009

 

 今回紹介するのは私のかつて所有していた(今は売却してしまった)懐かしのトイガンシリーズから私がもっとも愛着を感じた銃、WAのコンバットコマンダーを紹介したい。このコンバットコマンダーは1988年に発売されたもので、発売当日に渋谷のWA直営店に買いに行ったのを覚えている。当時は発売日ということで大混雑していた。今ではトイガンの発売日に大混雑なんて絶対ないが。とまあ、このコンバットコマンダー、当時にスペアマガジン2本とサイレンサーを購入したのであった。

 

012

 

 この銃、コンバットコマンダーという商品名になっているが、古いファンと最近のファンには”シーキャンプ”という名称の方が分りやすいのではないだろうか。このシーキャンプとはシングルアクションオートであるコマンダーを強引にダブルアクションにしてしまったものだ。最近の銃に見慣れた人には無駄な機構が山ほどついているように思われるだろうが、これが往年のファンにはたまらないものなのだ。

 これは本当のダブルアクションというよりも「なんちゃってダブルアクション」というべきものであり、ダブルアクションのトリガーを引くとハンマーが起き、そのままトリガーを引き続けるとフレーム部にある「本当のトリガー」を押すことになる。このトリガーはマガジンキャッチの上部トリガーガード内にある突起である。

 

011

 

 WAは最近またシーキャンプをガスブローバックで販売しているので、この銃はガスガン初代ということになるだろうか。モデルガンでは以前に販売されているが、ダブルアクションではなかったはずである。この初代シーキャンプの特徴としては当時としては命中精度が高かったことだろう。

 それと当時の主流だったMGCのウィルソン系のガバの独特の粘りのあるトリガープルと異なり、ダブルアクションのキレのあるトリガープルだったことも特徴である(私の中では)。パワーは貧弱(0.4ジュールという自主規制のせいか)だったが、重量バランスが大変よく、良く当たるし、トリガーのキレも良い私にとってはお気に入りの銃であった。

 因みにサイレンサーはただの飾りと思われがちであるが、実際効果がある。初代シーキャンプは撃つと「ポン」という甲高い音がするが、サイレンサーを付けると「ポス」っという音になる。と、まったくどうでもいい情報である。どうでもいいついでに現在でもこの銃をサバゲで愛用している人もいるようだ。まったくすごい。

 この銃が発売されたのが1988年、最新のシーキャンプカスタムはさすがによくできている。再販されたら購入しようかな。。。

 

↓良かったらクリックして下さい。

ミリタリーランキング