不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

sw_610_revolver













 今日、紹介するのは超マニアックな拳銃S&W M610 10mmリボルバーである。何故、この銃にしたかというとふと思い出したためである。


 マイナーな10mmオートよりさらにマイナーな10mmリボルバーである。通常の10mm弾をハーフムーンクリップに装着しリボルバーで発射するというもの。ハーフムーンクリップとはリムレス弾であるオート用の弾薬をリボルバーで発射するためのクリップのこと。オートの弾はリムレスであるためリボルバーだとシリンダーから抜け落ちてしまう。そこで鉄板で作ったクリップをカートリッジの後方のくびれているところに装着してリボルバーに装填するのだ。よく分らないだろうが文章だけで説明するのは大変なのだ。夏目漱石だったらできるかもしれないが、夏目漱石はM610のことは知らない。


 今までの記事にも書いたが、10mm弾は威力としては357マグナムに相当するのでリボルバーとしても充分強力である。しかし357マグナムを使用すればいいだけの話でもある。オートでこそ意味のある10mm弾を何故リボルバーに使用したのかは永遠の謎と言うほかはない。しかし100%ヒットしないだろうこのおチャメな銃も何とyoutubeに動画が一本だけあった。46秒の動画。堪能して欲しい。ドワーフの実在を証明する貴重な映像でもある。





 今日は、M610について書いたがこんなもんがトイガンにされるわけもなく発売したメーカーは一つもない。未来永劫無いであろう。


ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック