S&WM4506
(画像はwikipediaより転載)

 

 M645はS&Wが初めて発売した45口径オートである。オールステンレス製で、機構はM39の系譜を受け継いだもののデザインはより洗練されたものになっている。80年代の刑事ドラマ『マイアミ・バイス』の主人公ソニー・クロッケット刑事が使用していたことから日本でも有名になった銃である。

 

M645 M4506(実銃)

 

 

性能

口径 45ACP
全長 218mm
銃身長 127mm(5インチ)
重量 1063g
装弾数 8発

 

概要

02_M4506
(画像はwikipediaより転載)

 

 M645はM39をベースに45口径化したモデルで、1985年に完成、1986年から発売されたS&W初の45口径オートマチック拳銃である。機構はダブルアクションを採用し、マガジンはシングルカラムでオールステンレス製である。S&Wの分類ではセカンドジェネレーションに当たる。M645は1988年に販売が終了され、1989年からは改良型のM4506が発売された。

 このM645のシューティングマッチ用カスタムがM745で、トリガーがシングルアクションに変更され位置調整が可能となった。さらにリアサイト、セイフティが大型化し木製グリップを採用、スライドがスチール製となっている。M745は1986年から1990年まで生産された。

 M4506はM645のマイナーチェンジ版でフロントサイトが左右調整式に変更されたことやグリップが一体型になった等外観上に変更はあるが内部機構に大きな変更はない。別売のスプリングを装着することで45スーパー弾を発射することが出来る。1989〜1999年まで製造された。

 

バリエーション

 M645のバリエーションはM745のみだが、M4506には多くのバリエーションが存在する。オリジナルモデルの他にM4506-1と呼ばれるM4506の修正バージョンがある。恐らく1998年以降のモデルで、これはトリガーガードが角型から丸型に変更され、さらにハンマーとトリガーがスチール製に変更された。フレーム全部の段差もこの時の変更でなくなったのかもしれない。

 M4516は、M4506のコンパクト版で装弾数は7発。M4546は1992年に生産されたM4506のダブルアクション専用モデル。M4563は4.25インチバレル装備でフレームはフルサイズのアルミ製。M4566は同じく4.25インチバレルにフルサイズフレームを装着したもの。フレームはスチール製でダブルアクション専用モデルも存在する。ピカテニー規格のレールマウントを装備している。

 M4567は1992年のみ製造されたモデルで4.25インチバレルにスチール製スライドにステンレス製フルサイズフレーム、チタニウムナイトサイトを装備している。M4505はスライド、フレーム共にスチール製のモデルで1992年に1,200丁のみ生産された。M4586はM4566のダブルアクション専用のものでデコッカーはない。1992年〜2002年までアイダホ州警察の正式拳銃であった。

 余談だが、日本のトイガンでかつてMGCから発売されていたM445というオールスチール製モデルは実在しない。

 

S&Wオートの世代

 S&Wのオートは時代によって大まかに世代分けがなされている。1954年より製造されたM39を初めとする2ケタナンバーのものを第1世代と呼ぶ。そして1985年より3ケタナンバーを使用するものを第2世代、1988年頃より4ケタナンバーを使用するものを第3世代と呼んでいる。

 

M645 M4506(トイガン)

 

 トイガンでは、1987年にLSがコッキング式エアガンを発売、同年ポイントが固定スライドガスガンを発売している。1988年にはMGCがM645、1989年にM745をモデルアップしている。どちらも固定スライドであるが、性能は固定スライドのモデルでは当時最高のものであった。サイクロンバレルを搭載し、ダブルアクション、シングルアクションもきちんと再現されていた。

 さらに外観は、全体にヘアライン処理を施し、ハンマー、トリガー等の主要パーツを除く、ピンやその他のパーツをステンレスで製作していた。マガジンも同様にステンレス製であり、再現度は高かった。そして1990年にはヨネザワからM745、LSからM4506、さらにマルゼンからM4506が発売されるのだが、マルゼンのM4506はMGCに勝るとも劣らない最高傑作であった。

 MGC同様、細部の仕上げのこだわり、ステンレスパーツの多用、現在のガスガンにも匹敵する命中精度等、ガスガン史上の最高傑作と言ってよい。このような細部に凝った作品が生まれた背景には恐らくバブル景気があると思われるが、それはともかく、これらのモデルは今後、ガス、モデルガン共に新製品ででる可能性は大変少ない。

 

東京マルイ モデル645 エアーハンドガン

 現在発売されている数少ないM645。東京マルイ製の10歳以上対象のエアーガン。パワーは全ての都道府県の条例に違反しない低パワー。東京マルイなので命中精度はそれなりに高いが室内プリンキング用と考えた方がいい。室内では逆に低パワーのため部屋を傷付ける必要がないのはありがたい。

 

青島文化教材社 BBアクションガンシリーズ No.5 M645 完成品

全長 
重量 87g
装弾数 8発

 模型で有名なアオシマが発売しているコッキング式エアーガン。対象年齢8歳以上。左右分割式のスライド、フレームを反対側からねじ止めしているため、外観の完成度は今ひとつであるが定価が1000円と安価なのがありがたい。マガジンキャッチはダミー。マガジンは所謂「割箸マガジン」である。初速は20m/s 強と安全設計。性能に関係なく遊びたい人向けのエアーガン。低パワーで室内を傷付ける心配がないので室内での使用に最適。

 

東京マルイ No.4 S&W PC356 フルオート 10歳以上電動ブローバック

 M645ではないが、S&W製オートをモデルアップしたもの。PC356はS&Wのカスタム部門であるパフォーマンスセンターが製造した45口径オート。実物は高級カスタム銃であるがトイガンではお値打ち。実銃にはないフルオート機能で楽しめる。但しパワーは10歳以上のものなので低い。

 

まとめ

 

 S&WM645、M4506は80年代に開発された45口径オートであった。本銃を最も有名にしたのはドラマ『特捜刑事マイアミバイス』で主人公ソニー・クロケットがブレンテンに次ぐ2代目愛銃としてM645を採用したことだろう。M4506も3代目愛銃として採用されている。ステンレス製の美しい銃である。

 

 


ミリタリーランキング