不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Smith-et-Wesson-modele-500-p1030121今回紹介するのはS&WM500。私がガンの世界から離れていた時にいつの間にか発売されていた銃だ。もちろん、向こうは東洋の果てに住んでいる私に気を使う必要はないのだが・・・。この銃がどうやら現在発売されているハンドガンの中では最も強力な弾丸を使用するものらしい。商業的にもそれなりにヒットしたようだ。威力は44マグナムの実に3倍の威力と言われ、新設計のXフレームを使用するものだ。ここでwikipediaの記事を見てみよう。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 .50口径(約12.7mm)
銃身長 4インチ
8.375インチ
10.5インチ
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .500S&Wマグナム弾
装弾数 5発
作動方式 ダブルアクション
シングルアクション
全長 381mm
重量 2,055g
銃口初速 506.9m/s(1,663f/s)
(wikipediaより転載)

概要

S&W M500は、アメリカのスミス&ウェッソン社が2003年に開発した超大型の回転式拳銃。一般市場に流通する商品としては世界最強の拳銃である。
開発時の目的としては、「.454カスール弾を超える弾薬を撃つことのできるリボルバー」である。

特徴

銃身長は4インチと8.375インチ、そして「ハンターモデル」と呼ばれる10.5インチのものがあり、使用する弾は.500S&Wマグナムという.50口径のマグナム弾である。この弾は.44マグナム弾の約3倍の威力を誇るといわれる。そのため、フレームには特大フレームであるXフレームを使用し、シリンダーの肉厚を確保できる装弾数5発になっている。
15フィートの距離から1インチ間隔に並べられた厚さ8分の7インチの松板を何枚貫通できるか、というテストでは17枚を貫通し、18枚目に傷をつけるといった結果が出ている。
その威力に比例して発射時の反動も相当なものになっているので、8インチモデルや10.5インチモデルはその反動を抑制するためにあえて2kg前後の重量を持たせている。だが、それでも反動はすさまじく、「手の中で何かが爆発したような感覚」とまで言われる。そのため、連続して射撃すると10発前後で手が痺れ、文字を書くこともままならなくなる。この症状は個人差はあるが、場合によっては数日間続く。このことから、後遺症を招く欠陥銃であるという意見もある。ただし前述の通り、この銃は当初から「.454カスール弾を凌駕する、世界最強の威力を誇る拳銃」を目標として開発されたものであり、発砲後の怪我や後遺症などについては考慮されていない。発売時の宣伝でも「人間の限界に迫ったスペック。安易にこの銃を撃った場合、射手の健康は保障できない」と注意が添えられているほどである。それにも関わらず、拳銃弾としては最大レベルの弾薬を使用できる拳銃として人気を獲得している。また、使用弾薬の量にリボルバー特有のシリンダーギャップがあいまってシリンダーから大量の発射ガスが漏れ出すため、暗闇での射撃時やツーハンドホールドでの射撃時には注意する必要がある。
人気は高く発売当初は全米から注文が押し寄せ、生産が間に合わなかったという。
4インチモデルにはコンペンセイターが装備されたため、8インチモデルより反動がマイルドになっており、銃自体もコンパクトになっている。また、2006年には「M500ES」と言われる2-3/4インチの短銃身モデルが発売されている。
(wikipediaより転載)


 世間では人気があるようだが、私としてはシリンダーがデカ過ぎてバランスが悪いのが少し気になる。装弾数はそれでも5発しか入らないというから50口径のカートリッジがどれだけ大きいかが分る。基本的に用途は狩猟用だろうが、S&Wパフォーマンスセンターが製作したものにはスリングが付いていることからもどれだけ重いのかが分るというものだ。ここで動画を観てみたい。

 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)















 実射動画を観ていても反動が凄まじいのがよく分る。ここでトイガンの話に移るが、モデルガンでは発売しているのはタナカのみである。タナカのモデルガンに関しては非の打ちどころがない。さすが老舗モデルガンメーカーである。ちょっとだけ、モデルガンの動画があったので、ここでモデルガン動画を観てみたい。







 このM500、ガスガンで発売しているのはタナカのみである。これは少々いわくつきのものでもある。タナカは当初、ペガサスシステムを使用したモデルを発売しており(確かそうだった)、その後、蓄圧式カートのカシオペアシステムを搭載したモデルを発売した。しかし、2008年に、このモデルが「御用」となってしまったのだ。理由は改造すれば実弾が発射できるというものらしい。これは警察がカシオペアの改造防止装置を全て壊し、さらに独自の実弾が発射できるカートを開発し、結果、撃てるようにしたようだ。警察の蓄圧式カートに対する執念とでも言おうか、すごいの一言である。ここまでやれば世の中の物体のほとんどが実弾を発射できるようになるような気もする・・・。


 まあ、銃の形をしている以上、何らかの規制を受けるのは仕方ない。法律は法律。持っている人は警察に提出しよう。タナカがペガサスと交換してくれる。外に持ち出せないガスガンを持っていても意味ないからね。ところでこのカシオペア、なんと規制前に撮影された動画があったのだ。貴重な動画、観てみよう。













 今回のM500、何か全体的にバランスが良くない。何というか自然の法則に反しているようなデザイン。大口径ハンドガンが好きな私は何か少しだけ抵抗があるモデルだ。実際、触ってみればイメージが変わるのかな。ただ、ガスガンではM500は買いだと思う。そのバランスの悪い(私見ね)、シリンダーのお蔭でガスタンクが大きくなり、ガス圧が安定するだろうからだ。ガスガンは何よりも性能が良くないとつまらないからね。


ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック