不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-Walter_HP_Speerwerke_1428
今日紹介するのは、あの有名な名銃、ワルサーP38。この銃は何といっても、ルパン三世が愛用している拳銃ということで超有名である。さらに一昔前であれば、ナポレオンソロ、大藪春彦の小説等にも登場する。私は好みがどうしてもアメリカ製の拳銃に向かってしまうため今一つ懐かしい感がないのだ。今回もまたwikipediaで銃の簡単なアウトラインをみてみたい。(画像はwikipediaより転載)

性能

口径 9mm
銃身長 125mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9mmパラベラム弾
装弾数 8発
作動方式 ダブルアクション
プロップアップ式ショートリコイル
全長 216mm
重量 945g
銃口初速 350m/s
有効射程 50m
(wikipediaより転載)

概要
ワルサーP38(独: Walther P38)は、ドイツの銃器メーカーであるカール・ワルサー(カール・ヴァルター:Carl Walther)社が開発した軍用自動式拳銃である。第二次世界大戦中にはナチス・ドイツ陸軍に制式採用されている。
原型は1934年頃から開発が進められ、1937年に「ワルサーHP」の名称で完成した。翌1938年に制式採用され、P38の名称が与えられた。それまで30年以上にわたりドイツ軍制式拳銃であったルガーP08に代わる存在であったが、実際には完全置き換えまでには至らなかった。
弾薬は9x19mmパラベラム弾を使用する。装弾数は単列マガジンによる8+1発で、特殊なロングマガジンも存在する。7.65mm弾仕様も少数生産された。


1930年代まで、自動式拳銃の操作方式はシングルアクションが唯一で、これはハンマーを起こしてあれば軽い力で引き金を引ける利点があったが、暴発のリスクもあり、常に手動安全装置をかけなければ携帯しにくかった。 ダブルアクション機構は、撃鉄を起こさなくても、引き金を引いていけば自動的にハンマーが起き上がり、そのまま引き切ることで発砲できる為、シングルアクションに比べトリガーは重くなるが暴発のリスクが少なく、手動安全装置への依存性が減る。また、ダブルアクション機構なら弾薬が不発であっても、再度雷管を叩くことを試行できた。この機能は20世紀初頭には回転式拳銃ですでに広く普及していたが、構造が複雑化するため、同時期採用されていたコルト・ガバメントなど多くの大型軍用自動拳銃には採用されていない。ワルサー社は1929年に開発した中型自動式拳銃ワルサーPPで、自動式拳銃としては、世界でも早い時期にダブルアクション機構を導入していた。

P38のダブルアクション機構はPPの流れを汲むもので、シングルアクション併用型となっている。命中精度は軍用拳銃としては高く、従来のルガーP08に比しても故障率が減り、スライド上面に大きくえぐられた開口部は排莢の確実性に貢献した。
ワルサー独特のショートリコイル機構は、スライドと銃身を直接かみ合わせて銃身の下降・開放で遅延ブローバックを実現したブローニング方式と異なり、別体のロッキングピースを用いたことで銃身の上下動を不要とし、命中精度を高めている。また銃身先端付近の保持が必要なくなったため、前方に銃身の伸びたデザインを可能としている。

P38のショートリコイル構造は横フライス加工だけで銃身、スライド、フレームそれぞれの噛み合せを形成する事が可能となっており、ルガーP08のような複雑な切削加工を必要としない。
黒のプラスチック製グリップの民間向け製品「コマーシャル」と、ベークライト製の茶色グリップで紛失防止用ランヤードをつなぐ吊環を装備した軍用の「ミリタリー」の2種類がある。銃身を短くし照星をスライド先端に移設し、ゲシュタポモデルとも呼ばれるP38K(クルツ)も存在する。
戦時中は9mmパラベラム口径の拳銃が不足したため、ポーランドのラドムVIS wz1935やベルギーのFN ブローニング・ハイパワーなど、占領国で元々生産使用されていた拳銃を支給される部隊もあった。
第二次大戦中にヨーロッパ戦線に赴いたアメリカ軍兵士の間では、ルガーP08と並んでこの拳銃を鹵獲することがステータスになっていた。表面仕上げとナチスの制服にちなみ、灰色の幽霊を意味する「グレイゴースト」とも呼ばれていた。
(wikipediaより転載)


