策部隊に支給(貸与)されているようだが、制服警官や私服警官の一部にも支給されている。公式発表における日本での採用年度は1995年頃とされている。

P232

1996年に更新された最新モデルである。
リアサイトの形状が変更、スライドのセレーションの目が粗くなり、グリップも変更された。撃針にオートセーフティを備えている。P232にもステンレス製のSLが存在する。
(wikipediaより転載)


 最新の拳銃のイメージが強かったP230であるが、完成したのは1977年ともう30年近く前のものだそうだ。デザインが新しいがどうも構造も目新しいものは無さそうだ。ただ、PPKに比べ装弾数は一発増えている。それと同時に大きさもちょっと大きくなっている。私としてはデザインがシンプル過ぎてあまり魅力を感じないが、日本警察に採用されたバージョンはマニュアルセイフティが設置されていたりして結構カッコいい。wikipediaの記事を読んでいてちょっと意外だったのが、日本警察に採用された口径は32ACPであり、380ACPではないということだろう。何か、32口径は「ヨーロッパのみ」みたいな勝手な思い込みがあったので少し驚いた。それはそうと動画を観てみよう。

 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)















 トイガンでは発売しているのはKSCのみ。モデルガンでもガスブロでも出している。当初はガスガンで発売し、のちにモデルガンで発売したようだ。KSCのガスガン開発物語についてはKSCのHP参照。なかなか面白い。ここでモデルガンの動画を観てみよう。













 モデルガンの発火シーンは実銃とはまた違った趣がある。あのキャップ火薬の匂い・・・たまらん。発射後のメンテナンスも別の意味でたまらんが。続いてガスガンの動画。













 JPモデルはあまりにも素敵な外観のために一時期、買う寸前までいったモデル。欲しくて欲しくて仕方なかった。しかし海外で実戦を経験したその道のプロに訊いたところ、9mm以上の口径でないとダメなようで、それを訊いたとたん、一気に買う気が失せたものだった。私もかなりミーハーなのである。


↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック