不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Jericho_941F超マニアックな銃、ジェリコ941を紹介する。この銃はIMI製でアメリカではベビーイーグルとも呼ばれているらしい。実際、youtubeで検索するとベビーイーグルとタイトルを付けているものも散見される。発売されたのは1990年。私が青春を謳歌していたころ、そして銃に一番熱かった時代でもある。これに関して詳しく知りたい方は、・・・いないと思う。それではジェリコ941についてwikipediaの記事を見てみたい。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 9.00mm(9mmパラベラム弾)、10.16mm(.40S&W弾)、10.41mm(.41AE弾)、
銃身長 112mm(フルサイズ)
90mm(コンパクト)
ライフリング 6条・右回り
使用弾薬 9mmパラベラム弾, .40S&W弾, .41AE弾, .45ACP弾(一部モデル)
装弾数 16+1(フルサイズ)
13+1(コンパクト)
作動方式
シングル/ダブルアクション
ショートリコイル
全長 207mm(フルサイズ)
184mm(コンパクト)
重量 1092g(フルサイズ スチール)
890g(フルサイズ ポリマー)
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要

ジェリコ941(Jericho 941)は、イスラエルの兵器製造コンツェルンであるイスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社(IMI社:現イスラエル・ウェポン・インダストリーズ社(IWI社))によって開発された自動拳銃。1990年より登場した。通称「ベビーイーグル」。

特徴

イタリアのタンフェリオ社がチェコのCz75を元に開発したTA90の技術提供によって開発された。Cz75と比べて、スライドマウントセーフティー/デコックを搭載したモデルの存在、独特の台形のスライドによりCz75の弱点である剛性不足を解決、メンテナンスも容易といった特徴を持つ。
マズルフェイスからスライド前半の台形形状、グリップのテクスチャー、ハンマー形状、グリップフレームのテイル部分形状などに、北米の民間市場を意識して成功作であるデザートイーグルシリーズのラインを取り入れている。
さらに、同じスライドとフレームながら銃身(バレル)や弾倉(マガジン)を交換することで9mmパラベラム弾だけでなく.41Action Express弾(以下.41AE弾)や.40S&W弾、バリエーションのジェリコ945では.45ACP弾も使用可能。販売当初は.41AE弾と9mm弾の交換キットがセットで販売されていた。しかし、.40S&W弾が急速にシェアを伸ばしたことから同等の性能を持つ.41AE弾は市場から駆逐され衰退していき、ジェリコ941発売よりわずか一年程で.41AE弾の交換キットは生産終了している。後に9mm弾と.40S&W弾の交換キットモデルが販売される事となった。
初期はスチール製モデルのみであったが、後にポリマーフレーム製もラインナップされている。また、各種オプションを装着できるよう、マウントレールを備えたモデルも用意されている。
(wikipediaより転載)


 ジェリコ941は日本では1999年のアニメ『カウボーイビバップ』に登場したことで一部のマニアの間では有名だが世間は誰も知らない。私も後に『カウボーイビバップ』を観て、主人公スパイクの愛銃がこのジェリコ941だと知って、死ぬほど驚いた。訂正、死ぬほどは驚いていなかった。この銃は私も誤解していたが、デザートイーグルの基本設計を利用したものとばかり思っていたが、実はチェコスロバキアのCZ75の影響を受けていたようだ。実際、外観はCZ75に酷似している。特徴は、9mm以外にもコンバージョンキットを利用して40S&W、41口径と使用弾薬を替えることができることだ。何とこのジェリコ、現在でも新型が製造販売されているようだ。ここで動画を観てみたい。

 さらに詳しい情報を知りたい方はこちら(wikipedia)















 ジェリコの動画、結構あった。アメリカでは意外に有名な銃なのかもしれん。トイガンではモデルガンでの発売はない。自作した人がいるのではないかとyoutubeを探してみたがそれも居なさそうだ。エアガスガンではハドソンがガスブロを発売しているが、こちらは作動がイマイチでガス漏れもするようだ。それとKWCが製造しているくらいだろうか。ここで動画を観てみる。













 今回はモデルガンがモデルアップされていないためにちょっと短い記事になってしまったが、私の中では超マイナーなジェリコ941が意外に人気があったのはびっくりした。『カウボーイビバップ』のお蔭だろうか。私にとっては一発屋タレント並みに「あーいたいた!」という感じであったが、今となってはこのデザインも逆に新鮮である。


↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック