トカレフTT33
(画像はwikipediaより転載)

 今日紹介するのは下手したら世間で一番知られている銃、トカレフTT33だ。何故一番有名かというとまあ、周知のことと思うが、密輸が摘発される時にニュースに登場する回数ナンバーワンというところだろうか。


 実際は、トカレフといっても密輸されるのは中国製54式拳銃(手槍?)なのだが。このトカレフ、私はどうしても安物、粗悪品というイメージが付きまとってしまう。私以外にもこのようなイメージを持っている人は多いのではないだろうか。今回はそこに焦点を当てて記事を書いてみたいと思う。


トカレフ(実銃)




性能

口径 7.62mm
銃身長 115mm
ライフリング 4条右回り
使用弾薬 7.62x25mmトカレフ弾
装弾数 8発
作動方式 シングルアクション
ショートリコイル
全長 196mm
重量 854g(弾倉有)
815g(弾倉無[1])
銃口初速 420m/s
54式:500m/s[2]
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要
 正式名称を「トゥルスキー・トカレヴァ1930/33」Тульский-Токарева 1930/33(トゥーラ造兵廠・トカレフ 1930年/33年式)と呼び、略してTT-30/33とも呼ばれるが、一般には設計者フョードル・トカレフにちなみ、単に「トカレフ」の名で知られている。

 本来必須な筈の安全装置すら省略した徹底単純化設計で、生産性向上と撃発能力確保に徹した拳銃であり、過酷な環境でも耐久性が高く、かつ弾丸の貫通力に優れる。第二次世界大戦中-1950年代のソ連軍制式拳銃として広く用いられた。

 1950年代以降、ソ連本国では後継モデルのマカロフ PMに置き換えられて過去の銃となったが、その後も中国を始めとする共産圏諸国でライセンス生産・コピー生産が行われた。


 中国製トカレフは1980年代以降日本にも多数が密輸入され、暴力団などの発砲事件にしばしば使われることで、一般人にも広くその存在を知られている。
(wikipediaより転載)


 簡単に解説すると、トカレフとはアメリカのM1911(日本ではガバメントという名称が一般的)から基本的デザインをパクった銃だ。


 但し、完コピではなく、そこはそこ。ソビエトの風土に合った形に変更されている。この辺は日本の技術の導入と開発に類似している。


 ソビエトの風土というとアメリカよりちょっと、いやかなり寒いという点が挙げられる。問題は、この寒さによって銃が凍結して動かなくなってしまうことだ。


 そこでトカレフは、出来るだけ部品点数を少なくし構造を簡略化したのだ。これは生産性向上にも役に立ったが、軍用銃としてはもっとも大切なことだ。


 銃というのは結局、撃てなければ精度も性能もあったものではない。民間人はよくハイテク兵器に目を取られるが、何より大切なのは引き金を引くと弾がでることなのだ。


 たとえ便利な装備が無くても引き金を引き、弾が発射され、まっすぐ飛んでいくのであれば軍用銃としては100点満点だ。というのは、実際、便利な機能に気を取られ、信頼性という部分が欠落している銃が散見されるからだ。


 すごいのは、このトカレフ。何と安全装置まで省略してしまったのだ。この思いっきりはすごい。この思いっきりの良さが評価されたのか、1930年にソビエト軍に正式採用される。


 しかし上層部はトカレフ氏に思いっきりがまだ足りないと判断したようで、さらに簡略化を要求。その結果、トカレフ君が作ったものが1933年に正式採用された。これがTT-33である。





トカレフ(モデルガン)




 モデルガンではハドソン(現在は解散している)が唯一製作していた。今では貴重品だろうね。私の知る限り、これ以外にトカレフのモデルガンは存在しない。ブラックモデルとニッケルフィニッシュモデルの2種類が発売されていた。





 日本製のモデルガンは工作精度が高すぎて、本物より綺麗に出来てしまっているようだ。悲しいかな良すぎて本物の農耕馬のような無骨さ、荒々しさが伝わってこない。


トカレフ(ガスガン)




 ガスガンはハドソンの他にKSCが最近発売したものがある。さらにトイスターという韓国のメーカーがエアガンを発売している。ハドソン製はあまり評判が良くないがKSC製は鉄板だろう。





 確かにコストパフォーマンスに優れているが、決してコストダウンのための簡略化ではなく、意図的に簡略化された構造。これはのちのAK47にも通じるものだ。


 質実剛健、極端なまでのシンプル。手元に一丁置いておくと楽しいかもしれない。


2014年8月10日初稿。
2019年10月21日加筆修正。



↑良かったらクリックして下さい。