 すっかり引用が長くなってしまったが、要するにP38で画期的だったのは、当時としてはまだ珍しいダブルアクションをオートマティックに採用したということだ。さらにショートリコイルシステムを使用するという近代オートの先駆的作品と呼べるものであったようだ。現に当時の各国の正式採用銃をみてもアメリカの1911A1、日本の南部14式、トカレフ等々、シングルアクションのものばかりだ。


 工業国ドイツらしく、きっかりした作りであり、戦後もP1拳銃として長くドイツ軍で使用されたことからも分るように作品としての完成度は高かったようだ。ただ、装弾数8発+1発というのは近年では厳しいだろう。別の記事でも多弾数の9mmか高威力の45口径かという問題があることには触れたが、その考えでいくとまさしく「論外」である。しかし多弾数化された9mm拳銃の基本設計はこのワルサーP38の影響を多分に受けている。考えようによっては近年のオートは、ワルサーP38とブローニングハイパワーの多弾数を合わせただけという考え方もできるか・・・。


 その他の欠点としてはスライド上部がリアサイトごと吹っ飛んでしまうということはあったらしい。まあ、大戦末期の製造品は相当な粗悪乱造であったのは想像に難くない。何か欠点の指摘になってしまったが、前述のように基本設計の素晴らしさや独特の見た目の美しさは他の追従を許さない。因みにワルサーP38には大きく分けて、ミリタリーモデルとコマーシャルモデルがある。この二種類は基本的にグリップの形状で判断する。ミリタリーモデルはグリップに横線が入っているだけだが、コマーシャルモデルは、握りやすいように手の形に合わせてあり(人間工学的を使用した高度なものではない。)、滑り止めがチェックになっている。しかしグリップを外されてしまえば私には区別がつかないのだ。それはそうと、ここでいつものようにyoutube動画を観てみよう。















 さすがにワルサーP38は実銃の動画が山のように出てくるのでこの辺にした。ここでトイガンの話になるが、モデルガンのP38はいろんな会社から山のように出ていると言っておこう・・・。有名な所ではMGC、マルシン、東京マルイ位だろうか、あとマイナーなところでは中田、マルゴー等も作っていた。MGCは金属製、マルシンはABSで完成品と組み立てキット、マルイは組み立てキットであった。しかし中田、マルゴーは相当前にモデルガンからは手を引き、MGCは今は無く、東京マルイは電動ガンに夢中で昔の組み立てキットを再販する気は全く無さそうだ。現在モデルガンで入手できるのはマルシンのものだけだ。マルシンは組み立て式、完成品、エクセレントヘビーウェイト等というものもあった。エアーガンの話に移る前にyoutubeでモデルガンの動画を観てみたい。













 ざっと探してみたがMGCのP38は動画にはないようだ。後述するが、最高傑作のトイガン、マルゼンのP38をモデルガン化した猛者もいるようでファンの情熱はすごい。ここでエアーガン、ガスガンについて書いてみたい。エアーガンとしてはこれも多数の会社が製作していたが、現在入手できるのは東京マルイのものだけかな?ただ東京マルイのエアーガンは設計が30年位前のため、デザインは相当ディフォルメされている。子供たちが撃って遊ぶ分にはいいかもしれないが、大人が購入すると結構がっかりするかもしれない。

 ガスガンとしてはマルシンが固定式で出しているが特に白眉なのがマルゼンのP38である。このモデルは本場ドイツのワルサー社から設計図の提供を受け作られたもので外観の正確さはトイガン最高傑作である。さらに内部構造も極力実銃の構造を意識したものでかなり高い水準である。発売されたのは結構前だが、その性能、外観は他社のワルサーを大きく引き離している。特に私が気に入っているのはシルバーモデルでマルゼンのHPを見ると実在しないモデルということになっているが、昔のGUN誌でシルバーのP38が載っていたこともあり、私には違和感がない。むしろ、マルゼンの高いメッキ技術によりP38のラインの美しさがより引き立っている(GUN誌に載ったものは通常のP38のブルーイングを落としたもの)。ということでガスガンのyoutube動画を観てみたい。















 最後はマルゼンのシルバーP38を2本も載せてしまったが、やはりラインが美しい。実は私はモデルガン、ガスガンで一度もワルサーP38を購入したことが無いのだ。理由は冒頭に書いた通り。でも、数年前から欲しくてたまらない。ただ、夏場はいいけど、冬場であの細いマガジンは不安だなぁ・・・。


ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック