不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-M9-pistolet久しぶりの記事アップ。今日紹介するのは80年代後半にもっとも人気のあった銃、ベレッタM92Fである。この銃は、80年代前半は私の中ではぱっとしなかったが、1985年に米軍の制式拳銃となってから一気に人気が出た。これは日本に限らずアメリカでもそうであったようだ。映画でも『リーサルウェポン』、『ダイハード』等の超有名映画の主人公の愛銃として使用されていた。それはともかく、まずwikipediaの記事から見てみよう。(画像はwikipediaより転載)

性能
口径 9mm
銃身長 125mm
119mm(Vertec)
109mm(コンパクト,Centurion)
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
.40S&W弾
9x21mm IMI弾
装弾数 15発(92シリーズ、98シリーズ)
10発(96シリーズ)
10,13発(コンパクトL)
8発(コンパクトM)
作動方式 ダブルアクション
プロップアップ式ショートリコイル
全長 217mm
211mm(Vertec)
197mm(コンパクト,Centurion)
重量 950g(92)
970g(92S/SB/F/G)
920g(92D)
900g(コンパクト,Vertec)
銃口初速 365m/s
有効射程 50m
(wikipediaより転載)
概要
世界中の警察や軍隊で幅広く使われており、現在はコルト・ガバメントに代わりアメリカ軍の制式採用拳銃になっている。なお、米軍では「M9」のモデル名で呼ばれている。
正式名称はピエトロ・ベレッタ92。より詳細には、92S・92SB・92SB-F(92F)・92FS など複数のモデルが存在する。米軍のM9は採用当初は92SB-Fであったが、今は92FSに切り替わっている。現在最も一般的なモデルは92FSで、後述のように外見上の違いがほとんどないことから、これが92Fと呼ばれることも多い。
特徴
ワルサーP38の流れを汲むプロップアップ式ショートリコイル機構を持ち、複列弾倉(ダブルカラムマガジン)に15発の9x19mmパラベラム弾を装填する。
同社の拳銃の特徴である遊底(スライド)の上面を大きく切り取ったデザインは、イタリアの銃器デザインのひとつの到達点とも呼ばれ、見た目の美しさから映画やTVドラマ、アニメなどでも主人公などの使う拳銃として、よく登場する。 作動方式には前作のベレッタM1951で採用したワルサーP38を参考にしたプロップアップ式ショートリコイル機構を採用しているが、これはこの特徴的なスライド形状により他の方式を取れなかったという面もある。しかしこのスライドは、上部を切り取ったことにより軽量になり、スライド後退時の衝撃を和らげ、排莢口の拡大によりジャム(弾詰まり)を防ぐ効果もある。この形状により耐久性があまり無さそうに見えるが、適切な熱処理を施すことで十分な強度を持たせることができる(ただし、本銃のスライド破損事故が3件発生している。下記参照)。 また、使用弾薬が9mmパラベラム弾のため比較的反動が小さく、アンビ・セーフティや左右差し換え可能なマガジン・キャッチなどの利き手を問わない装備によって、開発当時としては格段に扱いやすい銃であった。
歴史
ベレッタ92は、ベレッタM1951の後継機として1970年に開発がスタートした。
当時の西側は政治テロが頻発しており、市場のニーズが多弾装・ダブルアクションにあると睨んだベレッタ社は、資本提携を結んでいたベルギーのFN社からダブルカラムマガジンのノウハウを学び、1975年に9mmパラベラムで装弾数15発、ダブルアクションのベレッタ92を発表した。
また、ベレッタ92は、1978年から始まり長期に渡る米軍制式採用トライアルをくぐり抜け、1985年にSIG SAUER P226を破って米軍制式採用の座を射止めることとなる。この際に米軍から「M9ピストル」の制式採用名が与えられた。これにより一気に人気が高くなり、各国の軍や警察組織、民間市場でも一躍人気銃となる。また、このトライアルの際に出された改善要求を逐一クリアしたことによって、ベレッタ92はより優れた拳銃へと進化した。
しかし、米兵の射撃訓練中に、スライド後部が千切れ、それが射手を直撃する(スライド上のフロントサイトとリアサイトを目標に重ねるようにして狙いを定めるという拳銃の性質上、射手の頭部など)という事故が発生した(後述)この事故を受け、ハンマーピンの頭を大型化し、ストッパーの役割を持たせることで、万一スライドが千切れても後方に飛んで行かないよう対策が施された。これが現在の92FSである。
現在でもベレッタ92は自動拳銃のスタンダードとされており、コピー品が多数存在する。しかし、1990年代に開発されたポリマーフレームのピストルと比べると、92のスチールスライド+アルミフレームという構造が時代遅れであるという事実は否定できず、最近では他のポリマーフレームのピストルに気圧されつつある。
なお、ベレッタ社自体もポリマーフレームの新機種としてM8000の後継となる「Px4 storm」、ポリマーフレーム以外では92の直系の後継となる「90-Two」を発売している。
(wikipediaより転載)


 とまあ、引用が長くなってしまったが、それだけベレッタM92Fはメジャーな拳銃だということだろう。ベレッタ92Fについて簡単に説明すると、ベレッタ社が以前開発したM1951という銃の改良発展型ということだろう。1975年にベレッタM92として完成した。その後、マガジンキャッチをトリガー横に移すなど一般的な拳銃のスタイルに変更されたM92SBというモデルに改良された。さらにトリガーガードに指かけを付ける等の小規模な改良を加え、M92SB-Fとなる。ここでいつも通りyoutubeの動画を観てみたい。




















 山ほど出てくるのでこれ位にしたい。基本的なデザインはワルサーP38を踏襲しているように思える。ダブルアクション、デコッキング等、基本構造もかなり類似している。しかしワルサーに比べてスライドの強度が足りなかったようで米軍においてスライド破損事故が起こったようである。米軍では特殊部隊はトライアルに敗退したシグP226を使用しているようだし、海兵隊遠征部隊は1911を使用していたりとあまり評判は良くないようだ。


 このベレッタM92Fのトイガンだが、非常に多く出ている。多すぎるので全部紹介するのはやなので、私が特に気に入ったモデルだけを紹介したいと思う。まず、特に印象に残っているのはスズキのベレッタ。これはM92FではなくSBという大変珍しいモデルアップ。まあ、発売段階でFが存在していなかったのだろう(適当な推測)。古いファンなら分ると思うがスズキというメーカーは大変リアルな外観を再現するメーカー。マルシンとも関係があったと思うが詳しいことは分らない。ベレッタM92Fが流行った80年代後半はモデルガンではこのモデルしかなく、Vシネマ『クライムハンター』の主人公ジョーカーの使用しているM92FはこのSBを改造したものだ。モデルガンではその後、マルシンとMGCがモデルアップしているがその詳細はM9の記事に譲る。とにかく久しぶりに発売された新規金型のモデルガンだったのだ。またyoutube動画を観てみたい。


マルシン

















MGCのモデルガン












 ガスガンでは、WAは是非挙げなければならない。恐らく日本では唯一、ベレッタとの商標使用契約を結んでいるメーカーである。ベレッタのロゴはWAの製品での使用しか認められないということ。因みにあくまで噂ではあるが、この商標使用契約は、遊戯銃組合ASGKの代表としてWAがベレッタ社に行った際、単独で契約してしまったようである。まあ、あくまで噂であるが・・・。それはともかく、WAのベレッタは発売されたのは90年代中盤だったと思う(以前に固定スライドモデルはあった。)。当時としては画期的なプレシュートシステムを装備し、ホールドオープンした際も内部が実銃のように開いているというまさに画期的な銃であった。


 今では信じられないだろうが、当時のガスガンの主流はWAだったのだ。基本スペックの良さと豊富なカスタムパーツの存在がその存在を担保していた。しかしWAがカスタムパーツにロイヤリティを取るようになって、カスタムパーツを製作するメーカーがほとんど無くなり(WAが裁判を起こしたりしていた)、次第にマルイ等自由にカスタムパーツが出せるメーカーの製品に人気が集まっていった。WAはちょっと欲張り過ぎたのかもしれない。


 現在では、表面処理の美しさは他の追従を許さない。ほとんど実銃である。しかし内部機構はあまり改良されていないようで旧式のエンジンを使用しているようである(人から聞いた話)。これに対して、実射性能ではトップなのが東京マルイM92Fである。こちらに関してはあまり説明する必要もないであろう。ここらへんでyoutubeのガスガン動画を観てみよう。















 今日は、ベレッタM92Fという超メジャーな銃を特集してみた。私個人としては銃身がスライドより1冂飛び出ており、スライド上面がガバっと開いたデザインはあまり好きにはなれないが、スライド上面が空いているだけにホールドオープンした状態はカッコいいという感じだろうか。


↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集










トラックバック