モーゼルC96
(画像はwikipediaより転載)


 今回紹介するモーゼルC96。若いガンファンにはあまりなじみのない銃かもしれない。それもそのはず、設計されたのは戦前で自動拳銃でありながら脱着式マガジンも備えていないという過渡期的な銃であった。


 それでも独特の形状と当時としては多弾数を弾倉に装填できることから人気があり、一種のステータスシンボルとして扱われていた部分もある。のちに改良が加えられ、脱着式マガジンとフルオート機能が追加されたM712となる。


性能

口径 7.63mm
銃身長 140mm
使用弾薬 7.63x25mmマウザー弾
装弾数 10発、20発
作動方式 シングルアクション
ショートリコイル
全長 308mm(ストック装着時630mm)
重量 1,100g(ストック装着時1,750g)
銃口初速 430m/s
(wikipediaより転載)

概要

 モーゼル社のフェデル兄弟(フィデル、フリードリヒ、ヨゼフ)が基本設計を行い、1895年に特許を取得、1896年よりC96すなわち「96年設計型」(Construction 96)として生産が開始された。


 その最大の特徴となっているトリガーの前にマガジンハウジングを持つスタイルは、当時グリップがマガジンハウジングを兼ねる方式が特許取得済みだったためとも言われている。


 このデザインは重心が前にある為に射撃競技銃のように正確な射撃が可能であり、ストックを併用すると代用カービンとして使用できた。


 「箒の柄(ブルームハンドル)」とあだ名された独特の形状をしたグリップは、掌の小さな小柄な民族でも関係なく使用できる利点があり、そのまま採用され続けた。
(wikipediaより転載)


 簡単に説明するとモーゼルC96は1895年に完成し、翌年から生産された。弾倉がグリップ前方にあることから反動に対するバランスが良く、7.63mmボトルネック弾は高速で射程距離が長い上に当時としては多弾数である10発を装填できることから何と1936年まで製造された。


 独特の形状からくる存在感から一種のステータスシンボルとなっていた。私は中国の馬賊が使用しているイメージが強かったが実際、使用していたという。


 当初は脱着式弾倉を持たず、M1ガーランドのようにクリップを使用していた。1931年製造のモデルからフルオート機能が追加され、弾の消費に対応するため脱着式弾倉が採用された。


 しかしこれは構造上の欠点が多く、短期間で製造中止となった。そして翌年、改良が加えられ、世に言うM712となった。これがかなり大雑把な歴史であり、実際には細かい派生モデル、改良型があり、判別するのも一苦労だ。





 ここでモデルガンの話。モーゼルM712は東京マルイの作るモデルガンシリーズ、マルシンから発売されているが、なんとM1916がかつてMGCから発売されていたのだ。


 M1916とはC96を9mm弾仕様に改良したもので、これはかなり完成度が高かったようで今となっては相当なレアアイテムであろう。


 現在でも入手が可能なのはマルシン製である。これは金属製で完成度はかなり高い。マルシンというのは不思議なメーカーでガスガンに関してはかなりデフォルメされているが、モデルガンに関しては妙に再現性が高いのだ。





 ここでエアガスガンについて書いてみる。モーゼルはさすがに80年代のエアガン全盛期には人気が低迷しており、あまりモデルアップされていた記憶がない。


 モデルアップしたのはスーパー9でおなじみのマルコシとガスガン黎明期にフジミというメーカーがフルオートガスガンを販売していたこと位だろうか。


 マルコシ製はカート式コッキングエアガンでかなり古いものだ。バレルもプラスティックであったと思う。今から考えると信じられないが80年代前半〜中盤位までは結構プラバレルというものはあった。


 フジミはガスガンが流行りだしたころのもので私の記憶では製品はモーゼルのみだったと思う。もちろんブローバックはせずにガスもガスタンクと外部ソースの2ウェイだった。


 現在入手できるガスガンとしてはマルシン製8mmのガスブローバックがある。これは撃って遊ぶ分には面白いがフルオートで8mmとなるとコストの問題も考慮しなければならない。









 アンティークといっていい銃のトイガンを現在でも製造し続けているのが大体マルシンというのが妙に面白い。モーゼルC96は良い。古風で無骨な鋼鉄製の銃であり、かなりの存在感がある。部屋に飾っておいて時々作動させたりとできれば最高なのだが。


2014年8月8日初稿。
2019年10月20日加筆修正。



ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。